データの一元化とツールの統合から始まる優れた顧客体験の構築

Adobe Cloud Platform Launchは、マーケティングエコシステムをまとめる次世代のタグ管理システムです。分断化してボトルネックとなっている様々なテクノロジーを連携させることで、優れた顧客体験の提供を可能にします。

ツールの統合から始まるデータの一元化

オープンAPIで可能性の扉を開く

Adobe Cloud Platform Launchは、きわめてオープンなマーケティングツールです。オープンAPIを利用して、アドビ製品とアドビ以外の製品をシームレスかつ効果的に連携させることが可能です。使用中のあらゆるツールを統合してワークフローを高速化し、市場投入までの時間を短縮できます。

webアプリを連携

あらゆるマーケティングツールを統合するコマンドセンターを活用して、連続した顧客体験を提供します。

データの分散化を解消

webサイトのあらゆるデータを収集、統合できます。アドビ以外の製品を使用している場合でも可能です。

webデータを定義

詳細な定義によってデータをマッピングし、顧客行動へのリアルタイムなアクションを可能にします。

最適な統合を実現

サードパーティのベンダーが作成、管理、更新したツールを探して、導入、統合できます。

データを最大限に活用

Adobe Cloud Platform Launchなら、マーケティング用に最適化されたルールビルダーを使用して、データをすばやくアクションに転換できます。
データを最大限に活用

目的のデータをすばやく収集

特定のwebページ、またはwebサイト全体における任意の顧客行動データを収集できます。


webアプリを容易に導入

チャットサービスなど、必要なマーケティングツールをすばやく探して導入し、アクティブ化できます。


必要なデータに確実にアクセス

必要な担当者が必要なデータに確実にアクセスできるようにすることで、提供する顧客体験の質を向上させます。

アドビのツールで始める現在と未来を見据えたタグ管理システム

タグ管理を新たに導入しようとしている企業にも、すでに導入している企業にも役立つ、タグ管理の将来をまとめた記事をご覧ください。

タグをベースとするデジタル基盤

タグ管理はデジタル基盤の基礎

webサイトにとって、タグ管理は必須事項です。タグとタグ管理システムの概要、それらがビジネスにどのように役立つか、ニーズを満たす適切なツールを選ぶための注意点などについて解説しています。

次世代のタグ管理システムへアップグレード

新しい技術革新により、新たな課題が登場していますが、Dynamic Tag Managementと同じチームが開発したアドビのLaunchがあれば万全です。この次世代の基盤では、現在の課題を解決しながら、将来のwebテクノロジーに備えることができます。

 

次世代のタグ管理システムへのアップグレード
タグを越えてエクスペリエンスを考える

タグ管理を土台にエクスペリエンスを考える

マーケティングテクノロジーの進化に伴い、現在のタグ管理システムを評価する必要があります。タグ管理システムの役割は単なるタグの管理を超え、顧客体験が主導するビジネスの要求を満たすソリューションへと進化させる段階にきています。

多くのパートナーがすでにAdobe Cloud Platform Launchで統合へ

Adobe Cloud Platform Launchを利用すれば、パートナーのソリューションをアドビのツールに容易に統合できます。パートナーは新しいチャネルでソリューションを販売、導入、設定できます。以下のようなパートナー企業がすでに統合を進めています。
Clicktale
Evidon
Dun & Bradstreet
Facebook
Foresee
Linkedin
TrustArc

 


セキュリティを確保してコントロール

アドビの次世代タグ管理機能によりライブラリの自己ホスティングが可能になるので、あらゆる作業やデータ、通信のセキュリティが確保されます。

学習、自動化、予測。Adobe Senseiのご紹介

Adobe Senseiは、アドビのプラットフォームを支えるマシンラーニング機能です。膨大なデータから学習した予測分析を提供します。また、より速く、よりスマートに優れた顧客体験を構築するのに役立ちます。 さらに詳しく ›