顧客ロイヤルティを向上させる、トップクラスのデータ管理プラットフォーム(DMP)  

キャンペーンが連動していない、顧客の興味関心に即した広告が表示されない、データが有効に使われていない――これらはいずれも、顧客ファーストのデータ管理がおこなわれていないために生じる問題です。Adobe Audience Managerなら、あらゆる場所からデータを収集して統合し、詳しいデータにもとづくオーディエンスセグメントを作成し、新しい機会を特定し、リアルタイムに対応できます。これにより、顧客を中心に据えた連続性のある顧客体験を提供できます。

連続性を支えるDMP

メディア中心のDMPでは、優れたエクスペリエンスを期待する今日の顧客ニーズに対応することはできません。Adobe Audience Managerは、顧客とエクスペリエンスを中心に据えた次世代型のDMPです。あらゆるソースからデータを収集、統合し、より完成度の高い顧客プロファイルを構築するとともに、データセグメンテーションとその活用に関する一般的な課題を容易に克服します。このような機能が、企業に優れた競争力をもたらす顧客体験の提供を可能にしています。

オーディエンスセグメントの再構築

顧客の注目を得たいのなら、まず私たちが顧客に注目すべきです。つまり、複数のサイトやデバイスを渡り歩く顧客に注目し、その属性にもとづいてセグメントを作成するのです。Adobe Audience Managerは、セグメンテーションの定義を革新します。複数のソースからデータを集約し、効果的に絞り込まれたオーディエンスセグメントを作成し、カスタマージャーニー全体にわたって顧客をフォローし、顧客の興味関心に即したメッセージを届けます。

より深いオーディエンスインサイトを獲得

企業競争に打ち勝つためには、先を急ぐだけでなく、データを深く掘り下げて理解する必要があります。データの意味をつかめば、顧客コンバージョンを促進したり、新しいオーディエンスを特定したり、新しいトレンドにつながる価値を発見するために必要なインサイトを獲得できます。Adobe Audience Managerは、新しいテクノロジーへの対応やレポートの提供、計画や予測のサポートその他の機能によって、顧客への注目を維持します。

リアルタイムの行動によって成功をつかむ

顧客の動きはすばやく、一瞬で競合他社のサイトに移ってしまいます。幸いにして、アドビのDMPは他社の基盤と異なり、ビジネスのスピードに追従できます。Adobe Audience Managerなら、リアルタイムのデータ転送を受けて、データを分析し、リアルタイムにアクションを起こして、顧客情報を更新したりオーディエンスをリターゲティングします。その結果、顧客がどこにいても、そのニーズを満たすことができます。

「優れた顧客体験の提供はデータから始まります。当社ではAdobe Audience Managerをデータウェアハウスの中枢に据え、顧客インサイトを活用するための基盤にしています」

Gordon Ho氏(Princess Cruises、グローバルマーケティング兼北米セールス担当シニアバイスプレジデント)

関連コンテンツ

Adobe Audience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。