Aviary買収と新しく導入するCreative SDKにより、Adobe Creative Cloudと連動するモバイルアプリ配信を加速


※当資料は、2014年9月22日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

【2014年9月24日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2014年9月22日)Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、クリエイティブアプリ配信のためのモバイル向けSDK(ソフトウェアディベロップメントキット)を開発する株式非公開企業Aviaryを買収したことを発表しました。Aviaryの写真編集アプリは様々なモバイルプラットフォームにおいてすでに何百万人ものユーザーに利用されており、SDKも何千ものデベロッパーに利用されています。この買収により、アドビは新しく導入するCreative SDKを通してCreative Cloudをサードパーティーアプリ向けの強力なプラットフォームとして提供する戦略を加速します。現在開発中のAdobe Creative SDKは、デベロッパーがアドビのクリエイティブ技術を活用してモバイルアプリを制作し、モバイル機器とAdobe Creative Cloudのデスクトップ向けアプリケーションやサービスとの連携を強化することを可能にするソフトウェアライブラリーです。

アドビのCreative Cloudエコシステム&Behance担当バイスプレジデント、スコット ベルスキー(Scott Belsky)は「Aviaryには優れた人材と技術基盤があり、その高い専門性により強固な開発者エコシステムに貢献してきました。Aviaryの技術の活用により当社のCreative SDKをさらに強化し、アプリ開発者に提供できることを嬉しく思います。Photoshop CCなどの業界標準デスクトップツールや新たなCreative Cloudサービスとの互換性を何千ものモバイルアプリに持たせることができるようになるため、デベロッパーにとっては嬉しいニュースとなるでしょう」と述べています。

Adobe Creative SDKにより、サードパーティのデベロッパーは、これまでアドビ社内の開発部門に制限されていたAdobe API(アプリケーションプログラミングインターフェース)を利用することが可能となります。これにより、Creative Cloudに保存されたファイルの閲覧、PSDファイルからの要素抽出、アドビのソフトウェアTouch Slideによる直線の描画、コンテンツに応じた塗りやUprightといったクラウド画像編集サービスなどが利用可能となります。最近iOS向けに発表されたモバイルアプリのAdobe Photoshop Mixではこれらの新たなAPIを利用し、アドビ最高の画像技術を提供してPhotoshopのルックの適用やコンポジティングを可能にします。Adobe Creative SDKは現在デベロッパーによる試用段階で、ベータ版は数か月以内に発表される予定です。

Aviaryの共同創立者であるAvi Muchnick氏は、「Aviaryは世界に自由な創造力をもたらすために設立されました。当社はアドビの一員となることでその潤沢なクリエイティブ技術を活用し、当社のSDK製品全体を強化できることを嬉しく思います。アドビと協力してサードパーティの次世代クリエイティブアプリの成長に貢献します」と述べています。

本日の発表について詳しくは、スコット ベルスキー(Scott Belsky)のブログおよびAviaryのブログをご覧ください。

将来的観測の開示について
本プレスリリースには、1995年私募証券訴訟改革法の規定する「将来的観測に基づく記述」が含まれており、これらは、アドビがAviaryの技術をAdobe Creative SDKにうまく統合できるかに関連するリスクや不確実性など、リスク、不確実性、およびその他の要因に左右されます。アドビがAviaryの開発者コミュニティーやユーザー基盤を維持する能力や、アドビのデスクトップアプリケーションやサービスと互換性のあるモバイルツールを提供する能力、その他、本取引がアドビにもたらすと予測されるメリットに関する記述のほか、予想または見解に関する一切の記述、および前述の記述の前提条件となる一切の記述など、歴史的事実以外のすべての記述は、将来的観測に基づく記述とみなされる可能性があります。これらのリスク、不確実性、その他の要因やアドビのビジネスに関連した一般的なリスクにより、実際の業績は将来的観測に基づく記述に記載された内容と大幅に異なる可能性があります。本プレスリリースをお読みの皆様には、これらの将来的観測に基づく記述に全面的に依拠することはお控えくださいますようお願いいたします。将来的観測に基づく記述はすべてアドビが現在入手可能な情報に基づいており、全記述が本注意事項の対象となります。これらおよびその他のリスクと不確実性について詳しくは、アドビが米国証券取引委員会(SEC)に提出した書類をご参照ください。アドビは、本プレスリリースに記載されたこれらの将来的観測に基づく記述またはその他の記述を更新する義務を負うものではありません。

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, Creative Cloud and Photoshop are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

©2014 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口