訪日観光客を満足させる体験を提供する3つの提案

2018年06月26日



【POINT】

  • 訪日観光客の急増で旅行業界は大きなチャンスを迎えているが、日本人向け前提の体験ではそれに応えられない
  • 訪日観光客のニーズを充たすには、タビナカ(旅行中)へのサービス拡充、デジタル活用が急務である
  • 「想像力」「インサイト」「リアルタイム」という3つの側面からデジタルを活用することで、旅行業者は優れた体験を提案できる

 

【RESOURCE】

 

急増する訪日観光客。彼らを満足させる体験とは 

訪日観光客が右肩上がりだ。2011年段階では622万人にとどまっていたが、2017年には2,800万人へと急増。中でもアジア市場の伸びが著しく、各国の経済成長やビザ要件の緩和などにより、85%をアジアからの訪日ゲストが占めている。オリンピックイヤーの2020年には全体で4,000万人に増え、8兆円規模の消費がもたらされるという予測もある。
これは、旅行業界にとっても大きなチャンスだ。2017年の国内旅行市場に占める訪日観光客の割合は、15%。それが2020年には一気に30%へと拡大する。

一方、訪日観光客に「日本は魅力的な観光地だ」と感じてもらうには、まだまだ課題も多く残る。

国内旅行市場は、「日本人ゲストに快適な“休暇”を提供する」ことを中心に考えられてきた。たとえば日本の一般的な温泉旅館では、宿泊、食事、アクティビティ施設が備え付けられ、お土産も旅館内で買える。しかし海外では、宿泊とコト消費は分離され、自由に組み合わせられることが一般的だ。日本人前提の従来型スタイルでは、旅行者のニーズに応えにくい。

また、国による好みの違いも大きい。アドビのマニッシュ プラブネは、「インド人は、富士山ではなく、日比谷公園に行きたがるのです」と話す。1960年代、東京五輪直後の日本を舞台にした映画『LOVE in TOKYO』がインドで制作され、挿入歌「Sayonara Sayonara」とともに大ヒットしたのだという。その印象的なロケ地が日比谷公園だったのだ。

インドに限らず、日本人が文化的に近いと感じてしまいがちな中国、香港、台湾などでも、その行動に顕著な違いがある。彼らの滞在地をヒートマップ化すると、以下の図のようになるのだ。

マクロレベルでの国別差異

Vpon「アジアツーリズムとモバイル広告統計&トレンドレポート(2018年3月18日)」より引用

もちろん、国籍だけで旅行者個人のニーズを知ることはできないが、国別の傾向を計測できたなら、訪日を検討している顧客向けのキャンペーンに利用する価値が高そうだ。では、どうすれば旅行者個人のニーズをとらえ、彼らにとってすばらしい体験を提供できるのだろう。

…デジタルの活用が、その答えだ。

「旅中(タビナカ)」の市場への注力が急務

「旅中(タビナカ)」の市場への注力が急務

デジタル活用の前段階として、旅行にかかわるすべての事業者も変わらなければならない。従来の“温泉旅館型サービス”も、日本ならではの魅力だろう。しかし、このタイプを求めない訪日ゲストも多い。彼らは個別のサービスから自分好みを選び、自由に食事をとり、自由にアクティビティを楽しみたがっている。このようなニーズにこたえられるよう、サービス提供の方法を細分化する必要が出てくるのだ。

旅行業者は、マーケティングによって消費者の認知を獲得し、検討段階まで持って行く。受注すると手配を代行する。従来、多くの旅行業者はここで利益を上げ、その後はコストという考え方が支配的だった。

しかし、訪日ゲストの多くは、事前にすべてを手配するのではなく、旅をしながら計画を立てる。たとえば、1週間の東京滞在を予定していた訪日ゲストが、「富士山を見て、そのあと京都にも行ってみたい」と、急にプランを変更したとしても、それに柔軟に対応できなければならない。「タビナカ」で複数の計画と手配のプロセスを高速に回すサポートできるような仕組みが求められている。

タビナカ市場を狙うにあたっては、旅行者の行動圏が行政区分をまたぐことにも注意したい。広域地域連携で観光を促進するDMO(Destination Management/Marketing Organization)も生まれている。たとえば、瀬戸内海を囲む7県(兵庫、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛)が協力し、瀬戸内全体としての観光ブランドを確立する「せとうちDMO」が注目を集めている。あるいは、中部国際空港を基点に、伊勢神宮、名古屋、犬山、下呂、高山、富山、金沢、輪島を経て小松空港へと至る、昇竜道(ドラゴンルート)」の取り組みもある。

旅行業者としては、こうした取り組みと連携することに加え、独自の視点で「ゲストの奪い合い」ではなく、広域内での「融通し合い」につながるような提案を行っていくことができるかもしれない。

タビナカ市場において、デジタルができること

タビナカ市場において、デジタルができること

タビナカで、さまざまなものに興味を持ち、計画を立てる訪日ゲストたちに最適なサービスを提案するためには、「カスタマーモーメント」をつかむ必要がある。いまこの瞬間に、訪日ゲストが何をしていて、どんな感情を持っているのか。それをリアルタイムに理解し、何を必要としているのかを想像する。その上で、適切な提案を行い、サービスを提供するのだ。カスタマーモーメントは、時系列に積み上げていけば、そのままカスタマージャーニーになる。訪日ゲストが欲しているサービスや情報をリアルタイムに提供することに加え、類似するカスタマージャーニーから行動予測し、先回りして提案することも期待できる。

「想像力」「インサイト」「リアルタイム」という3つの側面からデジタルを活用することで、旅行業者は優れた体験を提案できる。


  • 「想像力」:すべての体験作りの基本。訪日ゲストの求めていることを想像し、提案する。提案内容は幅広く取りそろえておいた方がよい。絞り込むのはデジタルの得意とするところである。また、宗教や文化の違いなどからくるタブーも避けられる。
  • 「インサイト」:データ分析によって得られる。初めて会うゲストであっても、育ってきた文化や応対の履歴などから、その人個人の嗜好に見当をつけることができる。
  • 「リアルタイム」:カスタマーモーメントそのものであり、そこにインサイトの要素が加わる。デジタルを通して常にゲストに寄り添えば、ゲストが必要とするタイミングで、必要なサービスを提案できる。

これらは、顧客から「行動データ」という極めて個人的な情報を提供してもらうことで実現する。このとき、GDPRに代表される各種規制への対応など、旅行業者のプライバシー保護への取り組みも問われることになるだろう。

個人のライフスタイルに最適な提案を

個人のライフスタイルに最適な提案を

すでに国内市場でも、全体が同じものを楽しむ時代は終わり、個人のライフスタイルが重視される時代に入ったと言われている。マス向けのコミュニケーションが通じにくくなり、個人の状況を把握したうえでパーソナライズして提案することが一般的になってきた。

訪日ゲストへの対応という命題を通して、タビナカにトータルサポートを提供し、そこでも収益を上げられるモデルを構築する。それは、日本人ゲストにとっても魅力的なものを生み出せるだろう。

 

UNITE編集部


この記事を共有する: 

 RSS配信中:

関連資料

思いがけない冒険を:旅行を記憶に変えるリアルタイムインタラクション管理

人が旅行を検討するとき、欲しい情報を探すのは大変です。企業の側も、相手が旅を思い立ったその瞬間、適切な商品やサービスをアピールすべきです。優れた旅行体験を提供しつつ、ビジネス機会を拡げる方法を解説します。


おすすめ情報

アドビがお手伝いします

企業のデジタル変革は、組織横断の幅広い取り組みとなります。これには、新たな経営戦略、組織編成と人材育成、ビジネスプロセスの刷新、そして「顧客体験のための企業システム基盤」の構築などが含まれます。

アドビはこれまでも、グローバルで多様な業界のブランド企業のために、テクノロジーとサービスを提供してきました。それが、顧客体験管理(CXM)のためのプラットフォームであるAdobe Experience Cloudと、アドビコンサルティングサービスです。顧客インテリジェンスやDMP(データ管理プラットフォーム)、リアルタイムCDP(カスタマーデータプラットフォーム)といったデータ基盤の構築、パーソナライゼーションに欠かせない膨大なコンテンツを生成し活用するためのコンテンツ基盤の構築にご興味をお持ちの方は、アドビへご相談ください。