対前年度比22%増の年間収益を達成し、過去最高の収益、純利益を記録

 

※米国本社発表の業績プレスリリースはこちらをご覧下さい

 

【2016年12月16日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2016年12月15日): Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、2016年度第4四半期(2016年9月3日から2016年12月2日)および通年(2015年11月28日から2016年12月2日)の決算を発表しました。

 

第4四半期の収益は過去最高となる16億1,000万ドル、前年同期比23%増となりました。通年の収益も過去最高となる58億5,000万ドル、前年比22%増でした。さらに第4四半期には、純利益、キャッシュフロー、繰延収益も過去最高を記録しました。

 

アドビの社長兼CEO(最高経営責任者)であるシャンタヌ ナラヤン(Shantanu Narayen)は、次のように述べています。「アドビの市場をリードするデジタルメディアおよびデジタルマーケティングソリューションは、顧客企業が優れたデジタルエクスペリエンスをデザインし、実現する方法に変革をもたらしています。当社は、著しく高まる市場の勢いとテクノロジー革新による追い風を受けながら2017年を迎えます。」

 

アドビのエグゼクティブバイスプレジデント兼CFO(最高財務責任者)であるマーク
ギャレット(Mark Garrett)は、次のように述べています。「アドビの全事業において、2016年は堅調な年となり、重要な財務指標にすべて到達することができました。当社は、クラウドプロバイダーとして収益、利益の両面で成長を続けていく態勢を整えています。」

 

第4四半期の業績ハイライト

  • 収益は過去最高となる16億1,000万ドル、前年同期比23%増。
  • GAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は、0.80ドル。Non-GAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は、0.90ドル。
  • デジタルメディア分野の収益は10億8,000万ドル、クリエイティブ分野の収益は8億8,600万ドルで前年同期比33%増。    
  • Creative CloudとDocument Cloudの好調な普及によってデジタルメディア分野の年間の経常収益(Annualized Recurring Revenue - ARR)は40億1,000万ドルに拡大し、前期より3億1,600万ドルの増加。
  • Adobe Marketing Cloudの収益は過去最高の4億6,500万ドル、前年同期比32%増。
  • GAAPベースでは営業利益が前年同期比63%増、純利益が79%増。Non-GAAPベースでは営業利益が前年同期比44%増、純利益が45%増。
  • 営業キャッシュフローは6億9,600万ドル。
  • 当四半期中に約320万株を買い戻し、約3億3,100万ドルの現金を株主に還元。

 

2016年度の業績ハイライト

  • 2016年度通年の収益も過去最高となる58億5,000万ドルに達し、前年比22%増。
  • 通年のGAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は、2.32ドル。Non-GAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は、3.01ドル。
  • デジタルメディア分野のARRは通年で40億1,000万ドルに拡大し、前年比11億3,000万ドルの増加。
  • Adobe Marketing Cloudの収益は通年で16億3,000万ドルを達成、前年比20%増。
  • 営業キャッシュフローは22億ドル。
  • 繰延収益も過去最高の20億1,000万ドルに達し、未請求受注残高(unbilled backlog)は約34億2,000万ドル。
  • 当年度中に合計1,040万株を買い戻し、約10億1,000万ドルの現金を株主に還元。

 

将来的観測の開示について

本プレスリリースは、実際の業績を大幅に異ならせる可能性のあるリスクと不確実性を内包した、製品および技術開発、事業の勢い、顧客にとっての当社製品とサービスの影響、収益、年間の経常収益、受注件数、1株当たりの利益および営業キャッシュフローに関連する将来的観測を含みます。実際の業績を異ならせ得る原因としては、以下が挙げられますが、これらに限られるものではありません。

 

  • 顧客の要求に応える製品およびサービスの開発、市場投入、流通の失敗
  • 競合他社による新製品およびビジネスモデルの市場投入
  • 新たなビジネスモデルや新たな市場への移行の失敗
  • 経済状況および金融市場の不確実性
  • サブスクリプションサービスの更新比率の変動
  • 一部エンタープライズ向け製品の複雑かつ予測困難な販売サイクル
  • サイバー攻撃と情報セキュリティに関連するリスク
  • アドビもしくは第三者によって提供されるホステッドサービスに障害または遅延が生じる可能性
  • 会計原則の変更
  • 過去および将来の買収において見込まれた利益達成の失敗

 

これらおよびその他のリスクと不確実性についての解説に関しては、2015年11月27日を末日とする2015事業年度のアドビの年次報告書(Form 10-K)および2016年度に発行されたアドビの四半期報告書(Form 10-Q)をご参照ください。

 

プレスリリースに記載された財務情報は現時点で得られる情報に基づく推定を反映したものです。これらの金額は、アドビが2016会計年度(2015年11月28日から2016年12月2日)について2017年1月に提出予定の四半期報告書(Form 10-K)に記載される実際の業績数値とは異なる場合があります。

 

アドビはこれら将来的観測を更新する義務を負うものではありません。

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、webサイトに掲載されています。

 

Adobe and the Adobe logo, Adobe Document Cloud, Adobe Marketing Cloud and Creative Cloud are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries.

 

© 2016 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口