Adobe Experience Platform Data Governance

法規制に準拠しつつデータを有効活用

データの把握、特に法規制に準拠しているかどうかを把握することは、難しい注文です。業界初のデータガバナンスフレームワークであるAdobe Experience Platform Data Governanceを利用すれば、データの使用方法や管理方法を適切にコントロールできるので、データを最大限に活用できます。

利点

 

効果的なデータ管理
業務ニーズにもとづくラベルを使用して、データの使用方法を改善できます。

プロセスの平易化
IDラベルや契約ラベル、機密ラベルなどデフォルトで用意される様々なラベルを、カテゴリーをまたいで使用することで、時間とリソースを節約可能です。また、独自のラベルを作成することもできます。

データの使用方法の確認
予期しないデータ使用やポリシーに違反したデータ使用をデータ管理者に警告することで、不適切なデータ使用を最小限に抑えます。

データの一元管理
データ管理者やデータプライバシーの専門家は、エクスペリエンスデータのデータガバナンスポリシーを一元的に管理できます。

利点

Adobe Experience Platform Data Governanceの機能

データガバナンスの統合を実現する単一のフレームワーク

データから最大限の価値を引き出すには、どのようなデータを所持していて、どのように管理されているのかを把握することが必要です。Adobe Experience Platform Data Governanceでは、データを組織内でどのように使用すべきか、誰がデータの使用方法を決定し、誰がデータアセットを管理するかを決めるためのフレームワークを利用できます。データに具体的なラベルを付加し、データ使用ポリシーを作成して適用することで、適切なデータ使用を促進できます。

ガバナンスとコンプライアンスのニーズにもとづいて、契約ラベルやIDラベル、機密ラベル、GDPRデータラベルなどの具体的なラベルをデータに適用できます。独自のデータラベルを作成することも可能です。

さまざまなレベルでいつでもラベルを付加できます。例えば、データセットや属性のレベルでラベルを付加することもできます。データセットレベルのラベルは、属性によって自動的に継承されます。

ポリシーテンプレートや独自のポリシー、独自のマーケティング活動、管理ポリシー、監査データの使用、APIの統合などを含むデータ使用ポリシーを作成、管理、周知できます。

データアクセス層およびデータアクティブ化ワークフローの組み込み機能セットを使用して、データ使用ポリシーを適用できます。標準のポリシー適用機能が用意されていますが、Adobe Experience Platform上のカスタムアプリケーションでは、Adobe Experience Platformおよびこのプラットフォーム上に構築したアプリケーションやサービスでのデータ使用を制限する独自のポリシー適用ルールも定義できます。

意図したとおりのデータ使用がどのような場合にポリシー違反となるかを確認できます。また、総合的なリネージュ分析を実行し、ポリシーの遵守に関するアドバイスを受け取ることもできます。

アドビの機能は、すべてRESTベースのAPIによって提供されます。APIを使用して、ラベルの適用やポリシーの管理および評価を大規模に行うことができます。 

関連トピックス

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

Adobe Experience Platform Data Governanceについて詳しく解説したホワイトペーパーをご覧ください。

データガバナンス機能の概要

Adobe Experience Platformのデータガバナンス機能を動画でご紹介します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。