リアルタイムの顧客体験を始めたい方に

リアルタイムの顧客体験を
始めたい方に

Adobe Experience Platformは、顧客体験の管理に特化した業界初のデジタル基盤です。Adobe Experience Platformはリアルタイムの顧客プロファイル、継続的なインテリジェンス、オープンで拡張性の高いアーキテクチャなどを備え、顧客ごとにパーソナライズされたエクスペリエンスを大規模に提供できます。


アドビ、デジタルエクスペリエンスプラットフォーム分野のリーダーに選出


Adobe Experience Platformの仕組み

Adobe Experience Platform

私たちはAdobe Experience Platformを使用しています。私たちのエクスペリエンスに関する動画をご覧ください。

Adobe Experience Platformの活用

リアルタイムのパーソナライゼーションを大規模に展開

リアルタイムのパーソナライゼーションを大規模に展開

顧客データは、連続性を備え、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供するために欠かせないものです。そこで、Adobe Audience ManagerとAdobe Experience Platformは統合されたひとつのリアルタイム顧客データプラットフォーム(CDP)を構築します。これにより、単一のシステムで顧客と見込み客の双方に対応し、流動データ(data-in-motion)と保存データ(data-at-rest)の両方を駆使して、顧客プロファイルをリアルタイムに結合し、使用可能にします。

顧客体験を迅速に向上

顧客体験を迅速に向上

同じ顧客体験はひとつとしてないので、実効性のあるアプリケーションをすばやく導入、開発できる俊敏性が必要です。Adobe Experience Platformは、オープンで拡張性が高いだけでなく、Experience Data Model(XDM)を始めとする高性能なツールやサービス、独自のエクスペリエンスを重視したアプリケーションの開発を支援する様々なAPIを備えています。

人工知能(AI)による継続的な改善

人工知能(AI)による継続的な改善

顧客がジャーニーを移動する過程において、適切なタイミングで最適な行動を取れる体制を整備しておく必要があります。そのためには、データがあるだけでは不十分です。Adobe Experience Platformなら、事前定義されたデータドリブン型ベストプラクティス、ビジネスインテリジェンス、Adobe Senseiの機能を利用して、リアルタイムな意思決定による適切な行動を可能にします。

あらゆるチャネルで適切なエクスペリエンスを提供

あらゆるチャネルで適切なエクスペリエンスを提供

エクスペリエンス管理で重要なのは、適切な場所とタイミングでエクスペリエンスを提供することです。Adobe Experience PlatformはAdobe Experience Cloudと連携し、顧客ごとに特化した適切なエクスペリエンスを、的確なチャネルを通じて最適なタイミングで提供できるようにします。

Adobe SenseiがAdobe Experience Platformのインテリジェンスを支える

Adobe Senseiは、Adobe Experience Platformのインテリジェンスレイヤーです。日常的な作業や反復作業を自動化したり、顧客データを理解して予測するなど、Adobe SenseiはAdobe Experience Platformを通じて、リアルタイムにパーソナライズされた顧客体験を強化するエクスペリエンスインテリジェンスサービスを提供します。また、Adobe Senseiサービスは、より多くのコンテンツとエクスペリエンスインテリジェンスも提供します。

Adobe Experience Platformの機能

パーソナライゼーションからデータの管理、高度な意思決定、エクスペリエンスの大規模な創出に至るまで、Adobe Experience Platformは、エクスペリエンス管理に特化した様々な機能を提供します。

Adobe Experience Platformの機能

Adobe Experience Platform Data Ingestionを使用すると、アドビのソリューションやサードパーティのデータを一括でストリーミングできます。

さらに詳しく

Adobe Experience Platform Launchを使用すると、複数のサイトやモバイルアプリにまたがってデータを収集したり、アプリケーションを導入したりできます。

さらに詳しく

Adobe Experience Platform Auditorとブラウザーのエクステンションを利用すれば、タグの実装のライブ監査を自動化できます。

さらに詳しく

Adobe Experience Platform Location Serviceでは、利用者の環境設定に加え、位置データを使用して、位置情報にもとづくターゲティングされたエクスペリエンスを容易に構築できます。

さらに詳しく

Experience Data Model(XDM)では、あらゆるデータタイプに対応した、アドビとそのパートナー向けの標準データスキーマを作成できます。

詳細を見る

Adobe Experience Platform GDPR ServiceにはAPIが付属しています。GDPR要求の処理や削除をおこなうためのユーザーインターフェイスもあります。

さらに詳しく

Adobe Experience Platform Governanceには、データにラベルを付けて、誰でもデータを有効活用できるようにする機能があります。

さらに詳しく

Adobe Experience Platform Query Serviceでは、複雑なオムニチャネルのデータ分析を実行できます。

さらに詳しく

Adobe Experience Platform Data Science Workspaceのプラグアンドプレイ機能を使用して、ニーズに合わせたデータモデルを作成できます。 

さらに詳しく

Adobe Senseiは、AIと機械学習を利用して堅牢なアトリビューション、顧客プロファイル、コンテンツサービスなどを提供します。

さらに詳しく

Adobe Experience Platform Real-Time Customer Profileでは、入手可能なあらゆるデータから、エクスペリエンスのターゲティングとパーソナライズに役立つ、リアルタイムの状況を反映する単一のプロファイルを構築できます。

さらに詳しく

Adobe Experience Platform Segmentation Serviceでは、あらゆるソースからの一貫したデータと、統合プロファイルを利用して、効果的なセグメントをリアルタイムに作成できます。

アドビのデバイスリンクサービスであるAdobe Experience PlatformのIDサービスを使用すると、顧客体験管理を支援できます。

詳細を見る

Adobe Experience Platformの機能

パーソナライゼーションからデータの管理、高度な意思決定、エクスペリエンスの大規模な創出に至るまで、Adobe Experience Platformは、エクスペリエンス管理に特化した様々な機能を提供します。

Adobe Experience Platformの機能
データからより深い価値を引き出す

データからより深い価値を引き出す

アドビ、マイクロソフト、SAPは共同でOpen Data Initiativeに取り組んでいます。このオープンで拡張性の高い連携により、行動やトランザクション、運用に関するデータをシームレスにつないで連続性を確保し、顧客体験の管理を一新します。これにより、一段と価値の高い顧客インサイトを獲得して、効果的なエクスペリエンスを提供できます。

Adobe Experience Platformを自在に活用

Adobe Experience Platformは、オープンで拡張性に富むインテリジェントな基盤です。備えている機能以上の価値を提供します。

Adobe Experience Platformを自在に活用

Adobe Sensei

最先端のテクノロジーにより、人間の能力を超えた革新を可能にする人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)の詳細をご覧ください。さらに詳しく

Adobe I/O

Adobe Experience Cloudとシームレスに連携するカスタムアプリケーションの開発に役立つ様々なAPIやツールを含む開発者ポータルをご覧ください。さらに詳しく

Adobe Exchange

サードパーティによるマーケットプレイスやパートナーエコシステムを活用して、多数のアプリケーションや拡張機能でアドビのツールを自在にカスタマイズしましょう。さらに詳しく(英語)

Adobe Experience Platformが

お客様のビジネスに

どのように役立つのかを

ご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。