アドビとマイクロソフト、グローバルパートナーシップを中国へと拡大

 

主要なブランド企業による共同ソリューションの導入が進む中、エンタープライズ向けプラットフォームの統合を推進
 

※当資料は、2018年3 月26日に米国本社から発表されたメディアアラートの抄訳です。

 

【2018 年3月27日】

米国ネバダ州ラスベガス発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)とMicrosoft(Nasdaq: MSFT、以下マイクロソフト)は、Adobe Summitにおいて、2016年9月に発表した両社のグローバルなパートナーシップをさらに前進させることを発表しました。両社はパートナーシップを中国へと拡大することで、グローバルなブランド企業は中国という成長中の重要な市場でさまざまな顧客タッチポイントにわたってパーソナライズされた体験を提供できるようになります。両社による共同ソリューションは、すでに世界中で60以上のグローバル企業が利用しており、お客様には24 Hour Fitness、AAA Northeast、Avianca、National Center of Missing and Exploited Children、W.B. Masonなどが挙げられます。また、アドビとマイクロソフトは、Adobe Experience ManagerMicrosoft AzureAdobe CampaignMicrosoft Dynamics 365Adobe AnalyticsMicrosoft Power BIにおけるテクノロジーの新たなネイティブ統合を実現します。

 

両社パートナーシップが中国へと拡大することにより、Adobe Experience Cloudをグローバルに提供できることになります。Adobe Experience Cloudは、キャリアニュートラルな主要クラウドプロバイダーである21 Vianetが運用するMicrosoft Azure上で稼働します。アドビとマイクロソフトは協力して、両社の統合ソリューションをクラウド企業が導入計画し、利用できるよう支援します。

 

ネイティブ統合の拡大

すでに世界中で60以上のグローバル企業がアドビとマイクロソフトのパートナーシップによる共同ソリューションを利用していますが、Microsoft Azure上で稼働するAdobe Experience Manager Sites Managed Serviceを含むアドビとマイクロソフトの新しいネイティブのテクノロジー統合では、企業はパーソナライズされたweb体験を提供できます。Adobe CampaignとMicrosoft Dynamics 365との統合により、企業は顧客インサイトを集約し、顧客ごとの単一ビューを作成できるため、それを活用してマーケティングのタッチポイント全体にわたって体験をパーソナライズすることができます。また Adobe AnalyticsとMicrosoft Power BIの統合により、ブランド企業がデータをPower BIに取り込むことで、オーディエンス全体におけるキャンペーンのインパクトを可視化できます。

 

アドビとマイクロソフトは、それぞれの自社のデータモデル(アドビは「エクスペリエンスデータモデル」であるAdobe XDM、マイクロソフトは「共通データモデル」であるMicrosoft CDM)を単一の標準データモデルに統合します。この標準データモデルがマーケティング、セールス、サービスデータの言語を定義し統合します。標準データモデルは組織全体の莫大なデータセットを整理し、より包括的な顧客プロファイルを作成するため、システム間のコネクターを構築し継続的にアップデートする必要がなくなります。

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

 

マイクロソフトについて

Microsoft (Nasdaq “MSFT” @microsoft) は、モバイル ファースト&クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。

 

©2018 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口