A/Bテスト

画像やコピー、UIなどを含むあらゆるエクスペリエンスを比較テストし、効果の高いエクスペリエンスを特定します。Adobe Targetの厳格なテスト方式は、クライアントおよびサーバーの両面で、web、モバイルアプリ、IoTを含む様々なバリエーションのエクスペリエンスをテストすることを目的に設計されています。


迷っている暇はありません。

最適化とパーソナライゼーションの戦略において、購入、購読、ダウンロードなどの期待されるアクションへと顧客を導くエクスペリエンスに焦点を絞り、ビジネス目標を達成するためには、テストの活用が不可欠です。

Adobe TargetのVisual Experience Composerを使用したA/Bテストなら、テストの設計と実行が容易になるだけでなく、webやモバイル、IoT、シングルページアプリなど、あらゆるチャネルを通じてテストを実行できます。2つのバリエーションのテストだけでは不足する場合、プロセスを複雑にすることなく、いくつでも必要な数のバリエーションをテストできる柔軟性も備えています。その結果、複数のチャネルをまたいで最も優れたエクスペリエンスを短時間で正確に特定でき、顧客が求めるものを提供し続けることができます。

次のような機能があります

3段階のガイド付きワークフロー
3段階の直観的なガイド付きワークフローを使用してテストの設定および起動をおこない、顧客の反応が最も高かったものを確認できます。

オムニチャネルのサポート
Visual Experience Composerを使用して、webサイトやモバイルアプリ、シングルページアプリなどのテストが誰にでも容易に作成できます。より高度な技術知識のあるユーザーのために、この単一の配信基盤では、モバイルSDKやサーバーサイドAPLI、node.jsなどをサポートし、クライアントサイドもしくはサーバーサイド、またはその両方のテストが実施可能です。


また、このマルチチャネルのアプローチはアドビの顧客プロファイル機能とも連携し、プロファイルに保存された顧客行動を通してどのバリエーションが顧客を惹きつけているかを、複数のチャネルにをまたいで確認できます。

単なるA/Bテストを凌駕
Adobe Targetの統計モデリングにより、マルチバリエーションでテストできます。また、マルチアームドバンディットテスト機能を使用すれば、トラフィックをより早く動的に勝者エクスペリエンスへ送り込むことができます。

パフォーマンス重視
Adobe Targetでは、複数の大陸をまたいで広がるアドビのグローバルなネットワークを通してエクスペリエンスが提供されます。訪問者の所在地域で1回のサーバーコールをおこなうだけで、訪問者プロファイルにもとづいて複数のエクスペリエンスが提供されるので、ペイロードが削減され、エンタープライズレベルのレスポンス時間を確保できます。例えば、アジアからの訪問者の場合はアジアのネットワークからデータが送られ、より優れたエクスペリエンスをより短時間に提供できます。

A/Bテストの詳細

絶え間なく瞬時に進化

サイトやアプリ、キオスクなど、重要なデジタル顧客接点を顧客の希望やニーズに瞬時に対応させる方法をご覧ください。

動画を見る

A/Bテストは単なるスタート地点

エンドツーエンドの強力なA/Bテストを通して、より大規模で優れた顧客エクスペリエンスをいつでも提供できます。

さらに詳しく(英語)

落とし穴を回避

A/Bテストによくある9つの落とし穴とその回避方法について、ご確認ください。

さらに詳しく

関連機能

モバイルの最適化

顧客行動やモバイルコンテクストにもとづいて、モバイルサイトとモバイルアプリをテストおよびパーソナライズします。反復的なテストに加え、ルールベースと人工知能(AI)によるパーソナライゼーションを通してエンゲージメントを高め、コンバージョンにつながるインタラクションを提供します。

マルチアームドバンディットテスト

最も効果的なエクスペリエンスにトラフィックを早めに自動的に割り当て、コンバージョンと収益を向上させます。

多変量テスト

画像やレイアウト、背景色、コピーなど、複数の要素を同時にテストし、最も効果的な組み合わせを特定します。同時に、効果への貢献度が高い要素を把握します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Targetの機能についてご案内します。

Adobe Targetがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。