【2017年9月27日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン、以下 アドビ)は本日、Adobe Creative Cloudに付随するフォントライブラリサービスAdobe Typekit(以下、Typekit)に、新たに株式会社視覚デザイン研究所、有限会社字游工房、大日本印刷株式会社、フォントワークス株式会社(社名五十音順)の4社の74フォントが追加されたことを発表しました。Creative Cloud有償メンバーは、これらのフォントを本日から追加費用なしで利用できます。

 

Typekitは、アドビオリジナルのフォントに加え世界の主要フォントメーカー製の特定フォントをライブラリとして提供するもので、Creative Cloud有償メンバーはこれらのフォントを印刷物やWebに使用して多彩な表現ができます。現在、欧文が10,000以上、和文が97提供されており、今回の4社の合計74フォントの追加で和文が171フォントに拡大しました。

 

今回追加されるフォントの詳細は以下の通りです。

 

■ 株式会社視覚デザイン研究所

視覚デザイン研究所は、文字の持つ伝統的な美しさを損なうことなく、斬新でありながらも「造形の美的バランス」と「文字の可読性」の両立をコンセプトとした、新しい表情の日本語フォントを創出しています。今回視覚デザイン研究所からは合計36フォントが提供されます(詳細は同社のプレスリリースをご覧ください)。

 

「VDL ロゴG Regular」

文字の造形の美的バランスを保ちながら、可能な限り装飾性を排除しました。エレメントの先端部を水平・垂直に揃え、かつすべての文字の量感が一定となるよう、漢字に対してひらがな・カタカナ・アルファベット・数字は大きめに設計しました。縦横両方の文字組みで安定したバランスが保て、完成されたロゴタイプのような美しい文字組みが得られます。

VDL ロゴG Regular

■ 有限会社字游工房

1989年設立の字游工房は、MacやWindowsに一部搭載された自社ブランドの游明朝体や游ゴシック体の制作をはじめ、SCREENのヒラギノシリーズ、大日本印刷の秀英体、凸版印刷の凸版文久体など、会社の枠を超えた高品位なベーシック書体の制作を通して、日本の活字文化の継承と発展に寄与しています。今回字游工房からは游明朝ファミリーの4フォントが提供されます。

jiyu01
jiyu02

「游明朝体R」

「時代小説が組めるようなふつうの明朝体」をキーワードに、単行本や文庫本などで小説を組むことを目的に開発しました。文字の大きさの揃った現代的な明るい漢字と、伝統的な字形を生かしたスタンダードな仮名の組み合わせが、この書体の特徴です。    

jiyu03

「游明朝体五号かなR」と「游明朝体36ポかなR」は、游明朝体Rと組合せて使用することを前提とした書体です。游明朝体五号かなRは、クラシカルでやわらかな線で書かれた端正な字形が特長で、游明朝体36ポかなRは、毛筆の表現力を活かした表情ゆたかな線と、独特のスタイルをもった字形が特長です。

 

■ 大日本印刷株式会社

秀英体は、大日本印刷(DNP)がその前身である秀英舎の時代から100年以上にわたり開発を続けているオリジナル書体です。優美でしなやかな線画を持ち、美しく読みやすい書体として多くの書籍や辞典に使われるなど、編集者やデザイナーだけでなく、読者からも親しまれてきました。現在は明朝の他にも角ゴシックや丸ゴシックなどを含めた17書体があり、書籍や雑誌の他にも、広告や商品パッケージ、Webサイトなど幅広い場面でご利用いただけるラインアップとなっています。今回DNPからは秀英体20フォントが提供されます(秀英体の詳細は同社サイトをご覧ください)。    

DNP

 

「DNP 秀英明朝 Pr6 L」

秀英明朝は豊富なファミリーを持つ秀英体の中でも、主軸となる書体です。長年にわたり、本文用の明朝体として、書籍や雑誌のテキストを伝え続けてきました。「い」「に」などのひと筆書きが印象的なこの書体は、しっかりとした信頼感を読者に与えます。横画の太さは他の明朝体に比べて太めに設定しているため、細い線のちらつきが少なく、目に優しい黒みを保ちます。

DNP 秀英明朝 Pr6 L

 

■ フォントワークス株式会社

フォントワークスは、デジタル環境とともに発展してきたフォントメーカーです。デジタル分野におけるフォントの開発・提供、「明朝体の革命」筑紫書体シリーズの開発や、国内で初めて定額制フォントサービスを開始するなど、革新的なアイデアとともに「高品質なフォントを使いやすく提供」してまいりました。今後はソフトバンク・テクノロジーグループの一員として、情報革命を通じてフォントの新しい価値を創出していきます。今回フォントワークスから提供されるフォントは、筑紫丸ゴシック体のファミリー4書体を含む合計14フォントです(詳細は同社のプレスリリースをご覧ください)。

fontworks

「筑紫A丸ゴシック/筑紫B丸ゴシック」

筑紫書体の丸ゴシック体は、現在のデジタルフォントの丸ゴシック体に一般的な、ふところを広くとったデザインではなく、文字本来の形をいかし、ふところをぐっと絞ったデザインにすることで、均質美ではなく一定の品位と味わい豊かな書風となっています。「2010東京TDC賞」受賞。

 

参考情報

Adobe Typekitブログ

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

 

©2017 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口