高度分析

Analysis Workspaceを活用し、堅牢かつ柔軟なキャンバスでカスタム分析プロジェクトを作成します。任意の数のデータテーブル、ビジュアライゼーション、コンポーネント(チャネル、ディメンション、指標、セグメントおよび時間の精度など)をプロジェクトにドラッグ&ドロップして分析を進めます。


生じた疑問を即座に解決

あらゆるデータの価値は、詳細に分析してビジネスの状況を把握することにあります。顧客がどのように行動しているか?その行動がどのように収益に影響しているか?効果的なキャンペーンと効果的でないキャンペーンの違いは何か?こうした疑問に対する解答の多くがデータの中にあります。しかし、扱いにくく時間のかかるクエリや自分しか見られない静的レポートを使用していたのでは、すぐに答えを見つけ出すことはできません。その結果、疑問の答えをリアルタイムに得ることが難しくなるだけでなく、貴重な時間の大部分を、重要なインサイトを見つけるためではなく、業務関係者への報告に費やすことになります。

Analytics Workspaceなら、初心者からデータエキスパートまで、あらゆる関係者がリアルタイムかつ一元的に任意の数のデータテーブルやビジュアライゼーション、各種コンポーネントを動的に分析して分類やセグメントを作成できます。

多元的なサイト解析

任意の数のデータディメンション、指標、セグメント、時間粒度などをドラッグ&ドロップして、すばやく答えを求めることができます。

無制限のリアルタイムセグメンテーション

相互比較できる訪問者セグメントをすばやく作成して、新しいセグメントやインサイト、機会を特定します。

高度なレポート

高度なフォールアウトレポートを使用して、複数ページにわたるコンバージョンプロセスを動的に把握、分析します。また、カスタマイズ可能なデフォルト設定を適用して、コンバージョンとトラフィックのレポート機能を向上させます。

ひとつの画面で複数のレポート

レポートタブを切り替えずに、複数のレポートを並べて比較できるので、複数のレポートの分析をひとつの画面で管理、処理できます。

モバイルセグメント向けのレポート

モバイルデバイスからの訪問者の行動を把握するレポートを使用して、モバイルコンバージョンとwebコンバージョンとの比較や、モバイル訪問者とweb訪問者のキーワード検索の比較などをおこないます。

異常値検出

Adobe Senseiのマシンラーニング(機械学習)により、Adobe Analyticsで様々な指標をまたいで、統計的に有意な増加または減少を見つけ、異常値を検出できます。

高度分析機能の詳細

高度分析の概要

使いやすいAnalysis Workspaceを利用して、高度分析をおこなう方法をご覧ください。

動画を見る(英語)

チュートリアルライブラリを確認

高度分析に役立つビデオチュートリアルをご覧ください。

動画を見る(英語)

高度分析に関するヒント

データを分析し、新たな興味深いインサイトを獲得するために役立つヒントをご紹介します。

さらに詳しく

関連機能

高度なセグメンテーション

アドビのセグメントIQ機能では、あらゆる指標とディメンションを自動的に分析することにより、セグメント間の統計的に最も有意性の大きい差異を、セグメント数の制限なしに特定できます。自社のKPIを左右する重要なセグメント特性が自動的に見つかります。

異常値検出

統計モデリングで指標を分析して値の下限、上限、予想される範囲を決めることにより、データ内の予期しないトレンドを自動的に特定できます。予期しない急上昇や急下降が見つかった場合は、レポート上で通知されます。

フロー分析

フォールアウトおよびフロー分析では、事前に定義した一連のページ内で訪問者が離脱した場所や次に進んだ場所などを表示します。セグメントの比較やファネルステップの順序変更、値の組み合わせを可視化しておこなえます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。