合成写真:スタジオ不要でリアルな写真に仕上げる

3Dテクノロジーによるリアル合成写真従来商用写真撮影常識くつます従来実写同様視覚インパクト強い写真ありながら商用素材制作サイクル高速コスト削減柔軟性大幅強化することできます。

山小屋風の部屋にモダンな暖炉が置かれた合成写真

合成写真とは


元々はゲームやビジュアルエフェクト使われきた手法ですが最新3Dテクノロジーによりビジュアルアセット新しい作成方法として注目ています高額スタジオ撮影代わり3Dベース素材マーケティング制作ワークフロー組みんでコスト削減従来では考えないほど短期間市場向けアセット作成配信する企業増えています。

 

IKEACoca-Cola、Target、Amazonなどブランド企業既に3Dテクノロジー柔軟性デザインコンセプトバージョン作成大いに活用ていますスピード効率大幅改善でき複数デザインマーケティング活動製品ブランド統一維持する立ちますこれブランド企業にとって規模大小重要課題です。

調理台とティーポットの3D合成画像

この画像がすべて3Dで作成されていることを見破れますか?画像:Ronan Mahon

合成写真基礎なる従来写真撮影作成画像ありカメラレンズを通して撮影現実世界画像ますしかし実際カメラレンズ使用すべてコンピューター作成ています3Dモデルマテリアル2Dグラフィック画像組み合わせ絶妙ライティングえて全体統一したものです合成写真正しく本物しか見えせんAdobe Dimensionからシーン構成できるバーチャルフォトスタジオようステージありマテリアル作成ツールあるSubstanceにより完成高いフォトリアルシーン完成デジタル領域のみ作成とうていない画像となります。

 

従来の写真撮影比べたメリット

 

合成写真正しく利用最終完成するまで自由柔軟性従来写真撮影より迅速マーケティングニーズ対応できますデジタル領域のみ構築することおよそ完璧製品ショット出来上がります手間かかる物理モックアップ作成作り直し必要ありませんアドビ3D & ARエコシステムれるアプリどれ従来比べ飛躍使いすくどの角度から表示レンダリングできるフォトリアルシーン作成できるためあらゆるマーケティングチャンネル対応する製造品質アセット作成できます実写ワークフローベンチマークではAdobe Dimension使用すると従来方式よりはるかに高速作成でき最終結果品質という判定でした。

キッチンカウンターに置かれた茶葉製品の合成写真

Lifted Kombucha John Godfrey作

デジタルオーディオワークステーションの合成画像

合成写真使ショット背景オブジェクト容易変更大小様々バリエーション作成できるため必要素材楽に揃えることできます作成した製品ショット背景キッチンカウンターコーヒーテーブルナイトスタンド換えどのようライフスタイル合わせることできますまた販売地域製品ショットパッケージ文字変えること考えます複数チャネルまたがるマーケティングチームテンプレートシーン共有デザイナー容易統一維持ながらチャネル柔軟写真更新できます新しいアングル新しいトリミング新しいカラーいずれやり直し不要クリエイティビティ可能性無限大です。

ウェブショップ商品360表示2D画像よりはるかに購買意欲沸くしょう様々アングル商品表示できるほか回転ズームインズームアウトリアルタイムできスタイルサイズカラー変更ワンクリックできます同じモデルインタラクティブAR体験応用商品身近置くどのよう見える視覚確認できます例えば家具扱うIKEAではまさにそのようIKEA PlaceというARアプリ提供ていますこれ使購入自宅リビングルームソファチェア「設置」し(スタイルサイズ)ぴったりおさまる確認できますAR活用企業商品紹介がかつてなく簡単(顧客とっても購入判断すく)一例すぎません。

3D合成写真によるベッドルームのデザイン

ベッドルーム:Pasquale Scionti

3Dダイニングルームのデザイン

ダイニングルーム:Ronan Mahon

独自の合成写真を一から作成する方法

ステップ

Adobe IllustratorまたはPhotoshop2D要素デザインます。
どちらのツール対応いるため必要2Dコンポーネント作成最適アプリ利用できます。Illustrator3Dオブジェクト配置するグラフィックロゴ作成最適Photoshopブランド画像既存写真編集ています。

ステップ

Substanceスイート使用3Dマテリアル作成ます。

様々マテリアル追加シーンすべてオブジェクト外観仕上げます。Substance Alchemist使用テクスチャパーナライズするSubstance Sourceパワフルライブラリから取得します。

ステップ

Dimensionでシーン構築します。

a)シーンに必要なオブジェクト3Dモデル配置します(例えば、シーンリビングルームあれば、ソファ、テーブル、照明など基本セット必要)。Dimensionにはモデルマテリアルライトライブラリありスターターアセットパネルからアクセスできます。さらに膨大種類素材揃うAdobe Stock参照またはその他ソースからモデル読み込むことできます。DimensionOBJAutodesk FBXSTLSketchUp SKPファイル形式サポートています。

 

b)PhotoshopまたはIllustrator作成したグラフィックロゴその他2D画像3Dモデルカールまたは塗りつぶしとして配置ます。次にイヤープロパティ調整思い通り外観にします。

 

c)シーン希望位置オブジェクト配置ます。様々カメラアングル試し最適ライトマテリアル調整します。次にシーン背景追加ます。スターターアセットまたは Adobe Stockから背景画像選択する持ち画像読み込みます。「画像から環境設定」を使用背景画像もとづくリアルライト自動的作成されます。または環境指向ライト手動調整すること 

ステップ

Dimensionから2Dと3Dのファイルを書き出し、共有します。

a)webサイト広告バーチャル製品ショールームなどマーケティングニーズ使用する最終ファイルとして画像書き出します次にInDesign読みんで印刷デジタルメディアレイアウトす。

 

b)webリンクまたはwebサイト埋め込むこと従来2D画像または3Dデザイン360ビュー(ブックマークしたカメラアングル付き)で共有公開ます。アセットAdobe Aero作成したAR体験応用でき製品現実世界重ねて表示する没入AR体験作成できます。無料Aeroアプリ使用従来まったく異なる方法デザイン見ることでき臨場ある体験ます。

ステップ

Photoshopアセット書き出します。

完成した画像ファイルPhotoshop読み込ん画像ピクセル単位微調整タッチアップ加え、フォトリアル仕上げます。

Adobe Dimensionを入手

グラフィックデザイナーのための3Dツール

まずは7日間の無料体験、その後2,180円/月(税別)