スマート切り抜き

画像や動画内の重要な部分を自動的に検出して切り抜き、ユーザーを単調な編集作業から解放します。また、Adobe Senseiの人工知能(AI)によって既存の製品画像から高画質なスウォッチを生成し、顧客が商品の異なる色やテクスチャを確認できるようにします。


何時間も何日もかかっていた仕事を数分に短縮

画像や動画の切り抜きは、線引き、測定、切り取りなど、時間と労力を必要とする作業です。どうしても必要になる作業ではありますが、クリエイターの時間は顧客によりインパクトを与えるような、優れたエクスペリエンスを創出するために使うべきです。

スマート切り抜きを利用すれば、ワークフローを圧縮して、単調な作業に費やされる時間を節約できます。アドビの人工知能とマシンラーニング(機械学習)のフレームワークであるAdobe Senseiを活用して、画像や動画内の重要な部分を自動検出して切り抜き、画像サイズを問わずに最も注目すべきポイントをとらえることができます。このレベルの自動化を容易に実行できれば、どのような顧客体験でも自在に創出できる体制が整います。

次のような機能があります

次のような機能があります

動画切り抜き(新機能)
デバイスごとに適切なサイズの動画を作成し、注目すべきポイントを自動的に追跡できます。

画像プロファイル
スクリーンの幅と高さにもとづいて、スマート切り抜き用の画像プロファイルを構築できます。

 

スウォッチの自動生成
人工知能を活用して商品画像内の重要な部分を自動的に検出し、高画質のスウォッチを生成できます。

一括切り抜き
画像ごとに1枚ずつ切り抜くことも、フォルダー内の複数のアセットをまとめて切り抜くことも可能です。

 

スマート切り抜きの詳細

スマート切り抜きで作業を効率化

スマート切り抜きで作業を効率化

スマート切り抜きの機能と作業時間を短縮する方法をご紹介します。

さらに詳しく(英語)

スマート切り抜きの実際

スマート切り抜きの仕組みをご覧ください。

動画を見る(英語)

関連機能

動画サポート

デバイスの種類や通信速度に応じ、SDまたはHDなどを含む最適な画質を自動的に選択して動画を配信し、IT担当者の手を借りずに、多様なニーズや画質、サイズ、エクスペリエンスに対応します。

ダイナミックメディア

アドビ独自のコンポーネントフレームワークにより、動的なデジタルエクスペリエンスを管理、公開します。複数のデバイスをまたいでインタラクティブなマルチメディアエクスペリエンスをカスタマイズして提供します。

エクスペリエンスフラグメント管理

Adobe Experience Manager Sitesのエクスペリエンスフラグメントを有効活用できるダイナミックメディア機能を使用して、複数のスクリーンをまたいで、チャネルに依存しないインタラクティブなエクスペリエンスを一貫して再利用します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。