猛烈な速度での
ビルドとデプロイ

Adobe ColdFusion on Amazon Web Services(AWS)では、ColdFusion Enterprise Editionの強力な機能に手頃な方法でアクセスできます。

Adobe ColdFusion on Amazon Web Services
Adobe ColdFusion on Amazon Web Servicesのご紹介
動的に拡大してビジネスニーズを満たす高パフォーマンスのエンタープライズ対応アプリケーションを構築します。独自の組み込みHTML5サポートを活用して、インタラクティブなWebアプリケーションを簡単に作成できます。多数のセキュリティ標準によりWebサイトの安全性が高まります。

製品化までの時間を短縮
市場に出るまでの時間が短い
ソフトウェアの購入やハードウェアへの投資を必要とせずに、ColdFusionベースのエンタープライズアプリケーションをすばやくデプロイします。ColdFusion on AWSにはAmazon Machine Image(AMI)が付属しているので、Amazonインスタンス上にColdFusionイメージを直接適用できます。
より少ないコスト
より少ないコスト
高い前払いコストをなくし、維持費を削減できます。$0.15/時間という小額でColdFusionサーバーを使い始めることができます(基になるプラットフォームのコストは含まれません)。使用したクラウドリソースの料金のみをお支払いいただき、ColdFusion AMIs on Amazon EC2についてアドビのサポートを受けることができます。
スケーラビリティ
より優れた拡張性
すぐに利用可能で信頼性の高いAWSクラウドコンピューティングプラットフォーム、耐久性のあるテクノロジー設定、Amazonによって構築および管理されている、業界で認知された認定と監査を使用しながら、需要に基づいてリソースを拡大・縮小できます。

Adobe ColdFusion(2018 Release)の新機能
非同期プログラミング
リソースを大量に消費するコードセグメントの負荷を別スレッドに分散することで、主要アプリケーションのパフォーマンスを向上します。RUNASYNC機能を使用してコードを実行することで、スレッドを複数管理する手間がなくなります。結果が確認可能となると、通知が送信されます。
サーバーモニタ
パフォーマンスの問題にフラグを設定し、問題領域を切り分けることで、きわめて迅速に是正措置に着手できます。クラスター全体またはノード、アプリケーション、またはページ固有の平均応答時間とスループットをリアルタイムに把握できます。また、この情報は自動的にアーカイブされるので、履歴分析に利用できます。
自動ロックダウン
クリック1回で本番サーバーのロックダウンを実装できるようになりました。ロックダウンガイドのすべての手順を体系的に実施することで、セキュリティ対策で障害の危険がなくなり、コンプライアンスが維持されます。ロックダウン後も違反がないか引き続きシステムをモニタします。
Code Profiler
コードの奥深くに隠れている、パフォーマンスに関係する複雑な問題を迅速に特定、分析、デバッグ、解決します。ボトルネックの根本原因を特定するために必要な詳細情報を入手し、複雑なアプリケーションをより効果的にトラブルシューティングします。
すべての機能を見る ›

イベント・活動


コミュニティ
ColdFusionの役立つ機能を紹介。
YouTube
ColdFusionを使いこなすために役立つ貴重なチュートリアル。
CF Summit
迅速なアプリケーション開発の第一人者が集結するサミット
FB-TW
情報収集

 

ColdFusion に関するご質問やお問い合わせ