Adobe Audience Managerの機能

データは最も価値ある資産のひとつです。データが単なるゴミの山になるか、優れたデジタルエクスペリエンスを生み出す鍵になるかは、データ管理プラットフォーム(DMP)がデータをどう扱うかによって決まります。Adobe Audience Managerは、データの収集からセグメンテーション、ターゲティング、最適化に至るまで、データ管理のあらゆる段階で成果を上げるために必要な機能を備えています。ForresterがアドビをDMP分野のリーダーとして評価している理由を詳しくご覧ください。

データの収集と集約

データ収集はスタートが肝心

データの取り扱いはスタートが肝心です。最初の時点で間違えると、後で問題が雪だるま式に膨らむ可能性があります。そうした事態を避けるため、アドビのデータ収集および集約機能では、無制限のファイル転送やスマートなデバイスグラフ、遡及的な特性作成、APIサポート、クロスデバイスでのデータ収集などにより、データ収集を効率的におこなえるようになっています。

ユーザーID、特性ID、セグメントIDのほか、カスタム分析やモデリングに使用できる様々なパラメーターを含む大量のデータをダウンロードします。このデータは外部システムで使用することも、Adobe Audience Managerにセグメントとして返すことも可能です。

データフィードの詳細

CRM、顧客ID、コールセンター、POS、IoTデバイス、セットトップボックスなど、様々な顧客接点でのやり取りや公開された情報から得られるオンラインとオフラインのデータを横断的に集約します。

データ収集の詳細

Adobe Audience Managerにデバイスレベルのデータを取り込み、決定論的モデルと確率論的モデルの両方でデバイスをリンクします。ファーストパーティデータやプロファイルリンクからのログインデータ、Adobe Experience CloudのDevice Co-opデータなどを使用してデバイスグラフを作成したり、外部デバイスグラフを使用してリーチを拡大します。

デバイスグラフの詳細

データ管理とセグメンテーション

コンテクストを考慮して顧客を理解

顧客の行動だけでなく、行動の理由や他の顧客との違いも理解することで、顧客が求めているものを提供できます。アドビのトップクラスの強力なツールを利用すれば、収集した顧客データを社内のあらゆるスタッフが分析し、what、why、howを明らかにするインサイトを得てROIを高めることができます。

DSPのようなターゲティング基盤とオーディエンスの重なりを分析し、セグメントをアクティブ化する前にキャンペーンのパフォーマンスを予測、計画します。データを広告サービスやDSP、広告ネットワークなどの配信先と共有する選択肢もあります。

到達可能なオーディエンスの詳細

アドビの安全性の高いプライベートなマーケットプレイスを利用して、サードパーティデータを容易に売買したり、セカンドパーティデータのパートナーシップにユーザー自身の判断で自由に参加できます。

Audience Marketplaceの詳細

ターゲティングパラメーターの絞り込みや拡大のために、デバイスを個人レベルや世帯レベルにリンクさせる方法を定義します。設定したプロファイルルールにもとづいてIDを管理し、あらゆるデバイスをまたいで一貫性のあるエクスペリエンスを提供します。

ID管理の詳細

Adobe Senseiを利用したアドビ独自のTraitWeightアルゴリズムを活用して、主要な顧客の外側にリーチを拡大し、ユニークで価値の高いオーディエンスをサードパーティデータから新たに見つけ出します。

類似(look-alike)モデリングの詳細

セグメントビルダーを使用してプロファイルを様々なセグメントに分類し、最も価値の高い利用者をターゲティングしたり、セグメントの人数をリアルタイムに測定してキャンペーン成果の向上に生かします。

ターゲット市場のセグメンテーションの詳細

コンテクストを考慮して顧客を理解

顧客の行動だけでなく、行動の理由や他の顧客との違いも理解することで、顧客が求めているものを提供できます。アドビのトップクラスの強力なツールを利用すれば、収集した顧客データを社内のあらゆるスタッフが分析し、what、why、howを明らかにするインサイトを得てROIを高めることができます。

ビットの中からオーディエンスを発掘

ただ漫然と見ている限り、データはどれも同じに見えます。しかし、そのデータの山の中には、一人ひとり異なる個人がいるのです。Adobe Senseiの人工知能(AI)は、類似(look-alike)モデリングやセグメントサイズの見積り機能に加え、特性の組み合わせを指定するブール演算子を使用することにより、データを意味のある形に整理し、セグメント化します。

ターゲティングと最適化

狙いを定めた最適化

収集して処理されたデータをもとに、各セグメントへの働きかけをおこないます。Adobe Audience Managerのターゲティング機能と最適化機能では、様々なチャネルにセグメントを送信し、あらゆる場所の顧客にリーチできます。A/Bテスト用のオーディエンス分析やAudience Labなどのツールは、キャンペーンの最適化やインサイトの獲得を支援するだけでなく、データプライバシー制御によって最高レベルのコンプライアンスとセキュリティの要件を満たします。

様々なターゲティングプラットフォームやアルゴリズムモデルの効果を主要業績評価指標(KPI)にもとづいてテストするために、セグメントを相互排他的なグループに分割します。これにより、成功指標に確実にフォーカスできます。

A/Bテストによるセグメンテーションの詳細

Adobe Analyticsからの双方向のリアルタイムデータ転送により、他の追随を許さない顧客インテリジェンスを獲得します。2つのソースを統合したオーディエンス分析を実施し、セグメントレベルのパフォーマンスを示す強力な統合レポートを生成し、最適化に活用します。

オーディエンス分析の詳細

組み込まれている制御機能によって、データプライバシーや使用許諾契約に違反するデータ利用を回避します。データの使用方法と個人情報(PII)に関連付けるデータソースや配信先を制御します。

データプライバシー制御の詳細

セグメント情報のリアルタイムな転送を可能にするために、多数の配信先をアクティブ化します。顧客がサイトを訪れ、行動を起こすたびに更新される顧客情報を活用し、顧客にリアルタイムにリーチします。

リアルタイム配信先の詳細

関連トピックス

Adobe Audience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。