製造業

製造業界で重要性が高まるデジタル体験

現代の製造業では、バリューチェーンのパートナーに一貫性のあるパーソナライズされた顧客体験を提供することの重要性が増しています。そのため、最新のデジタル技術を採用して、バリューチェーン、サプライヤー、顧客、その他のパートナーを高度に統合する必要があります。アドビは様々な大手製造業者のデジタル変革をお手伝いしており、収益や業務効率の向上を実現しています。

顧客の全体像を把握

デジタル変革に取り組むときは、あらゆるチャネルからデータを収集する戦略が必要です。データを収集したら、ひとつにまとめて、顧客の全体像を把握します。予測インテリジェンスを利用すると、購入者のリアルタイムの活動にもとづいて、先を見通した判断ができます。こうした顧客ニーズに関する詳しいインサイトは、長期にわたるロイヤルティを築く助けになります。

最適なデジタルエクスペリエンスを提供

顧客はどのwebサイトでも、一貫性のあるパーソナライズされた顧客体験が提供されることを期待しています。製造業者は、リアルタイムの在庫情報を提供するコンテンツ管理プラットフォームを構築しつつ、プロモーション用アセットを販売業者やサプライヤーが容易に利用できる環境も整備する必要があります。アドビのソリューションを利用すれば、様々なチャネルをまたいで、あらゆるコンテンツを容易に管理できます。さらに、既存のプラットフォームに統合されるパーソナライズされた顧客体験を、最適なタイミングで提供できます。

ライフサイクル全体にわたって顧客に働きかける

先進的な製造業者は、カスタマージャーニー全体にわたって、新製品や製品発売、その他のプロモーションに関する最新情報を顧客に電子メールで届けています。新しい顧客を魅了するには、購入サイクル全体にわたって顧客エンゲージメントを強化する必要があります。Adobe Campaignを既存のCRM基盤と統合すれば、製造業者のマーケティングを強化する高度なLead-to-Revenueプラットフォームになります。

パーソナライゼーションと最適化

製造業者が自社のサイトで購入者とつながりを持つには、パーソナライゼーションを活用することが重要です。ストレスのないeコマース体験は、オンラインでの利用額と注文額を増やし、顧客満足度を高めるために役立ちます。オンライン製品ポータルでは、eコマースソリューションとシームレスに統合できるパーソナライゼーションや最適化が必要になります。Adobe Targetの最適化とパーソナライゼーション機能は、いくつかの世界有数の製造業者で利用されています。

製造業界のユーザー事例



世界的な電気機器メーカーPhilipsは、デジタルチャネルの展開を標準化することで、マーケティングの柔軟性と影響力を高めています。


民生用から産業用、公益用まで多彩な商品を製造するHenkelは、Webコンテンツの制作と展開を合理化するために、アドビのテクノロジーを活用しています。

エレベーター製造企業のSchindlerは、取引先に魅力的なデジタルエクスペリエンスを提供するため、アドビのソリューションを活用しています。

商談を優位に

見込み客の行動情報にもとづいた最適なコミュニケーションで、商談のステップを進めるには?「ハイテク企業にアドビがもたらす利点」をご覧ください。