ダイナミックメディア

動的なデジタルエクスペリエンスを管理、公開できるAdobe Experience Manager Assets独自の機能です。アドビ独自のフレームワークと一連のコンポーネントを利用して、インタラクティブなマルチメディアエクスペリエンスをカスタマイズし、あらゆるデバイスをまたいで提供できます。


あらゆるタイプのリッチメディア、様々なタイプのスクリーンに合わせて最適化

従来より、顧客を魅了するエクスペリエンスのスムーズな提供を妨げてきた最大のボトルネックは、ファイルサイズでした。デバイスやチャネルには、それぞれ独自の仕様があります。リッチメディアを意図通りに再生させるためには、一つひとつのエクスペリエンスをデバイスやチャネルの仕様に合わせて変更する必要があります。その労力の大きさたるや、想像するだけでも大変なものです。  

ダイナミックメディアなら、インテリジェントなメディア変換機能を活用してコンテンツを配信できます。ひとつのマスターファイルをもとに、あらゆるメディアに合わせてアセットの無数のバージョンをスムーズかつ自動的に作成します。Smart Imagingのテクノロジーは、使用可能な帯域幅とデバイスタイプを自動的に検出し、見た目の忠実性を損なうことなく、画像サイズを最大70%縮小して配信することにより、迅速でスムーズな読み込みを実現し、コンバージョンを促進します。

次のような機能があります

次のような機能があります

ダイナミック画像処理
マスターファイルとなるひとつの画像をもとに、無数のバリエーションを自動生成して公開します。これらの画像は、配信時に自動的にシャープ処理されます。サイズやフォーマット、解像度、切り抜き、エフェクトなどが調節されます。ひとつのマスターファイルをもとに、あらゆるメディアに合わせてアセットの無数のバージョンをスムーズかつ自動的に作成できます。

商品購入に直結するインタラクティブメディア
商品情報にリンクするホットスポットなど、動画を商品購入に直結させるインタラクティブなエレメントを作成し、キャンペーンやルックブックその他のメディアに展開できます。

ダイナミック動画
自動トランスコードと配信機能を導入すれば、フルサイズの動画をあらゆるスクリーンに合わせて自動調整して配信し、一貫性のある良質なユーザーエクスペリエンスを提供できます。

ホットスポット機能
地図や商品情報のポップアップなど、リッチなエクスペリエンスにリンクするクリック可能なホットスポットをアセットに追加することで、チャネルに依存しないインタラクションを強化できます。

ダイナミックメディアの詳細

ダイナミックメディア機能の詳細

ダイナミックメディア機能の詳細

ダイナミックな画像処理やパーソナライズされたメディアエクスペリエンスの提供など、ダイナミックメディアの全機能をご覧ください。 

今すぐ読む(英語)

機能の実際

まったく手間がかからないトランスコードや配信機能の実際と、一貫性のある良質なユーザーエクスペリエンスを提供する方法をご覧ください。 

動画を見る(英語)

関連機能

動画サポート

デバイスの種類や通信速度に応じ、SDまたはHDなどを含む最適な画質を自動的に選択して動画を配信し、IT担当者の手を借りずに、多様なニーズや画質、サイズ、エクスペリエンスに対応します。

スマート切り抜き

Adobe Senseiの人工知能(AI)を利用して画像内の重要部分を自動的に検出して切り抜き、高品質なスォッチを作成します。

エクスペリエンスフラグメント管理

Adobe Experience Manager Sitesのエクスペリエンスフラグメントを有効活用できるダイナミックメディア機能を使用して、複数のスクリーンをまたいで、チャネルに依存しないインタラクティブなエクスペリエンスを一貫して再利用します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。