Real-time Customer Data Platform(リアルタイムCDP)

既知顧客データと匿名顧客データをひとつに統合、活用

あらゆるデータポイントから既知顧客と匿名顧客のデータを収集、標準化、統合顧客プロファイルを構築し、任意の施策へと活用できる、次世代のCDPです。顧客規模がどれほど多くても、一人ひとりのエクスペリエンスをきめ細かくパーソナライズすることができます。

Marquee - RTCDP

Real-time Customer Data Platformが実現すること

幅広いデータポイント
自社データや外部ソースからのデータ、既知顧客データや匿名顧客データ、あらゆるデータをリアルタイムで活用するために標準化して結合できます。

詳細なリアルタイムの顧客プロファイル
テクノロジーチームに依頼することなく関連するデータをつなぎ合わせ、リアルタイムで更新される詳細かつプライバシーに配慮した顧客プロファイルを構築できます。

アクションにつながるインサイト
顧客の反応に即座に対応し、webや電子メール、モバイル、ソーシャルメディアなど、あらゆる配信先に適切なエクスペリエンスを提供できます。

プライバシー保護とデータガバナンス
データガバナンス機能を利用して、透明性の高い責任ある形でデータを使用できます。消費者は、より詳細に自らの情報を管理できるようになります。

Real-time Customer Data Platformは、Adweek「読者が選ぶ最優秀Customer Data Platform賞」受賞

 

データを安全に扱うReal-time Customer Data Platformのデータガバナンス機能をご紹介します。

リアルタイムのマーケティングを大規模に

ストリーミングデータ収集

デバイス、チャネル、自社システムをまたいで収集したデータを標準化し、利用できます

あらゆるチャネルと環境で、リアルタイムに活用できます

最新のプロファイルと分析にもとづいたインサイトを獲得できます

迅速にエクスペリエンスを配信するための最適化されたプロファイルを提供します

ストリーミングデータ収集

マーケター向けのツール

マーケター向けにカスタマイズされたツール

自社のマーケティングシステムと外部のチャネルを統合できます

構築済みのコネクタを利用して、マーケティングや広告のエコシステムと接続できます

マーケティングに特化したデータインターフェイスにより、IT部門のサポートがほとんど不要になります

Cookieを使用することなく、データクレンジング、ID解決、プロファイルの強化をおこなえます

AI機能を利用して、セグメンテーションを構築したり、エクスペリエンスや配信をテストできます


高度なテクノロジー機能

事前に構築された、カスタマイズ可能なエンタープライズレベルのデータガバナンスを利用できます

マーケターに限らず、あらゆる関係者がリアルタイムのプロファイルにアクセスできるようになります

あらゆる情報源から得たデータを標準化することで、社内のあらゆる部門で活用できるようになります

高度なテクノロジー機能

アドビは、マルチチャネル マーケティング ハブ分野のリーダー

アドビは、Gartnerの調査レポート「Magic Quadrant for Multichannel Marketing Hubs(マルチチャネルマーケティングハブ分野のマジッククアドラント)2020年版」において、リーダーに選出されています。19社のベンダーの中から、アドビがリーダに選ばれた理由をご確認ください。

関連トピックス

ブログ

リアルタイムCDP、リアルタイムの顧客体験

既知顧客データと匿名顧客データを組み合わせれば、チャネルをまたいで顧客一人ひとりに合わせてパーソナライズされたエクスペリエンスを作成できるようになります。

ブログ

CDPの課題を解決

Real-time Customer Data Platformを使用すれば、あらゆる情報源やシステムから得たデータを統合し、チャネルをまたいでリアルタイムに活用できるようになります。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご説明します。