人材育成と戦略立案で企業のデジタルトランスフォーメーションを支援

 

【2017年9月13日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン、以下 アドビ)は本日、デジタルマーケティングソリューション「Adobe Experience Cloud」の事業を強化し、コンサルティングサービスを提供する「デジタル ストラテジー グループ」を創設するとともに、新たな人材育成サービス「アドビ デジタル マスターズ ワークショップ」を開始します。

 

アドビが日本市場で行った消費者動向調査「Adobe Digital Survey 2017」によると、ブランド企業がWebやSNSなど複数のチャネルを効果的に活用し消費者との接点を増やすことで、ブランドに対する信頼度が高まることが明らかになりました。また、消費者が商品やサービスを選ぶ際に、商品やサービスと同等もしくはそれ以上にデジタル体験を重視していることがわかりました。

 

デジタルにおける顧客体験を向上させることが企業にとって重要な経営課題となっていることから、アドビは「Adobe Experience Cloud」の事業強化の一環として下記の取り組みを行います。

 

1. 「デジタル ストラテジー グループ」の創設

国内外7,000件以上の導入事例に基づいたグローバルなノウハウと人材をベースとしたコンサルティングサービスを提供します。デジタルマーケティングに関連する既存のシステムおよび組織を評価する一方で、業務プロセスの最適化などを通して、企業のデジタルトランスフォーメーションの実現を支援します。

 

2. 人材育成サービス「アドビ デジタル マスターズ ワークショップ」の開始

豊富な知識と高い専門性を持つコンサルタントおよびトレーナーが、Web制作の基礎知識やデータ分析の基礎に関する「ジェネラルトレーニング」とデータ分析やパーソナライゼーションなどの専門知識を習得するための「プロフェッショナルトレーニング」を提供し、企業のデジタルトランスフォーメーションの早期実現を支援します。

 

アドビは、高度なテクノロジーを搭載した製品群とコンサルティングサービス、人材育成支援によって、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援し、顧客体験の実現を後押ししてまいります。

 

Adobe Experience Cloudについて

Adobe Experience Cloudは、企業が優れた顧客体験を提供するために必要なあらゆる要素を備えた8つのソリューションで構成される包括的なクラウドサービスです。Adobe Experience Cloudは、Adobe Senseiのマシンラーニングおよび人工知能(AI)の機能を活用し、世界水準のソリューション、完全かつ拡張可能なプラットフォーム、包括的なデータおよびコンテンツシステム、堅牢なパートナーエコシステム、卓越した体験を届けるための専門知識を兼ね備えています。

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

 

©2017 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口