製造業界での重要性が高まるデジタルエクスペリエンス

B2Bが主体となる製造業界のマーケティング活動には、法人顧客(取引先)に対し、製品情報や製品仕様を、一貫性と有用性を保ちつつ、あらゆるチャネルを通じていつでもどこでも提供できなければなりません。インダストリー4.0やモノのインターネット(Internet of Things)といった、新たな潮流にも対応する必要があります。アドビのソリューションを活用すれば、複雑化する一方のB2Bマーケティングを、多様なチャネルにわたって自動化、効率化し、課題を解決することができます。

顧客理解を深めてつながりを維持

デジタルコミュニケーションの利点を最大限に利用して、法人顧客の行動やニーズを包括的に把握することができます。Web、コールセンター、現場の営業担当者、モバイルデバイスなど、あらゆるチャネルからデータを収集し、ひとつに集約して分析することで、新しいビジネスの可能性が見えてきます。

 

動的な対応に加えて、信頼性と一貫性が必要

様々なチャネルをまたいでパーソナライズされた一貫性のあるブランドエクスペリエンスを提供すれば、顧客満足度の向上、顧客サービスのコスト削減だけでなく、新規開拓の強化、既存顧客との取引拡大を図ることができます。
 

質の高いサービスに必要な柔軟性

新製品や新サービスの市場投入に伴うコミュニケーションに要する労力や時間を低減し、事業環境や市場の変化にも、いち早く対応することができます。

Ipad

 

イノベーションは試行から

製品開発と同様、ビジネスの進め方にもイノベーションが必要です。新製品の反応を知るのと同じように、モバイルサイトやモバイルアプリを活用したコミュニケーションというイノベーションを試行、効果分析することで、新たな知識、相乗効果、利益を得ることができるでしょう。

Adobe Marketing Cloudユーザー事例

 


世界的な電気機器メーカーPhilipsは、デジタルチャネルの展開を標準化することで、マーケティングの柔軟性と影響力を高めています。


民生用から産業用、公益用まで多彩な商品を製造するHenkelは、Webコンテンツの制作と展開を合理化するために、アドビのテクノロジーを活用しています。

エレベーター製造企業のSchindlerは、取引先に魅力的なデジタルエクスペリエンスを提供するため、アドビのソリューションを活用しています。

アドビのマーケティングソリューション

 

 

 

  • 導入の相談はこちら

    アドビへのご相談はこちらからお問い合わせください。

    お問合せ