Adobe Experience Managerにより、高いガバナンスを維持しつつ複数言語に対応した柔軟性の高いWebサイト制作を実現

 

【2017年6月19日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン、以下 アドビ)は、ルネサス エレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下 ルネサス)がグローバルWebサイト構築で、顧客体験を提供するための包括的なクラウドサービスAdobe Experience CloudのWebコンテンツ管理ソリューションAdobe Experience Managerを採用したことを発表しました。

 

ルネサスは、大手半導体専業メーカーとして、自動車やデジタル家電に使われるマイコンや各種LSIにおいて、世界でもトップクラスのシェアを誇るグローバル企業です。グローバルWebサイトのリニューアルに際し、多言語に対応しながら、各国で異なるコンテンツを効率よく管理できるツールを求めていました。また、PCサイトとモバイルサイトの二重管理と、ページ制作過程におけるプレビュープロセスの煩雑さにおいて課題を抱えていました。

 

こうした課題を解決するWebコンテンツ管理ソリューションとして、ルネサスはAdobe Experience Managerを選択しました。採用に当たっては、Adobe Experience Manager Sitesのマルチサイト管理機能により、マスターテンプレートを活用することでグローバルサイト全体にわたる一貫性を保ちながら、地域事情に応じたカスタマイズが可能である点を高く評価しました。また、すでに導入済みのAdobe AnalyticsおよびAdobe Targetとの親和性の高さ、製品情報を管理するサードパーティーツールとの連携が可能であったことも採用の決め手となっています。

 

Adobe Experience Managerの導入により、ルネサスはサイト運営の業務効率を高めると同時に、各国のニーズに最適なコンテンツを提供することで、さらなる顧客獲得へとつながる顧客体験の最適化を実現し、収益力の向上を図ります。

 

ルネサス事例の詳細は、以下をご参照ください。コンテンツの閲覧には、お客様情報のご登録が必要です。

9つの地域にまたがるグローバルサイトをもつルネサスエレクトロニクス 情報の一貫性と地域ごとの特徴を両立させた戦略的なWebページへと刷新

 

 

Adobe Experience Cloudについて

Adobe Experience Cloudは、企業が優れた顧客体験を提供するために必要なあらゆる要素を備えた包括的なクラウドサービスです。Adobe Marketing Cloud、Adobe Advertising Cloud、Adobe Analytics Cloudの3つのクラウドで構成され、Adobe Creative CloudおよびAdobe Document Cloudと連携するAdobe Cloud Platformを基盤として構築されています。Adobe Experience Cloudは、Adobe Senseiのマシンラーニングおよび人工知能(AI)の機能を活用し、世界水準のソリューション、完全かつ拡張可能なプラットフォーム、包括的なデータおよびコンテンツシステム、堅牢なパートナーエコシステム、卓越した体験を届けるための専門知識を兼ね備えています。Adobe Experience Cloudは、Fortune 50企業の2/3をはじめ、世界中の多くの企業に採用されています。

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

 

Adobe, the Adobe logo, Adobe Experience Cloud, Adobe Marketing Cloud, Adobe Experience Manager, Adobe Analytics, Adobe Target, Adobe Advertising Cloud, Adobe Creative Cloud and  Adobe Document Cloud are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries.

 

©2017 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口