Adobe Analyticsとの連携による効率的な自動入札により、成果を向上


【2014年6月12日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:クレイグ ティーゲル 以下アドビ)は、株式会社リクルートライフスタイル(代表取締役社長:北村 吉弘、本社:東京都千代田区、以下「リクルートライフスタイル」)が運営する宿・ホテル・国内旅行予約サイト「じゃらんnet」にAdobe Marketing Cloudの広告管理ソリューション「Adobe Media Manager」が採用されたことを発表します。Adobe Media Managerは広告投資から得られる効果を予測し、費用対効果を最適化するソリューションです。

宿泊・旅行予約サイトの競争が激化する中、「じゃらんnet」では、検索連動型広告における多様なキーワードに対して最適な入札を行うため、自動入札ツールを活用して数百万におよぶキーワードを運用してきました。昨年の検索ポータル各社によるPCとスマートフォンの入札方法の仕様変更に伴い、さらに自動入札のパフォーマンスを向上できるツールを求めていました。

これまでリクルートライフスタイルは、Adobe Marketing Cloudの分析ソリューションであるAdobe Analyticsや、テスト/ターゲティングソリューションであるAdobe Targetなどを活用してデジタルマーケティングを推進してきました。

Adobe Media Managerの採用に当たっては、以前に使用していたツールと比較して成果の向上が見られること、既にリクルートライフスタイルで運用しているAdobe Analyticsで設定した指標を共有することで成果につながるキーワードの掘り起こしにつながること、広告主の急な予算変更にも効率的に入札の変更ができることが導入の決め手となりました。

関連情報

Adobe Marketing Cloudについて
アドビは、デジタル イメージングやデジタル ドキュメントなどを含め、これまでもビジネスの各分野に変革をもたらしてきました。アドビのデジタルマーケティングソリューション「Adobe Marketing Cloud」には、分析、ソーシャル、広告管理、ターゲティング、エクスペリエンス管理、クロスチャネルキャンペーン管理といった包括的なソリューションと、リアルタイムのダッシュボード機能が含まれており、デジタルマーケティングを活用しビジネスを促進する際に欠かせない機能を提供します。これにより、よりすばやく、これまでになく効果的に、データから知見を得て、アクションへと繋げることが可能となります。
詳細は< http://www.adobe.com/jp/solutions/digital-marketing.html >をご覧ください。

Adobe Media Manager について
Adobe Media Managerは、業界初のデジタル広告における統合プラットフォームで、ROI最大化の為に、サーチ、ディスプレイ、ソーシャルメディアにまたがるマルチチャネルのキャンペーン管理、最適化が可能です。Adobe Media Managerは、世界中の様々な業界の400社以上のお客様にご利用いただいています。また、Adobe Media Managerは、年間20億ドル以上の広告予算を管理しています。

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, Adobe Marketing Cloud, Adobe Analytics and Adobe Media Manager are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries.

©2014 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口