よくある質問:

 

基本事項

Premiere Elements 2019はどのような製品で、どのような人を対象としていますか?
Adobe Premiere Elements 2019は、初心者からエキスパートまで、自分のレベルに合ったビデオ編集をおこないたいと考えるすべての人を対象とするビデオ編集ソフトウェアです。ビデオを簡単に整理したり、ガイドに従って高度な編集テクニックを試したり、ビデオクリップ・写真・テキスト・効果・音楽を自在に組み合わせて、見応えのあるムービーを楽しく作成、共有できます。また、Adobe SenseiのAI技術により、手間のかかる作業を自動化し、創作に集中することができます。 さらに詳しく
 
Premiere Elementsは複数のコンピューターにインストールできますか?
一度にインストールできるのは1台のコンピューターのみです。ソフトウェアの所有期間中は最大2台のコンピューターにインストールできます。つまり、コンピューターが壊れた場合や別のコンピューターに切り替える場合には、アドビカスタマーサポートにご連絡をいただかなくても、ソフトウェアを1回再インストールできます。
 
Adobe Premiere ElementsとAdobe Photoshop Elementsにはどのような違いがありますか?
  • Premiere Elementsは、撮りためたビデオをすばやく簡単に整理して、トリミングしたり、様々な素材を組み合わせて本格的なムービーに仕上げ、家族や友人と手軽に共有でるソフトウェアです。
  • Photoshop Elementsでは、撮影した写真を自動的に整理し、簡単に見栄え良く加工できます。また、写真をプリントしたり、SNSに投稿したりして、家族や友人と共有できます。
  • どちらのアプリも、共通の整理パネルからすべての写真とビデオにアクセスできます。
  • 単体での販売に加え、お得なバンドルパッケージのPhotoshop Elements & Premiere Elementsもご用意しています。
 
Premiere ElementsとPremiere Proにはどのような違いがありますか?
Premiere Elementsは、初心者でも簡単にビデオ編集が楽しめるよう設計されており、短時間で日常のホームビデオを見応えのあるムービー作品に変えることができます。Premiere Proは、ビデオ制作のプロフェッショナルに向けた究極のツールセットです。
 
無料のビデオ編集ソフトを使っています。Premiere Elements 2019の購入を検討すべきでしょうか?
無料のビデオ編集ツールは編集機能が限られているものがほとんどです。Premiere Elements 2019は、あらゆるレベルのユーザーを対象としたビデオ編集機能を備えています。主に以下のような機能があります。
  • Adobe SenseiのAI技術により起動するだけで自動的に作品を生成
  • 新機能の使い方や、作品づくりに役立つヘルプやチュートリアルにアクセスできるホーム画面
  • すべてを指先で操作できるようになったシーンラインを含む、新しくなったクイック編集モード
  • すべてのビデオと写真を整理して、いつでも簡単に探せる整理パネル
  • 好みの方法でムービーを作るためのクイック編集モードやエキスパート編集モード
  • 映画で見るような特殊効果を簡単に追加できる、多彩なエフェクトやトランジション
  • 高度な編集テクニックや効果を手順に従って簡単に試せる、20種のガイド付き編集機能
  • YouTube、Vimeo、Facebookなど、いつでも、どこでもムービーを共有*
 
Premiere Elements 2019単体とPhotoshop Elements 2019 & Premiere Elements 2019バンドル版のどちらを購入すれば良いのでしょうか?
写真とビデオの両方の編集と共有をおこなうには、以下のメリットを備えたバンドル版がおすすめです。
  • 共通の整理パネルですべてのビデオと写真にアクセス
  • ビデオと写真を組み合わせてクリエイティブな作品を作成し、共有
  • 単体を個別に購入するよりも価格が割安
 
新機能についての詳しい情報はどこで手に入りますか?
詳しくは、 機能ページを参照してください。
 

技術的な質問

Premiere Elementsのインストールに使用するシリアル番号はどこにありますか?
WindowsとMacの両方に対してシリアル番号は1つです。シリアル番号は、パッケージ内のWindows用DVDジャケットの裏面に記載されています。
 

Premiere Elements 2019の必要システム構成を教えてください。
詳しくは、 必要システム構成を参照してください。
 
Premiere ElementsはWindows 32-bit版のオペレーティングシステムをサポートしていますか?
いいえ、64-bit版OSのみに対応しています。
 
Premiere Elements 2019の処理速度は向上していますか?
はい。Premiere Elementsは、インストール時間が短縮されパフォーマンスも高速になっています。
 
Premiere Elements 2019では可変フレームレート(VFR)はサポートされますか?
はい。
 
Premiere Elements 2019ではHEIFおよびHEVCはサポートされますか?
HEIF画像(macOS)とHEVC(macOS 10.13以上)を読み込みおよび編集できます。
 
Premiere Elementsの技術的な質問や使い方の質問はどこでできますか?
InDesign CC Serverの技術ドキュメントは Premiere Elementsのフォーラムをご利用ください。製品チームのメンバーやその他のエキスパートユーザーから回答を得られます。
 
以下のリソースもおすすめします。
 

購入オプション

旧バージョンのPremiere Elementsを持っています。アップグレード価格の対象となりますか?
はい。現在のお客様はアップグレード価格でお求めいただけます。
 
Premiere Elements 2019のライセンスプログラムについての情報は、どこで入手できますか?
ライセンスに関してご質問がある場合は、 アドビボリュームライセンスページをご覧いただくか、アドビの担当者にお問い合わせください。
 

Premiere Elementsの学習リソース

Premiere Elements 2019を使い始めるにはどうすれば良いですか?
ホーム画面には、機能の使い方や、作品づくりに役立つヘルプやチュートリアルが表示されます。また、 Premiere Elementsのラーニングとサポートもご覧ください。ビデオとステップバイステップ形式のチュートリアル、ヘルプコンテンツなど、必要なあらゆる情報がまとめられています。アドビとアドビのパートナーである知識の豊富なコミュニティが提供する、総合的な製品サポートリソースへのリンクもあります。
 
マニュアルはどこにありますか?
マニュアルは Premiere Elementsのヘルプページから、web版とPDF版のマニュアルにアクセスできます。Premiere Elementsの最新機能については、 新機能のまとめを参照してください。

* 本製品は、アドビまたはサードパーティのオンラインサービス(以下「オンラインサービス」という)に連携またはアクセスできる場合があります。オンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件およびアドビのプライバシーポリシー( www.adobe.com/go/terms_jpを参照)に同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。サポート対象の4Kカメラは、GoProHero 4 Black、Samsung S8、DJI OSMO X3、DJI Mavic Pro、DJI Phantom 4、iPhone 8+、iPhone Xです。