リアルタイムデータ

Adobe Analyticsのライブストリーム機能を使えば、未処理のヒットレベルデータのリアルタイムストリームを秒単位で取得できます。


インサイトFirehoseを活用

ビジネスの状況は、デジタルの顧客接点とともに目まぐるしく変化します。押し寄せるデータをすばやく活用できるツールがないと貴重なチャンスを逃しかねませんが、そうしたツールがあれば手遅れになる前に危機に対応できます。

Adobe Analyticsのライブストリーム機能では、未処理のヒットレベルデータにほぼリアルタイム(30~90秒)でアクセスできます。このデータはライブトラフィックダッシュボードで利用できます。また、レコメンデーションやパーソナライゼーションアルゴリズムで利用し、リターゲティングやリマーケティングに活かすことも可能です。

リアルタイム監視

マーケティングキャンペーンの効果をほぼリアルタイムのデータで確認できます。

コンテンツのパーソナライズ

このデータを活用すれば、的確なタイミングでオファーやコンテンツをパーソナライズできます。

高い粒度

あらゆるカスタム変数および標準変数にアクセスできます。

Adobe Experience Cloudとの連携

ライブストリームのデータには、Adobe TargetやAdobe Advertising Cloudなど、Adobe Experience Cloudのその他の製品のヒットレベルのイベントも含まれます。

リアルタイムデータの詳細

ライブストリームへの接続

Developer Connectionにアクセスし、Adobe Analyticsのライブストリームに接続する方法をご確認ください。

さらに詳しく

関連機能

マルチチャネルデータの収集

アドビの測定用オープンプロトコルでは、音声や動画、コネクテッドカー、IoT機器、CRM、インターネットなど、あらゆるソースからデータを収集できます。また、JavascriptやモバイルアプリSDKのデータ収集ライブラリを利用することもできます。

独自のデータ処理

アドビのサーバー側でレポート変数の処理および収集をおこなう手法と、訪問者のセグメンテーションルールを定義する手法により、webサイトで複雑なルールを作成しなくても、あらゆるオンラインデータをリアルタイムでセグメンテーションできます。

インテリジェントアラート

データの異常値にもとづくアラートや、ひとつのアラートで複数の指標を示す「積み重ね」アラートを容易に作成、管理できます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Analyticsの機能についてご説明します。