より深くスマートで示唆に富むオーディエンスインサイト

オーディエンスインサイトは、新しい市場機会につながる異常値を見つけ出したり、キャンペーンの予測と計画を助けたり、カスタマージャーニーを包括的に把握するなど、様々な形でビジネスを進化させます。

オーディエンスインサイトでさらなる最適化へ

インサイトはどれも同じではありません。インサイトの質はデータの質に左右されるからです。多くの場合、データは不完全です。しかし、ブラウザのCookieから顧客IDに至るまでの多様なオーディエンスデータを集約し、サードパーティデータによってギャップを埋めれば、より優れたインサイトの獲得に不可欠な顧客の全体像が得られます。

もうひとつ必要になるのが、業界トップクラスの包括的なレポート機能です。オーディエンスセグメントやデータの重複を特定したり、異種のデータソースをまたいでメディアのパフォーマンスを評価したり、プログラマティックなメディアバイイングのために多数のDSPを比較するなど、あらゆる機能をカバーするツールが必要です。

こうした機能を組み合わせることにより、伝統的なチャネルだけでなく、小売事業者向けのビーコン、IoTやOTTデバイス、セットトップボックスなどの新興チャネルまでを含めた顧客の行動を把握し、より深いインサイトを獲得できます。これにより、顧客のコンバージョンを促進するためのスマートな最適化とターゲティングを展開できます。

アドビがお手伝いします

アドビがお手伝いします

Adobe Audience Managerなら、顧客をまったく新しい観点でとらえることができます。オーディエンスレポートを活用し、オーディエンスをより深く正確に理解できます。トレンドを発見して、傾向を特定し、潜在的で新しいセグメントマッチを見い出すなど、さらに多くのことが可能になります。また、パブリッシャー向けの強力なレポーティング機能により、広告セールス担当者に対してより深いオーディエンスインサイトを提供するとともに、セグメンテーション戦略をさらに最適化できます。

Adobe Experience Cloudの一部なので、Adobe Analyticsとのデータ連携を生かして強力かつ統合されたレポートを生成することも可能です。このレポートを活用してマーケティング施策を最適化すれば、他の追随を許さない顧客インテリジェンスを獲得できます。

導入のご相談

「優れた顧客体験の提供はデータから始まります。当社ではAdobe Audience Managerをデータウェアハウスの中枢に据え、顧客インサイトを活用するための基盤にしています」

Gordon Ho氏(Princess Cruises、グローバルマーケティング兼北米セールス担当シニアバイスプレジデント)

オーディエンスインサイトの機能

ターゲット市場のセグメンテーション

セグメントビルダーを使用してプロファイルを様々なセグメントに分類し、最も価値の高い利用者をターゲティングしたり、セグメントの人数をリアルタイムに測定してキャンペーン成果の向上に生かします。

データプライバシー制御

組み込まれている制御機能によって、データプライバシーや使用許諾契約に違反するデータ利用を回避します。データの使用方法と個人情報(PII)に関連付けるデータソースや配信先を制御します。

オーディエンス分析

Adobe Analyticsからの双方向のリアルタイムデータ転送により、他の追随を許さない顧客インテリジェンスを獲得します。2つのソースを統合したオーディエンス分析を実施し、セグメントレベルのパフォーマンスを示す強力な統合レポートを生成し、最適化に活用します。

関連コンテンツ

その他の利点

リアルタイムアクション

オーディエンスセグメンテーション

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。