アドビ、ドキュメントコラボレーションを強化する「Adobe Acrobat DC」の最新機能を本日よりリリース

 

クラウドベースの共有レビュー機能、タブレット端末からの編集、ドキュメントハブにより、場所やデバイスを問わない働き方を支援

 

【2018年10月2日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は本日、Adobe Document Cloudの新機能を発表しました。「Adobe Acrobat DC」の最新リリースは本日より提供開始します。

 

アドビ製品で開かれたPDFの数は、昨年だけで2000億件を上回っており、契約書、教科書、財務諸表、クリエイティブデザインなど、幅広い文書業務において活用される情報伝達ツールとなりました。本日リリースする最新のAdobe Acrobat DCはクラウドベースの共有レビュー機能や「ドキュメントハブ」により、関係者が複数のデバイスを横断して場所を問わず効率的に文書業務を行うことを可能にし、PDFによるドキュメントコラボレーションを一新するものです。

 

Adobe Acrobat Reader DCの新機能、タブレット端末からの編集機能、そしてAdobe Acrobat DCにAdobe Sign機能が組み込まれたことにより、全く新しいモバイルPDFエクスペリエンスが実現します。新機能の詳細は以下の通りです。

 

  • クラウドベースの共有レビュー機能

Adobe Acrobat DCのクラウドベースのレビュー機能「共有レビュー」を刷新してレビューを発信しやすくしたほか、Adobe Document Cloudのストレージを共有サーバーとして活用することで外部の関係者とも共有しやすくしました。また、ブラウザ上でも利用できるようにしました。これにより、デバイスの種類やレビュー担当者の人数を問わず、いつでもどこでも文書を共有してフィードバックを収集できるようになります。開封状況を確認したり、特定のレビュー担当者にPDFを送信したり、承認作業が期日内に行われるよう自動でリマインダー機能を設定することも可能になります。

複数のレビュー担当者が同時にPDFに注釈をつけられるため、迅速にフィードバックを得られると同時に、電子メールのやり取りが不要となり、文書業務プロセスが効率化します。

 

  • ドキュメントハブ

Acrobat DC、Acrobat Reader DC および Document Cloud Web のホーム画面のUIを「ドキュメントハブ」として刷新しました。これにより、デスクトップのAcrobatと同じ操作性で過去に使用したPDFに加えて、共有レビューや承認プロセスも一元的に管理できるようになります。また、Adobe Acrobat Pro DCを使うことで、スマートフォンやタブレット端末でPDFのレビューや編集をしたり、Webブラウザ上でコメントを追記することも可能になります。

 

  • タブレット端末によるPDFのタッチ編集機能:新しいAcrobat Pro DCでは、iOS/Androidタブレット端末からのPDF編集が可能です。PDF内のテキストの変更、書式設定、編集や、画像の追加、回転、リサイズなど、すべての作業をタッチ操作で行えます。

 

  • 場所を問わずに署名作業:Acrobat DCの「署名用に送信」機能を電子サインサービス「Adobe Sign」で統一しました。署名プロセスがAcrobat DCとAcrobat Reader DCのフロー全体に組み込まれたことで、いつでもどこでもデバイスを問わずPDF文書で電子サインを活用することができるようになります。

 

アドビのデジタルメディア事業部門エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるBryan Lamkin (ブライアン ラムキン)は、次のように述べています。「今日のモバイルワーカーやコネクテッドワーカーにとって、Adobe Acrobat DCはゴールド スタンダードです。今回アップデートされた最新のPDFプラットフォームにより、働く場所を問わずに、コンテンツを迅速かつ容易にスキャン、署名、共有、レビューできるようになります。」

 

提供時期

Adobe Acrobat DCの最新リリ-スは、Adobe Acrobat DCとAdobe Creative Cloudのサブスクリプション利用者向けに本日より提供開始します。Adobe Scan、Adobe Acrobat Reader DC、Adobe Signのアップデートも本日より提供を開始しました。アップデート/ダウンロードは、https://acrobat.adobe.com/から行えます。

 

Adobe Document Cloudについて

Adobe Document Cloudは、最高品質のPDFソリューションであるAcrobat DC、あらゆるデバイスから書類への電子サインを実現するAdobe Sign、およびAdobe ScanやAdobe Acrobat Reader DCなどのモバイルアプリを中心に構成されています。AcrobatはAcrobat Readerとともに、10億台を超えるデスクトップおよびモバイルデバイスで使用されている、世界で最も広く普及しているソフトウェアの一つで、現在Document Cloud上では年間60億件以上の電子署名および電子サインが処理されています。Deloitte 、Diners Club、MasterCard、Perkins Cole、The Royal Bank of Scotland、Verizonなどのグローバル企業が顧客体験をデジタル化するためにDocument CloudとAdobe Signを採用しています。世界中のさまざまな組織が、米国、英国、ドイツ、日本、オーストラリアにデータセンターを有するDocument CloudおよびAdobe Signを採用し、あらゆる場所で迅速かつ安全なモバイル電子署名を実現しています。

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

 

Adobe, the Adobe logo and Adobe Document Cloud, are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. © 2018 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

プレス窓口