最終更新日:2014年12月4日

 

お客様データの開示を求める法執行機関に関するガイドライン(北米以外)

あらゆるサービスプロバイダーと同様、アドビも、管轄の法執行機関から有効な法的令状を受け取った場合、アドビがホストするお客様データを提出することが法律で義務付けられています。このガイドラインは、ソフトウェアの購入やインストールに関するもの、またはアドビの多数のオンラインサービスのいずれかでホストされるお客様データや情報に関するものなど、北米以外に居住するすべてのユーザーについて、アドビがホストするすべてのお客様データに適用されます。北米に居住するアドビユーザーに関する情報の開示を求める法執行機関の方は、  こちらに記載されている手続きに従ってください。  


有効な法的プロセスに従わないと、データを開示することはできません。  


北米以外に居住するアドビのすべてのお客様に対する開示には、アイルランドの法律、当社の  利用条件  および プライバシーポリシーが適用されます


ユーザーへの通知


アドビは、お客様情報の開示が求められるときは、お客様にその旨を通知するものとします。ただし、法的に通知が禁止されている場合はその限りではありません。


データの保存の要請


アドビがさまざまな種類のお客様データを保存する期間は、対象のサービスの性質によって異なります。アドビの特定のサービスにおいて存在するデータの種類についてご質問がある法執行機関の方は、以下の連絡先までお問い合わせください。


緊急の要請


ある人物にとって差し迫った危害(死亡や重傷など)の恐れがあると合理的かつ誠実に信じられるような情報を法執行機関がアドビに提供し、その危険性を回避できる情報をアドビが所有する場合、アドビは、人命を保護するためにその情報を開示する場合があります。   


児童搾取の防止


アドビは、児童搾取に関与すると思われるすべての画像を、全米行方不明・被搾取児童センター(NCMEC)またはアイルランド国家警察(Garda Síochána)に報告します。児童搾取または児童の安全問題について報告する法執行機関の方は、当社ができる限り迅速に問題に対応できるよう、差し迫った危害の報告手続き(上記に概説)に従って当社まで連絡してください。


具体的な情報の提供


あまりに曖昧な要請には従うことができません。少なくとも、開示を要請するデータを所有するお客様のアドビID、問題になっているサービス名、開示を求めている情報の種類に関する具体的な説明が必要です。


費用の払い戻し


当社は、情報要求への対応に関連して発生した費用の回収を行なうことができる場合があります。費用は「アドビID単位」つまりアカウント単位で適用されます。要請が非常に広範にわたったり多大な作業負担となる場合は、追加の費用がかかる場合があります。児童搾取または差し迫った危険に関係する問題については、アドビは費用を求めません。


民事召喚令状


お客様情報の開示を求める民事召喚令状をアドビが受け取った場合は、お客様にその旨を通知し、召喚令状に記される返信期日にかかわらず、当社が対応する前に、かかる召喚令状を無効にするための手段を講じるための期間としてお客様に15日間を与えることにしています。要請がお客様の言論の自由の権利または匿名の言論の自由の権利に違反しているように見受けられる場合、アドビはその独自の裁量で、お客様に代わって召喚令状を無効にするための手段を講じる場合があります。


法的令状の送達


北米以外に居住するアドビのお客様に関するデータに対する法執行機関による要求はすべて、アドビアイルランドにより管理され、アイルランドの法律に準拠しています。アイルランドの法執行機関は、アドビアイルランドに合法的令状を以下の住所に直接送付することができます。

 

Adobe Systems Software Ireland Limited
Attn: Law Enforcement Requests
4-6 Riverwalk, City West Business Campus
Saggart, Dublin 24, Ireland


民事召喚令状は個人的に手渡しすることが義務付けられており、ファックスでは受け付けられません。


連絡先


Adobe Systems Incorporated
Attn: Law Enforcement Requests
601 Townsend StreetSan Francisco, CA 94103

 

アドビの米国法執行機関対応ホットライン:415-832-7614

 

米国法執行機関対応ファックスライン:415-723-7869

 

アイルランド以外の法執行機関からの要請

 

法執行機関の要請が、Adobe.comでの製品またはサービス購入時のクレジットカードの不正利用に関連する場合のみ、アドビは、購入が行われた管轄地域において有効な法的手続に応えて、自発的かつ独自の裁量で、購入および決済の基本データを開示することがあります。かかるすべての要請は、上記の連絡先を通して、アドビアイルランドに対して英語の翻訳を付して行う必要があります。

 

その他すべての要請については、アドビアイルランドにデータ開示を求めるアイルランド以外の法執行当局は、以下の連絡先を通して、アイルランド司法省に対し正式な法的支援を依頼する必要があります。

 

Central Authority of Mutual Assistance
Department of Justice and Equality
51 St. Stephen’s Green
Dublin 2, Ireland


ファックス:+353-1-408-6117
電子メール:  mutual@justice.ie

 

いかなる要請も英語またはアイルランド語で行う必要があります。