バージョン管理

バージョン管理とタイムワープ機能を使用して、公開済みサイトの過去のバージョンを自在に追跡します。ページのスナップショットを作成して任意のバージョンを復元したり、時間を遡って以前のページデザインを確認できます。


コンテンツエクスペリエンスを容易に更新

履歴を参照せずにwebサイトを更新するのは、当て推量に頼るのと同じです。チームが過去にどのような更新を重ねてきたのか把握するべきです。それぞれの更新がもたらしたユーザーエクスペリエンスへの影響や、更新案と過去のバージョンのコンテクストとの整合性を確認したうえで、更新を実行する必要があります。

バージョン管理を利用すれば、手間のかかる再作業や手作業によるアーカイブ作成をしなくても、このような点を把握できます。指定した複数の時点の作業内容のコピーを取得できるので、特定のページの複数のバージョンを比較し、相違点をチェックすることで、最新バージョンで改善が見られたかどうかを確認できます。ミスがあった場合やデザインの変更を元に戻す必要がある場合は、すばやく容易に以前のバージョンを復元できます。

次のような機能があります

ページの過去のバージョンの復元
過去のページデザインの複数のバージョンを容易に保存し、いつでも参照、復元できます。

公開した環境のシミュレーション
タイムワープ機能を使用して、過去に公開したwebページをシミュレートしたバージョンを作成し、それ以降のすべての更新を追跡できます。

特定バージョンと過去ページの比較
特定のバージョンを選択して過去のページと比較し、わかりやすく表示された更新点を確認できます。相違点の確認に要する時間が減り、コンテンツの最適化に注力できるようになります。

バージョン管理の詳細

バージョン管理の実際

シンプルで高機能なバージョン管理ツールの実際をご覧ください。 

さらに詳しく(英語)

タイムワープ機能の詳細

過去の特定の時点に公開されたページを追跡およびシミュレートする方法をご覧ください。

さらに詳しく

                関連機能

マルチサイト管理

モバイルとwebのプロパティをひとつの基盤で管理し、様々なキャンペーンやメッセージングをまたいでブランドのアイデンティティを維持します。各地のビジネスユーザーは、地域ごとに固有の変更を加えてコンテンツを更新し、それぞれの地域に最適な情報を提供できます。

コンテンツフラグメント

ページに依存しないテキストを関連するメディアとともにデザイン、作成、キュレートおよび使用することで、カット&ペーストやリライトなしにコピーを容易に再利用します。

レスポンシブwebデザイン

レイアウトやテキストサイズ、コンテンツ、ナビゲーション、画像などの要素が顧客のデバイスに合わせて自動的に調整され、チャネルをまたいで無制限に再利用できるwebデザインを実現します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。