画像

Adobe Campaignの機能

クロスチャネルマーケティングの初心者にとっても経験者にとっても、Adobe Campaignが役立ちます。そのパワフルな機能により、あらゆるチャネルやスクリーンにまたがる様々なオーディエンスの心に響く優れたキャンペーンを構築できます。

画像

電子メール管理

電子メールをパーソナルなものに

パーソナライズされ、コンテクストに即した適切なメッセージによって、電子メールマーケティングの質を向上できます。 Adobe Campaignの電子メール機能を、他のマーケティングチャネルと組み合わせて使用します。より詳細なデータを使用することで、パーソナライズの効果を高め、電子メールの自動化、到達性、レポートを強化できます。

画像

Adobe Senseiとの連携により、Adobe Campaignが件名を分析して推奨し、長さ、好感度、関連性にもとづいて開封率を予測します。

カスタム条件にもとづいてオファーや画像を受信者に合ったものにするためのルールを設定します。これは、オファーマッチングプロセスを拡張して、パーソナライズルールを特定のコンテンツタイプに素早くリンクするうえで役立ちます。

顧客について把握している情報を使って、言語設定を決定します。次に、その言語設定にもとづいてメールコンテンツを調整/翻訳します。

パスワードの再設定や確認などのような、トランザクション関連のメールを自動化します。また、Adobe CampaignとAdobe Analyticsを統合すると、メール/アプリ/webサイトでの個々のユーザーアクションにもとづいて、リアルタイムでリマーケティングメールがトリガーされます。

クロスチャネルマーケティング

ドラッグ&ドロップによる視覚的なワークフローインターフェイスを通じて、複数のデータソースを管理し、オーディエンスセグメントを定義して、マルチステップのクロスチャネルキャンペーンを計画/実行します。

すぐに使えるパワフルなレポートテンプレートに加え、Adobe Campaignでは、配信レベル、キャンペーンレベル、ユーザーレベル、セグメントレベルでカスタムレポートを作成できます。記述型分析をおこなったり、ROIとCLTVを要約したり、データをAdobe Analyticsやその他のソリューションに書き出してデータをさらに可視化/分析したりできます。

オーディエンスのターゲット設定やセグメンテーションをAdobe Campaignで適切におこなってください。ダイレクトメールベンダーを利用して、印刷、フルフィルメント、郵送用のパーソナライズフィールドを追加し、時間を節約します。

ルールベースのオファーカタログを作成します。重要性や優先順位によってオファーを管理し、顧客が特定のオファーを目にする回数に限度を設けることができます。次に、場所、顧客の生涯価値、ロイヤルティの状態といった条件にもとづいて、オファーをパーソナライズします。

プリファレンスセンターを設定し、顧客の関心や好みにもとづいて調整をおこないます。これは、顧客プロファイルを強化し、メール疲れを管理するのに役立ちます。

Adobe Campaignを使用すると、モバイル対応のレスポンシブなメールを送信する、プッシュ通知やテキストメッセージを配信する、アドビのモバイルSDKを使用してCampaignと統合できるようにアプリを設計する、といったモバイルマーケティング活動を合理化することができます。

あらゆるチャネルをまたぐキャンペーンを展開、測定、自動化

あらゆるマーケティングチャネルを連携させるのは、決して不可能な作業ではありません。Adobe Campaignの助けを借りれば、様々なシステム、デバイス、チャネルからの顧客データを、ひとつのプロファイルにまとめることができます。さらに、カスタマージャーニー沿った適切な場所と方法で、顧客に合わせた適切なキャンペーンをタイミングよく提供します。

画像

セグメンテーションとターゲティング

最も価値の高い顧客を発見して引きつける

あらゆるオーディエンスセグメントが同じニーズを抱えているわけでも、同じ価値をもたらすわけでもありません。データを使って独自の顧客セグメントを理解し、個々の顧客と意味のあるつながりを持つための最適なキャンペーンを作り上げるなら、Adobe Campaignが役立ちます。

画像

Adobe CampaignからAdobe Analyticsにデータを渡し、そのAnalyticsデータをCampaignで直接利用します。これにより、他のデジタルマーケティング施策のコンテクストに沿って電子メールを考えたり、新たに価値の高いオーディエンスを特定したり、統計的に顕著なインタラクションをトリガーにしたメッセージを提供したりできます。

多次元型ターゲティングを使用し、顧客プロファイル内のあらゆる変数にもとづいて、セグメントを作成します。Adobe Campaignでこれらのオーディエンスを定義して保存しておけば、マルチステップのクロスチャネルプログラムで使用したり、他のAdobe Experience Cloudソリューションと共有したりできます。

Adobe Campaignの柔軟なデータモデルを利用して、顧客プロファイルデータを強化したり、新しい属性や表を追加したりします。次に、これらの顧客プロファイルを使用して、より正確なセグメンテーション、パーソナライズ、レポートをおこないます。

大規模なデータベースや、Microsoft Dynamics 365などのCRMシステムにつなぎます。または、POSシステム、eコマースプラットフォーム、オフラインプログラムも含めた広範なマーケティングエコシステムへのカスタムのデータ接続を作成します。

データ移行プロセスをセットアップする必要はありません。データがあるその場所でデータを使用します。こうすることでデータの最新性が保たれるので、キャンペーンの実行がスムーズになり、アクセスの利便性もより高まります。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。