アドビ、プロフェッショナルな映像現場の効率化を促進する動画制作ツールをNAB 2019で発表

 

※当資料は、2019年4月3日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

 

【2019年4月3日】

米国カリフォルニア州ロサンゼルス発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、本日、2019 NAB Show(National Association of Broadcasting)先んじて、処理の高速化と新たなイノベーションをAdobe Creative Cloudビデオ&オーディオツール加え、動画制作をさらに効率化するアップデート発表しました。Adobe Creative Cloud最も統合進んだ製品ワークフロー提供し、現在「Clemency」、「The Last Black Man in San Francisco」、「A Native Son」、「The Peanut Butter Falcon」、「Wu-Tang Clan: Of Mics and Men」はじめとする世界最高峰映画テレビ番組およびストリーミングコンテンツ制作をサポートしています。Fox Sports社VICE Media社など、放送やストリーミングも含めた幅広い現場で使われています。

 

本日提供を開始するアップデートの新機能には、アドビの人工知能(AI)および機械学習テクノロジーであるAdobe Senseiに基づくビデオ向けの「コンテンツに応じた塗りつぶし機能をはじめ、タイトルおよびグラフィックス制作とアニメーション制作のための新機能、洗練されたオーディオミックス機能、プロジェクトに用いる各種メディア整理整頓する機能が含まれます。さらに、Premiere Proでは効果や色変更の適用に用いるマスクトラッキング高速化、vデュアルGPUへの最適化、HEVCおよびH.264処理におけるハードウェア高速強化など処理高速実施ましまたAfter Effects機能強化変更ラフエッジといった効果GPU高速含まます

 

Corridor Digital共同創設あるニコ ポーリンガーNiko Pueringerサム ゴースキーSam Gorskiよう述べます今年入っAdobe Creative Cloud制作200コンテンツ700超えるオンラインフォロワー配信できましこれ記録スピードです本日Premiere Proリリースによるパフォーマンス向上についてデュアルGPUサポートによる書き出し時間短縮高速編集によってさらに優れクリエイション行える期待ます

 

アドビデジタルビデオオーディオ担当バイスプレジデントあるスティーヴン ワーナーSteven Warnerよう述べます放送映画ストリーミングサービスデジタルマーケティングなど領域大量動画視聴おりその結果コンテンツ制作需要急増ます処理速度高速Adobe Sensei基づくインテリジェント機能搭載CreativeCloud使うこと映像プロフェッショナル映像制作煩雑作業から解放ストーリーテリングクリエイティブビジョン創造注力できます

 

豊かなストーリーテリングのためのスマートなツール

今年のNAB参加者は4月8日から11日開催期間中、アドビブース(ラスベガスコンベンションセンター サウスホール SL5610)ならびに100社を超えるパートナー(英語)ブースで新機能を間近で体験し、業界のエキスパートの話を聞くことができます。4月5日午前1時(米国太平洋標準時v4月4日午前9時)からの、ジェイソン ラヴィーン(Jason Levine)が新機能をご紹介するFacebook Livev(英語)もvぜひご覧ください。

 

本日発表のアップデートに含まれる主な新機能は以下の通りです。

 

  • 不要なオブジェクトを自動的に消去するAfter Effectsの「コンテンツに応じた塗りつぶし」「Project Cloak」と呼ばビデオコンテンツ応じ塗りつぶし機能Adobe Sensei活用ブームマイク看板ロゴあるいは人物まで含め視覚要素フッテージから消去する作業自動時間かかる煩雑手仕事不要ものます

 

  • 素材を整理してストーリーボードを作成できるPremiere Pro「フリーフォームプロジェクト」パネル:映像アセット視覚配置レイアウトごと保存できるためシーン選択進行検討ストーリーアイデアブレーンストーミング編集など作業活用できます

 

  • 定規とガイド使っ正確かつ一貫デザイン作成Premiere Pro定規ガイドという使い慣れデザインツール搭載ことタイトルアニメーション効果など正確整列作品すべてにわたって一貫配置行えるようなりまし

 

  • 簡単かつ効率的な録音を実現するAudition「パンチ&ロール」:波形エディターマルチトラックエディター両方対応するこの機能ナレーションオーディオブック吹き込みなど長時間録音セッション制作ワークフロー効率ます

 

  • Twitch対応Character Animatorライブストリーミングトリガー機能拡張視聴リアルタイム反応コスチュームその変えたり即興ダンスたり決めジェスチャーポーズするキャラクター使っライブストリーミング簡単配信できますアクション起こすBitsを使うこと視聴から投げ銭スタイルコミュニケーション取ることできます

 

  • 新たに背景音に対応した、AuditionとPremiere Pro搭載の自動ダッキング機能:Adobe Senseiによりさらに強化された自動ダッキングは、人物の音声レベルに応じてバックグラウンド音のレベルを動的に調整できるようになりました。調整のために打たれたキーフレームは手動で自由に調整できるため、この機能によってクリエイティブコントロールが損なわれることもありません。

 

  • ビジュアルの幅を拡げるAdobe Stock提供するプロフェッショナル品質かつスタッフによって選別整理ロイヤリティフリーHD/4Kビデオ映像フッテージおよびモーショングラフィックステンプレート1,000大台乗りましそれら先進クリエイティブエージェンシー独立映像エディターによるものエディトリアルコンテンツエスタブリッシングショットあるいはフィラーとして活用できます

 

  • 撮影してすぐに公開:昨年提供を開始したPremiere Rushは、Premire Pro連携した効率的モバイル〜デスクトップワークフロー実現し、外出先でも簡単にビデオ編集と合成が可能です。Rushに内蔵されたカメラ機能を使えば、モバイルデバイスでプロ品質の動画撮影行えます。

 

価格と提供開始時期

NAB発表れるAdobe Creative Cloud機能Creative Cloud最新バージョン本日から提供開始ますCreative Cloudプラン詳細 はhttps://www.adobe.com/jp/creativecloud/plans.htmlご覧ください。
また、Adobe Stockのプランについてはhttps://stock.adobe.com/jp/plans をご覧ください。

 

 

アドビについて

アドビは、世界を変えるデジタル体験提供します。

アドビ システムズ 株式会社その日本法人です。同社に関する詳細な情報は、webサイト掲載されています。

 

©2019 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

ダウンロード

このプレスリリースに関するお問い合わせ

プレス窓口