すべての機能を確認する

構造化されたコンテンツ管理とAI機能により、製品ドキュメントやポリシー、手順書、長文マーケティングコンテンツ向けにパーソナライズされた一貫性のあるエクスペリエンスを作成、管理、提供できます。以下にその方法をご説明します。

製品ドキュメント

Webベースのコンテンツ作成

使いやすいWYSIWYG Webエディターを使用して、表示方法に左右されない精密でバリアントフリーのコンテンツを今すぐ作成できます。追加設定の不要なフレームワークは、Word、XHTML、IDMLなどのコンテンツをDITAに移行します。

Webベースのコンテンツ作成

自動化された変換機能と検証機能により、Word、XHTML、IDML、カスタムXML、非構造化FrameMakerなど、様々な形式のコンテンツをDITAに移行することができます。最小限の設定、様々なRESTベースのAPIを使用して、変換ニーズに合わせてプロセスをカスタマイズできます。

Experience Managerメインナビゲーションメニューから直接アクセスできる使いやすいWebエディター使用して、表示方法に左右されない精密バリアントフリーコンテンツ作成できます。

カスタマイズ可能なメニューとクイックアクセスツールバーを活用できます。テーマを簡単に選択し、ユーザー/管理者の環境設定を構成できます。リポジトリーレベルの検索、マップビュー、お気に入りパネル、再利用可能なコンテンツパネルを使用することで、オーサリング時のファイルアクセスが高速化されます。ローカルのファイルシステムからドラッグ&ドロップでコンテンツを追加できます。ツールバーメニューを使用して、画像、マルチメディア、YouTubeリンク、表、段落、条件、用語集、フラグメント、リスト、キーワード、特殊文字を追加することができます。アセットを直接Webエディターにアップロードすることも、トピックを表示して結合することも、レベルの違いをマップすることもできます。作成者のエレメントと属性のリストをカスタマイズして、わかりやすい名前を割り当てることができます。

DITA 1.3、1.2、1.1、LwDITAなど、あらゆるADITAコンテンツを簡単に作成できます。様々なオーサリングモードを使用することにより、主題専門家や一般ユーザーは、XMLやDITAのプログラミングスキルがなくても、DITAコンテンツを簡単に作成できます。

DITAの専門家は、コンテンツ再利用、インラインタグ、エレメントのトピックパス、コンディショナルタグ、コンテンツおよびトピックのプロパティパネル、フルタグビュー、キーなど、強力なオーサリング機能を使用できます。また、破損しているリンクのレポート機能、複数のファイル間での検索機能と置換機能、複数のエディターウィンドウ間でのエレメントのドラッグ&ドロップ機能も用意されています。Webエディター内でバージョン管理とラベル管理を行うことができます。スペルチェックでエンタープライズレベルの分類法に照らし合わせてコンテンツを検証できます。シンプルなUIウィジェットで数式や化学式を作成できます。Webエディターから直接トピックテンプレートを管理できます。

シンプルなドラッグ&ドロップ機能で、マップをすばやくオーサリングできます。検索とフィルターを使用すると、コンテンツを簡単に見つけて挿入できます。一括チェックイン/チェックアウトを使用すると、一度に複数のトピックに対してアクションを実行できます。マップ内のトピックタイトルの参照を自動的に更新します。ドキュメント表示を使用すると、ドキュメントの公開状況を確認しながらトピックを作成できます。マップレベルのプレビューを使用すると、ドキュメント全体の公開状況をプレビューできます。

AI、PSD、EPS、SVG、ラスター画像、MP4など、あらゆるデジタルアセットを同じリポジトリー内で管理することができます。異なる解像度のレンディションを自動的に作成して、アセットを更新する労力を軽減できます。
Adobe Creative Cloud接続すると、ファイル共有して同期できます。

翻訳ワークフローを自動化する組み込みコネクターを使用して、主要な翻訳ベンダーと統合できます。未翻訳や非同期のコンテンツを特定する詳細なダッシュボードを使用することで、時間とコストを削減できます。ベースラインや日付スタンプなどの高度なテクニックを使用して、翻訳が必要なコンテンツをすばやくフィルターできます。

リンクおよび依存関係の強力な管理機能を使用して、コンテンツが再利用された場所を追跡できます。前方参照と後方参照を自動的に維持しながら、コンテンツの移動、名前変更、翻訳を行うことができます。他の場所で再利用されているコンテンツをユーザーが削除すると、警告が表示されます。

高度なタグ管理機能を使用して独自のタグライブラリを構築し、エンドユーザーのコンテンツエクスペリエンスをパーソナル化できます。ファセット検索機能を使用して関連コンテンツを見つけることができます。マップ内のバルクタグコンテンツにも対応します。

複数の公開バージョンを簡単に管理できます。バージョンコメント、バージョン履歴、バージョンプレビュー、バージョン比較、バージョンの差分と結合、バージョンのラベル付けと分岐などの機能を使用すると、同じ階層やベースライン内の古いバージョンを検索できます。

FrameMakerと緊密に統合されているため、FrameMakerから直接、バージョン管理機能、検索機能、レビュー機能にアクセスすることができます。

Oxygen XMLエディターに接続してオフラインでコンテンツ作成し、直接Webに公開できます。
コネクターを使用することで、参照と検索、マップの書き出しと読み込みが可能になるほか、フォルダをお気に入りにマークしてすばやくアクセスすることも、編集のチェックアウトやファイルのチェックインを行うこともできます。

REST APIを使用して、ワークフロー全体(コンテ取得、後処理、公開、アーカイブ)自動化できます。APIを使用すると、オフラインのDITAエディターや既存のコンテンツリポジトリー統合できます。
また、トピックやマップのラベル付け、公開用のベースラインの使用が可能になります。

一括インポートおよび一括移動機能でドキュメント管理のユースケースを広範囲で処理できます。簡単に大量のドキュメントをエンドユーザー向けWebサイトに一度にパブリッシュできます。

詳細なレポートを使用して、コンテンツの正常性を監視できます。レポートには、壊れているリンクや参照、すべてのトピックのレビューステータスが一覧表示されます。包括的なサニティーチェックを実行し、公開の準備状態を確認できます。コンテンツ再利用レポートを使用して、再利用のガイドラインが順守されているか追跡できます。

構造化されたコンテンツ管理

高度なコンテンツの再利用、バージョン管理、参照管理、検索とメタデータタグ管理、翻訳ワークフロー、およびコンテンツ正常性レポートなど、クラス最高の機能を活用して、コンテンツを完全に管理します。

構造化されたコンテンツ管理

AI搭載のドキュメント

Adobe Senseiに搭載の人工知能と機械学習を活用することで、コンテンツに本質的なインテリジェンスを付与し、コンテンツの迅速な提供と容易な検索を実現できます。

AI搭載のドキュメント

Adobe Sensei搭載されたAIによってドキュメント自動でタグ付けし、テキストから関連するメタデータキーワード自動で特定および抽出することで、コンテンツの発見を容易にします。

スマート切り抜きは、Adobe SenseiのAIを利用して、画像や映像の焦点を検出し、その焦点に合わせて自動的に切り抜く機能です。これにより、面倒な編集作業省くができます。

複数の作成者とレビューアーが、トピックやドキュメントの同じバージョンまたは異なるバージョンを同時にレビューできます。トピックは1つずつレビューすることも、ドキュメント単位でレビューすることもできます。未割り当てのトピックのレビューも可能です。インラインレビューでコンテンツの挿入、削除、強調表示、コメント作成を行えます。個々のトピックまたはドキュメントをレビューする際に、作成者/他のレビューアーがアクセスできる参照ドキュメントを添付できます。ワンクリックでレビューコメントを読み込んで変更内容を追跡し、提案の承認や拒否を簡単に行うことができます。

プロジェクト、ワークフロー、タスクを使用してチームメンバーと共同作業できます。プロジェクトを使用すると、進行状況を追跡したり、チームメンバーに別の役割を割り当てたりできます。完全にカスタマイズ可能なワークフローでタスクの委任を自動化することで、ビジネスプロセスのコンプライアンスを確保できます。

元のトピックのコンテキストを維持しながら、複数のユーザーが同じトピックを編集することができます。そのトピックの作成者は、編集内容を承認することも拒否することもできます。元のトピックや、マークアップされた変更コンテンツが含まれているトピックは、簡単にプレビュー表示することができます。

進行中のレビュータスクの進捗状況を追跡し、過去のタスクの履歴/監査記録にアクセスできます。レビューしたトピックのレビューアーレベルのステータス、コメント数、最後にアクセスした時間などの指標を取得できます。タスク開始者は、タスクの詳細を変更したりトピックを再割り当てしたりできます。

Webベースのレビューと共同作業

Webベースのレビューワークフローにより、時間と労力を節約できます。リモートで作業している複数の作成者とレビューアーが、同時にリアルタイムで共同作業を行うことができます。プロジェクトを使用して役割の割り当てや管理者ダッシュボードによる進捗の追跡を行うことができます。

Webベースのレビューと共同作業

オムニチャネルのコンテンツエクスペリエンス

コンテンツをAdobe Experience Managerサイト、モバイルアプリ、ナレッジベース、CRMプラットフォーム、IoTアプリ、チャットボット、PDF、HTML5、EPUB、Kindleなどのチャネル簡単に配信できるため、タッチポイント全体でコンテンツを公開するまでの時間を短縮することができます。

オムニチャネルのコンテンツエクスペリエンス

DITAコンテンツをExperience Manager Sitesに直接公開して動的にページを更新することで、コンテンツの作業効率を向上できます。途中でHTMLに変換する必要がなく、ITへの依存を最小限に抑えることができます。

Experience Manager Sites、Responsive HTML5、モバイルアプリ、PDF、EPUB、Kindleなど、各種ツールを使用して簡単に公開できるため、様々なデバイスからコンテンツにアクセスできます。出力をカスタマイズすることにより、より関連性の高いエクスペリエンスを提供することができます。
Experience Managerテクニカルコンテンツマーケティングコンテンツ配信行うことでコンテンツに関する方針統一でき、購入プロセス全体を通じて一貫したカスタマーエクスペリエンス実現します。

一括公開するか公開をスケジュール設定することにより、大容量のコンテンツの管理や、頻繁な公開ニーズへの対応が容易になります。基本的または条件的な公開機能により、様々な製品バージョンやターゲットオーディエンスのドキュメントを管理することができます。ドキュメント内でトピックを段階的に公開する機能により、コンテンツをすばやく更新できます。

すぐに使えるAPIを使用して他の公開ソリューションと統合し、DTDと共にDITAコンテンツを書き出すことができます。出力後の生成ワークフローの統合機能を使用して、公開タスクを自動化することができます。

ヘッドレスREST APIを使用して、チャネル間でコンテンツに簡単にアクセスできるようにします。Webサイト、サポートポータル、モバイルアプリ、ナレッジベース、CRMプラットフォーム、IoTアプリ、チャットボットなどのコンテンツのクエリーを、分類法や意味論に基づいて一元的に実行します。

アドビがお客様のビジネスに対してできることについてご説明します

アドビがお客様のビジネスに対して

できることについてご説明します

電話によるお問い合わせ:+1-408-536-1144

(月~金、午前9時~午後6時)

電話によるお問い合わせ:+1-408-536-1144

(月~金、午前9時~午後6時)

ご不明な点については、techcomm@adobe.comまでお問い合わせください

ご不明な点については、techcomm@adobe.comまでお問い合わせください