モバイルマーケティング

顧客の獲得、エンゲージメント、リテンションを実現するための分析対応アプリのマーケティングツールキットで、プッシュ通知、アプリ内メッセージ、優れた位置情報モニタリング、ジオフェンシング、アプリ入手経路の追跡、およびディープリンクを利用できます。


より効果的にモバイルに対応

今日のマーケティングのあらゆる面において、モバイルは重要です。顧客と企業との接点としてのモバイルデバイスの重要性が高まり続けている中、モバイルでの行動に関するインサイトを収集するだけでなく、そうしたインサイトをもとに行動することも不可欠です。しかし多くの場合、モバイルを活用するために多数のソリューションが必要になる一方で、そうしたソリューションを効果的に併用できるとは限りません。

Adobe Analyticsにはモバイル分析機能が組み込まれており、他の多数のチャネルと同じようにデータを収集できます。さらに、Mobile Core Services SDKにより無料で利用できるモバイルマーケティング用アドオンでは、Adobe Analyticsで収集するインサイトをもとに、モバイルマーケティングのインサイトの収集を自動化できます。

モバイルアプリ入手経路の追跡

モバイルアプリの顧客獲得戦略の効果を測定し、パフォーマンスが高いキャンペーンを把握すれば、そのデータをもとにして適切に予算を配分できます。

モバイルアプリのメッセージ

GPSやビーコンなどの位置情報に即したエクスペリエンスを監視して、一定の範囲内にいる顧客を特定(ジオフェンシング)し、適切なメッセージを配信することができます。

Adobe Experience Cloudとの連携

Mobile Core Service SDKは、Audience ManagerやTarget、Campaign、Adobe Advertising Cloudなどのアドビの他の製品と連携させ、モバイルマーケティングを包括的に一元管理できます。

モバイルマーケティングの詳細

アプリの利用状況を把握

フロー分析によって、顧客によるアプリの利用状況を把握する方法をご覧ください。

新規顧客の獲得

Adobe Mobile Servicesを使用して、ペイド、オウンドおよびアーンドメディアでアプリの新規顧客を獲得する方法を説明します。

モバイルマーケティングの詳細

Adobe Experience Cloudのヘルプページで、アプリの管理や設定、レポートなど、Adobe Mobile Servicesの詳細をご確認ください。

さらに詳しく

関連機能

マルチチャネルデータの収集

アドビの測定用オープンプロトコルでは、音声や動画、コネクテッドカー、IoT機器、CRM、インターネットなど、あらゆるソースからデータを収集できます。また、JavascriptやモバイルアプリSDKのデータ収集ライブラリを利用することもできます。

高度なセグメンテーション

アドビのセグメントIQ機能では、あらゆる指標とディメンションを自動的に分析することにより、セグメント間の統計的に最も有意性の大きい差異を、セグメント数の制限なしに特定できます。自社のKPIを左右する重要なセグメント特性が自動的に見つかります。

リマーケティングトリガー

効果的なトリガーのセットを利用することで、主な消費者行動を識別、定義および監視して、ソリューションをまたいだ電子メールなどのコミュニケーションを構築し、訪問者に再アピールできます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。