エクスペリエンスの向上とイノベーションのさらなる先へ

創造性とデジタルエクスペリエンスの限界を押し広げるために、アドビはAdobe Senseiの人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)の強化を続けています。アドビの先進的な取り組みをご覧ください。

アドビの研究開発部門は、デジタルエクスペリエンスの革新を進めています

テクノロジーの革新に終わりはありません。アドビの研究開発部門は、世界トップクラスのリサーチサイエンティストやエンジニア、アーティスト、デザイナーなどで構成され、常に新しい論文を発表し、外部の高等教育機関や研究グループなどと協力しながら、人工知能やディープラーニング、マシンラーニングを含む様々なアルゴリズムとサービスを提供しています。

顔写真の加工を人工知能で検出

画像の編集が一般的となった現在、消費者はどのようにすれば、デジタルコンテンツを真実だと評価できるのでしょうか
アドビでは、加工された画像を識別する顔認識など、新たなテクノロジーの研究に取り組んでいます。

イノベーションの先進的な事例

プロジェクト

Project Smooth Operator

Project Smooth Operatorでは、マシンラーニング(機械学習)を活用し、動きを損なうことなく異なる縦横比で動画を切り取るテクノロジーを開発しました。

プロジェクト

人工知能による音声アシスタント

音声アシスタントなら、本当に必要なものを最適なタイミングですばやく検索できます。

人物

いま注目のリサーチャー:Balaji Vasan Srinivasan

Balaji Vasan Srinivasanがアドビの研究開発部門のバンガロールラボで働くまでの道のりをご紹介します。人工知能(AI)を活用してコンテンツとレイアウトを作成する研究を進めています。

人工知能(AI)が芸術の新たな扉を開く

Baugasmとしても知られるアーティストのVasjen Katro氏に、アドビの人工知能テクノロジーを活用した当社ロゴの再定義を依頼しました。このユニークで斬新な新しいロゴの誕生に、人工知能がどのような役割を果たしたのか、Adobe Createの記事で詳しくご覧ください。

Adobe Summitにおける発表

Project Augmented Offers

適切で効果的なARエクスペリエンスを提供します。

Project Journey Genius

マーケターによるカスタマージャーニーの分析や予測を、人工知能(AI)が支援します。

Project Data Unbound

Adobe Experience Cloudデータへのアクセスを容易にします。

Project Phonic Folders

マシンラーニング(機械学習)によって、最適なアセットの発見を高速化します。

Project Expert Assist

SlackアプリでAdobe Senseiの機能を利用します。

Adobe MAXでの発表

Project Moving Stills

写真をライブフォトに変換し、フライスルーの効果をシミュレートします。

Project Smooth Operator

動画を複数の画角に自動的に切り抜き直し、あらゆる要素をフレーム内に収めます。

Project Fontphoria

画像をグリフにも変換し、そのスタイルを他のグリフに適用して、一式のフォントに変えます。

Project Fast Mask

動画内のオブジェクトをすばやく選択し、複数のフレームをまたいでマスクを正確に適用します。手間のかかるプロセスをほぼ自動化します。

Project Kazoo

歌声を楽器の音に変換して、動画のオーディオトラックや音響効果を作成します。