顧客体験は常に最優先 

高まり続ける顧客の期待に応えビジネスの成長を促進するために、いまこそ企業が取り組むべき最優先事項。それが、顧客体験管理(CXM)です。CXMは、顧客一人ひとりの期待を常に理解し、その期待に最適な方法で迅速に応えることによって実現されます。これを達成するには、優れた人材、洗練されたプロセス、包括的なテクノロジーが欠かせません。

まずは、アドビが提唱する「最適な顧客体験に必要な4つの優先事項」についてご覧ください。

Adobe Symposium 2019

ー顧客体験マネジメント“CXM”をビジネス変革の中心にー

* 当イベントは終了しました。多数のご来場ありがとうございました。

Adobe Experience Cloudとは

マーケティング、分析、広告、コマースの各分野の最先端ソリューションを集めたクラウド基盤です。それらのソリューションが、サービス、サポート、オープンなエコシステムとクラウド基盤上で統合されているため、驚くような顧客体験を提供できます。

Experience Maker Award 2019

アドビは、Adobe Experience Cloud製品を活用し、事業成長を加速し顧客ロイヤリティを高め、目覚ましい成果を上げられている企業を表彰しています。日本における、2019年度の受賞企業をご紹介します。

購買行動調査:B2B企業とB2C企業に共通する複雑化したカスタマージャーニーの課題と提言

法人顧客と個人顧客、B2B顧客とB2C顧客では、購買行動やカスタマージャーニーは違うと理解されてきました。一方でデジタル化の進展により、両者の購買に至る過程は変わったのです。調査からその現状を明らかにします。

調査レポート:企業におけるデジタル活用の現状と課題

企業は自社のデジタル変革といかに向き合い、どの程度の進展を見せているのでしょうか?企業のデジタル変革とデジタル活用の実態について明らかにすべく、アドビはB2Cを中心とする日本企業を対象に調査を実施しました。

 

 

アドビが市場のリーダー であることは、 アナリストやユーザーも 認めています

 

Gartner

デジタル顧客体験なら、アドビがリーダー

The Forrester Wave™: エンタープライズマーケティング ソフトウェアスイート 2019年第3四半期

「他のベンダーと比較してアドビは、コンテンツ、マーケティング、分析を含む体験管理とプラットフォームサービスにおいて、卓越しています」

 

優れた顧客体験は、多数の要素からできています。マーケティング、分析、広告、コンテンツ、コマース、CRM、リード管理など、顧客体験管理におけるあらゆる側面で市場をリードしている企業はアドビだけ。アナリストやユーザーの率直な意見を、ぜひご覧ください。



ロクシタン・ジャポン

三井不動産は、グループのシナジーを高めるために、各社が持つデータを統合分析できる環境を整えました。多様な側面を持つお客様の深い理解につながっています。 

ロクシタン・ジャポン

全日本空輸は、アドビのソリューション導入後、セグメンテーションとパーソナライズ、さらに効率的なコンテンツ管理によって「One-to-One」に近いコミュニケーションを実現。チケット予約率の向上などに繋げています。 

ロクシタン・ジャポン

ドミノ・ピザは、登録顧客の件数が膨大で、ターゲットしたメール配信を行いにくかったため、Adobe Campaignを導入。きめ細かくセグメントできるようになっただけでなく、顧客の動機を判定した施策によりメールマーケティングの有効性を向上させました。  

Experience League

パーソナライズされた学習の場として、Experience Leagueをご用意しました。Adobe Experience Cloudのスキルアップのみならず、世界中のユーザーとの交流で役立つ情報を入手できます。

Experience Leagueはこちら

Experience Leagueで学ぶ

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご説明します。