XML Documentation for Adobe Experience Manager Features

マーケティングコンテンツとテクニカルコンテンツを同じプラットフォーム上に置くことで、一貫したエクスペリエンスを生み、ユーザーの満足度を実現します

統一されたコンテンツプラットフォーム

統一されたコンテンツプラットフォーム

Experience Managerでテクニカルコンテンツとマーケティングコンテンツを一緒に作成、管理、配信することにより、購入前後のすべてのタッチポイントで一貫したカスタマーエクスペリエンスを提供できます。統一されたコンテンツ戦略により、Webサイト全体でコンテンツの一貫性を維持できます。
複数のWebページにわたるコンテンツの再利用

複数のWebページにわたるコンテンツの再利用

マーケティングおよびテクニカルな内容のWebページ全体にわたって製品仕様など共通のコンテンツを簡単に再利用できます。
Adobe Experience Cloudとの統合

Adobe Experience Cloudとの統合

技術文書ページにAdobe Experience Cloudの機能を適用し、高度な分析を行って、パーソナル化されたコンテンツを配信できます。ユーザーが最も利用している技術情報の種類に基づいて、よりパーソナル化したマーケティングコンテンツをユーザーに配信できます。
業界初の統合公開機能

業界初の統合公開機能

コンテンツを既存のExperience ManagerのWebページに挿入することにより、技術コンテンツとマーケティングコンテンツをシームレスに組み合わせることが可能になりました。

シンプルかつ強力なWebエディターを使用してDITAのコンテンツを標準化

Webベースの組み込みDITAエディター

Webベースの組み込みDITAエディター

追加のライセンス費用がかからず、すぐに使えるユーザーフレンドリーなWebベースのDITAエディターを使用して、場所を問わずコンテンツを作成できます。DITA 1.3、1.2、1.1、Lightweight DITAおよびその他のDITA特殊化に関する技術を利用することができます。
単純化されたDITAオーサリング

単純化されたDITAオーサリング

様々なオーサリングモードを使用したオーサリング機能をお試しください。各分野の専門家や初心者は、XMLプログラミングの知識がなくてもDITAコンテンツをすぐに作成できます。カスタマイズ可能なメニューを使用してWebエディターを簡単に設定できます。
DITA移行のコンテンツ収集フレームワーク

DITA移行のコンテンツ収集フレームワーク

プラグアンドプレイの収集フレームワークを使用して、Word、DocBook、XHTML、カスタムXMLおよび非構造化FrameMakerコンテンツを、自動変換および検証機能付きのDITAに変換します。最低限の設定を使用しても、様々なRESTベースのAPIを使用しても、変換ニーズに合わせてプロセスをカスタマイズできます。
高度なDITAオーサリング

高度なDITAオーサリング

DITAの上級ユーザーは、コンテンツ再利用、インラインタグ、エレメントパス、プロパティパネル、スマートカタログ、ドラッグ&ドロップコンテンツ、リポジトリビュー、マップアウトライン、コンディショナルタグ、キー、複数トピックのオーサリング、統合検索など強力なオーサリング機能を使用することができます。
WYSIWYGマップエディター

WYSIWYGマップエディター

ドラッグ&ドロップで簡単に操作できるWYSIWYG Webベースのエディターを使用してマップを作成します。検索とフィルタリングを使用して、簡単にコンテンツの検索と挿入を行うことができます。関連テーブルなどの高度なオーサリング機能をご活用ください。

市場をリードするコンテンツ管理機能を使用して競合他社の常に先を行く

強力なバージョン管理

強力なバージョン管理

バージョン履歴、バージョンプレビュー、バージョン比較、分岐およびラベル貼りの機能を使用して、旧バージョンを簡単に管理および検索できます。
リンクおよび依存関係の管理

リンクおよび依存関係の管理

強力なリンクおよび依存関係の管理を使用してコンテンツの再利用を追跡します。自動リンク管理機能を使用してコンテンツを移動、名前変更、翻訳する際に、前方参照と後方参照が維持されます。 再利用されているコンテンツをユーザーが削除しようとすると警告が表示されます。
包括的な検索およびタグ管理

包括的な検索およびタグ管理

高度なタグ管理機能を使用して独自のタグライブラリを構築し、エンドユーザーにパーソナル化されたコンテンツを提供できます。ファセット検索機能を使用して関連コンテンツをすばやく見つけることができます。
デジタルアセットの一元管理

デジタルアセットの一元管理

すべてのデジタルアセットを1つのリポジトリから管理できます。AI、PSD、EPS、SVG、MP4など幅広いフォーマットを簡単にアップロードします。異なる解像度のレンディションを自動的に作成して、最低限の労力でデジタルアセットを更新します。Adobe Creative Cloudを使用してリポジトリを同期すれば、ファイルをシームレスに共有できます。
業界をリードする翻訳管理機能とローカライズ機能

業界をリードする翻訳管理機能とローカライズ機能

翻訳ワークフローを自動化する組み込みコネクターを使用して、主要な翻訳ベンダーとの統合をスムーズに行えます。すぐに利用できる詳細なダッシュボードを最大限に活用し、時間とコストを削減して、未翻訳および非同期のコンテンツを特定できます。
コンテンツに関する詳細なレポート

コンテンツに関する詳細なレポート

壊れているリンクや参照およびすべてのトピックのレビューステータスが一覧表示される詳細なレポートに簡単にアクセスし、コンテンツを監視できます。レポートを使用して包括的なサニティーチェックを実行し、公開の準備状態を確認できます。 コンテンツ再利用レポートを生成し、再利用のガイドラインを順守しているか追跡します。
APIを使用した容易な統合

APIを使用した容易な統合

REST APIを使用してカスタマイズソリューションを構築し、オフラインのDITAエディターや既存のコンテンツリポジトリと統合できます。
FrameMaker文書およびブックのサポート

FrameMaker文書およびブックのサポート

構造化されていないFrameMakerとDITAコンテンツを、同じCMSを使用して管理することにより、移行プロセス時のメンテナンスコストを削減できます。 バージョン管理、翻訳およびFrameMaker文書の出力生成用ツールを利用できます。

チームによるさらにすばやいスマートな共同作業を実現

シームレスなWebベースのレビュー

シームレスなWebベースのレビュー

作業チームは複数の作成者やレビュアーを投入してすばやく簡単にWebベースでレビュープロセスを実行できます。コンテンツの挿入、削除、強調表示、ハイライトおよび注釈の機能を使用して、インラインレビューのコメントを入力します。ユーザーはワンクリックでレビューのコメントの読み込みおよび承認、拒否を行うことができます。シームレスな反復動作で簡単に変更箇所を追跡します。
強力なプロジェクトとワークフロー管理

強力なプロジェクトとワークフロー管理

プロジェクト、ワークフロー、タスクを使用してチームメンバーと共同作業できます。プロジェクトを使用すると、進行状況を追跡したり、チームメンバーに別の役割を割り当てたりできます。完全にカスタマイズ可能なワークフローを使用してタスクの削除を自動化し、ビジネスプロセスを適切に完了できます。
Adobe FrameMakerとのネイティブ統合

Adobe FrameMakerとのネイティブ統合

Adobe FrameMakerとの緊密な統合により、すばやく効率的にコンテンツを作成できます。 FrameMaker内からバージョンコントロール、検索、レビューの各機能にアクセスできます。

マルチチャネルのエクスペリエンスを簡単にデザインして配信

Experience ManagerにDITAコンテンツを直接公開

Experience ManagerにDITAコンテンツを直接公開

DITAコンテンツを動的に更新したページとしてExperience Managerに公開できるため、コンテンツの作業効率を向上できます。よりインタラクティブでパーソナル化されたエクスペリエンスをエンドユーザーに配信できるため、ユーザーの満足度を向上できます。
サービスとしてのコンテンツ

サービスとしてのコンテンツ

統一された1つのソースから必要なときにチャネル全体にわたって構造化コンテンツを配信します。分類、区分、意味に基づいてRESTベースのAPIを使用してコンテンツの問合せを行います。
クラス最高のマルチチャネル公開機能

クラス最高のマルチチャネル公開機能

Experience Manager Sites、Responsive HTML5、モバイルアプリ、PDF、EPUB、Kindleなど、各種ツールを使用して簡単に公開できるため、様々なデバイスからコンテンツにアクセスできます。出力をカスタマイズし、より関連性のあるコンテンツを配信できます。
企業クラスの公開機能

企業クラスの公開機能

一括公開するか公開をスケジュール設定することにより、大容量のコンテンツの管理や、頻繁な公開ニーズへの対応が容易になります。基本的な公開機能を使用すると、様々な製品バージョンのドキュメントを管理できます。
他の公開ソリューションと簡単に統合

他の公開ソリューションと簡単に統合

すぐに使えるAPIを使用して他の公開ソリューションと統合し、DTDと共にDITAコンテンツを書き出します。ワークフロー統合による出力生成後にタスクの公開を自動化します。

お問い合わせ先はこちら

販売に関するお問い合わせは、techcomm@adobe.comまでお問い合わせください。

 

電話:0120-61-388