【2014年11月25日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 佐分利 ユージン 以下 アドビ)は本日、CMO カウンシル(*欄外参照)と共同で、CMOカウンシルの会員を含むアジア太平洋地域(以下、APAC)各国100名以上のマーケティングリーダーに対して行ったデジタルを活用したマーケティング活動についての実態調査「Adobe APAC Digital Marketing Performance Dashboard 2014」の結果を発表しました。

この調査は2012年より香港、韓国、中国、オーストラリア、ニュージーランド、インド、シンガポールの6カ国で実施されており、日本を含む調査は2013年に引き続き2回目となります。

今回の調査では、日本のマーケターは7カ国中最もIT部門からの支援がデジタルテクノロジーの選定と導入に不可欠であると考えている(日本38% VS. 24%)にもかかわらず最も支援を得られていないと感じていることがわかりました(日本 6% vs APAC平均16%)。

顧客接点のデジタル化が進む中、カスタマーエクスペリエンスの向上におけるデジタルマーケティングの活用に関する経営者層の認識は高まっています。デジタルマーケティングに関する経営者層からのサポートという点で、日本とAPACは同等レベルとなっています(「デジタルマーケティングに関して経営者からのサポートがある」日本56% vs APAC平均59%)。
一方、デジタルマーケティング投資に積極的な国と比較して日本の経営者はROIに懐疑的であることが明らかになりました(「経営幹部が、デジタルマーケティングがもたらすROIを十分に理解していない」日本63% vsオーストラリア11% vs シンガポール22%)。

デジタルマーケティングで経営効果を挙げている企業では、ソリューションの導入だけでなく、組織の中で、効率と効果を獲得するためのプロセスが定義されています。これはデジタルマーケティングを活用するマーケティング部門だけでなく導入と運営にかかわるIT部門の支援が不可欠です。

本調査では、「MINDSET(意識)」、「MARKETING READINESS(活用状況)」、「ORGANIZATIONAL ALIGNMENT(組織体制)」、「MARKETING SKILLS(スキル)」の4カテゴリーにおいて、各国の実態を比較しています。日本は昨年に引き続きAPAC平均値の差は縮まっているものの、4カテゴリー全てにおいて下回っています。

アドビのジャパン/アジアパシフィック マーケティング バイス プレジデントである木ノ本 尚道は、この調査結果について次のように述べています。
「APACの他の国と比較してブロードバンドやモバイル環境が整っており、オンラインショッピングにも積極的な消費者が多い日本では、企業がデジタルマーケティングを活用して顧客満足度を向上できる素地は大きいと考えられます。顧客のデータをもとに、あらゆるタッチポイントで最適な情報を発信できるようにするために、経営者層には、マーケティング部門とIT部門の連携をはじめ、顧客データを売上拡大につなげる組織作りが求められます」

APAC Digital Marketing Performance Dashboardの方法論
Adobe APAC Digital Marketing Performance Dashboard 2014は、3か月間に渡るオンラインによる定量的な調査を中心にこの調査には、日本、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、中国、香港、シンガポール、インドを含む合計800名以上のマーケターから回答を得ています。

CMO カウンシルについて
CMO カウンシルは、日本を含む世界中の幅広い産業で活躍するマーケティング分野の上級管理者や企業のブランドに関する意思決定者が集い、ハイレベルの情報交換、ソートリーダーシップの策定、個人的な関係の構築を行うことに特化した、エグゼクティブによる唯一のグローバルネットワークです。CMO カウンシルに参加している7,500名超のメンバーは、合わせて4,000億ドルを超えるマーケティングに関する年間支出の決定権を持ち、複雑で、分散したマーケティングと営業活動を世界中で行っています。CMO カウンシルとその戦略的分科会には、110を超える国々からさまざまな産業、分野、および市場にわたる35,000人を超えるエグゼクティブが在籍しています。地域ごとの部会と顧問委員会は南北アメリカ、欧州、アジア太平洋、中東、インド、アフリカ、および日本で活発に活動しています。CMO カウンシルの分科会は「販売有効性の活用/最適化連合(CLOSE)」、「モバイル関係マーケティング(MRM)戦略」、「LoyaltyLeaders.org」、「CMOCIOAlign.org」、「マーケティングサプライチェーンインスティチュート」、「カスタマーエクスペリエンス理事会」、「デジタルマーケティングパフォーマンスインスティチュート」、「GeoBranding Center」および「Brand Inspiration Center」で構成されます。
CMOカウンシルについての詳細は、< www.cmocouncil.org >をご覧ください。

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries.

©2014 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口