スキャン、理解、改善のサイクルを回す

最良のエクスペリエンスはリアルタイムの顧客インテリジェンスから生まれる

大量の顧客データを所有していても、複数のシステムに分かれて管理されている場合、顧客を包括的に理解することは困難です。Adobe Experience Platformに含まれるリアルタイムの顧客プロファイル機能と、統合された一元的にアクセス可能なプロファイルを活用すれば、顧客が期待するパーソナライズされたエクスペリエンスを提供できます。

利点

顧客理解の促進
行動データ、トランザクションデータ、財務データ、オペレーショナルデータなど、あらゆるデータを統合してプロファイルを完成させることによって、顧客の行動と属性を理解できます。

パーソナライゼーションの強化
Adobe Experience Cloudや他のマーケティングソリューションからプロファイルを参照し、そのプロファイルにもとづいて適切なエクスペリエンスを的確な顧客にタイムリーに提供できます。

可能な限り多くのデータと詳細を把握
大量の行動データを取り込みつつ、そのデータが由来する様々なファーストパーティとサードパーティのデータソースをきめ細かく特定できるようにします。

頻度だけでなく鮮度を重視
リアルタイムでデータを取り込むため、常にプロファイルは最新であり、インサイトは的確です。

利点

 

Adobe Experience Platform Real-Time Customer Profileはベータ版としてご提供しています。

アドビは2019年の「Magic Quadrant for Digital Experience Platforms」で再びリーダーと評価

Gartnerは業界他社と比較したうえで、アドビをデジタルエクスペリエンスプラットフォームの「ビジョンの完全性」分野で最高と評価しました。アドビは変わりゆくマーケティングの課題に着目し、競合他社に先駆けて、ソリューションのイノベーションに取り組んでいます。詳しくは、Gartnerの「Magic Quadrant for Digital Experience Platforms(デジタルエクスペリエンス プラットフォーム分野のマジッククアドラント)」(2019年)をご覧ください。

データ収集

データを収集、準備

データはリアルタイムの顧客プロファイルの構築に不可欠な要素です。CRM、ファーストパーティ、サードパーティ、eコマース、オフライン、ロイヤルティ、行動、web、電子メール、ソーシャルメディアによるインタラクションデータなどを含む、あらゆるエンタープライズリポジトリーからデータを収集する必要があります。さらに、エンタープライズデータモデルの構築に活用するため、収集したデータの整理と準備をおこないます。

データを収集、準備

エッジの共通データにアクセスできます。エッジのデータはほぼリアルタイムにアクセスでき、簡単な処理も実行できます。

エッジデータが利用可能になったら、そのすべてのデータをリポジトリーに集約します。

取り込まれるデータとインサイトを最新状態に保つために、ほぼリアルタイムのデータ収集と更新をサポートします。

APIとSDKを使用してCRUD(作成、読み取り、更新、削除)とアドホッククエリ機能を実行できます。

ETL(抽出、変換、格納)テクノロジーを利用してデータ収集をアクティベートできます。

アクセスとアクティベーション

一元管理された顧客像の構築を開始するために、決定性アルゴリズムと確率的アルゴリズムを使用して、あらゆるデータから取得した個々のIDを照合できます。

ID解決済みのデータアセットを、様々なユースケースのニーズを満たす一元管理されたプロファイルストアに読み込むことができます。

行動データを含む一連のイベントに対応するために、リアルタイムのセグメント化を利用できます。遅延はほとんどなく、位置情報でセグメントを分けることもできます。

パーソナライゼーションや広告プラットフォームを使用して、データとセグメントをアクションに活かすことができます。顧客がどこにいても、一貫性のある顧客像を構築できます。

Adobe Analyticsのセグメントを、キャンペーン準備プラットフォームで使用できるキャンペーンセグメントに変換します。

Adobe AnalyticsとAdobe Campaignのデータを使用して、モバイルエクスペリエンスをパーソナライズします。

顧客のアクションから決定までの間にミリ秒単位のエクスペリエンスを提供します。

リアルタイムの顧客プロファイルによって、既に使用している外部のサードパーティソリューションと連携することができます。

プロファイルをアクションに転換

一元化された顧客プロファイルがあっても、そのデータをアクションに結び付けられなければ意味がありません。リアルタイムの顧客プロファイルを利用すれば、IDの照合、プロファイルの保管、オーディエンスのセグメント化などを駆使して、データを実践的なインサイトに転換できます。そこから、データドリブン型のパーソナライゼーションに取り組むことができます。

プロファイルをアクションに転換

リアルタイムの顧客プロファイルの関連情報

データドリブン型マーケティング

データドリブン型マーケティング

顧客を正確に理解するために、どのようにデータが役立つのかをご覧ください。

顧客インテリジェンス

顧客インテリジェンス

真の顧客インテリジェンスを利用して、データドリブン型マーケティングを牽引する方法について、ブログ記事をご覧ください。

Adobe Experience Platformが

お客様のビジネスに

どのように役立つのかを

ご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。