顧客プロファイル

Adobe Campaignの柔軟なデータモデルを利用して、顧客プロファイルデータを強化したり、新しい属性や表を追加したりします。次に、これらの顧客プロファイルを使用して、より正確なセグメンテーションやパーソナライズ、レポートをおこないます。


あらゆるチャネルで顧客の全体像を把握

顧客データは莫大で、あらゆるデータを使いやすくまとめるのは容易なことではありません。とはいえ、全体像がなければ、マーケティングキャンペーンから予期した結果を得るのは至難の業です。

オンラインとオフラインの顧客データを統合することが、キャンペーンのターゲット設定や、パーソナライズ、レポートを改善するための最初のステップです。顧客プロファイル機能が、あらゆる顧客データを1箇所に統合します。データはドラッグ&ドロップ機能でいつでもカスタマイズ可能であり、計算や集計、重複排除、マージなどの複雑なデータ管理タスクも素早く処理できます。

画像

主な機能

顧客データの統合
オンラインとオフラインのあらゆるインタラクションを追跡し、マーケターがSQLを使わずにアクセスできる単一の顧客プロファイルにデータを統合できます。

マーケティングの統合
他の顧客接点やAdobe Experience Cloudのソリューションから得た顧客インタラクションのデータを使い、顧客プロファイルを強化および拡張し、データを最新の状態に維持できます。

マーケティングのパーソナライズ
顧客データを使用して、クロスセル、アップセル、ロイヤルティプログラムの機会創出とパーソナライズをおこなえます。

データコネクタ
Adobe Campaignを、CRMやPOS、eコマースソリューションなどの他のデータソースと統合します。Federated Data Access機能を使用し、外部データベースに保持されている情報に対するクエリをすばやく処理できます。

Adobe Campaignの顧客プロファイルの詳細

画像

他社の事例をご覧ください

ヒースロー空港が、いかに顧客プロファイルを利用してターゲティングとパーソナライゼーションをおこない、顧客体験を向上したか、アドビのブログをご覧ください。

事例を読む

CRMとの統合

APIを利用して、CRMの顧客プロファイルをAdobe Campaignに統合する方法を、アドビのドキュメントでご確認ください。

ドキュメントを読む(英語)

画像

関連機能

オーディエンスのセグメンテーション

多次元型ターゲティングを使用して、オーディエンスのセグメンテーションや受信者のターゲット設定を様々なレベルでおこないます。

Adobe Analyticsとの連携

Adobe CampaignとAdobe Analyticsを連携することで、クロスチャネルレポート、複数のチームをまたいだオーディエンスの作成と共有、リマーケティングトリガーのリアルタイム活用を可能にします。

データコネクタ

データコネクタを使用して、CRMやeコマースプラットフォーム、POSシステムなどのビッグデータソースを接続します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。