Lightroom vs Photoshop 画像編集ツールの使い分け

Adobe Photoshop Lightroom とAdobe Photoshop は両方ともパワフルな画像編集ツールです。それぞれのツールが何を専門にしているか把握して、編集作業が最適なものになるようにします。

Adobe Photoshop Lightroom と Adobe Photoshop のアイコンを画像

両方のツールを比較してみる

Lightroom とPhotoshop は両方とも、デジタル編集プログラムで、同じ機能を備えている部分もたくさんありますが、それぞれ違うニーズに応え、違う目的のために開発されました。コンピューターに収まっている、何千もの写真を管理して処理する場合、Lightroomが最適なツールです。Photoshopは、複雑なコントロールを専門にしていて、数枚の画像を最適な状態にするために幅広い編集をすることができます。どちらのツールを使うか、という決判断ではなく、処理後において、「いつ」どちらを使うか、あるいは両方を使うか、と言う判断になります。

Adobe Photoshop Lightroom で編集中の写真

Lightroomを使うのはいつか

Lightroomは、処理後のスタート段階で使用します。多くの場合、この ツールだけで何でも対応できます。Photoshop はさまざまな画像処理に対応していますが、 Lightroom は、写真の管理から仕上げまで、プロの写真家のワークフローに効率よく対応できるよう開発されました。

 

Lightroom Adobe Photoshop Lightroom Classic のどちらかを選択できます。Lightroom Classicは、コンピューターや外付けドライブに保存された写真用のデスクトップベースのプログラムです。Lightroomはファイルをクラウドに保存するので、ワークスペースを自宅からカフェへ、またはノートパソコンからタブレット、携帯電話へとスムーズに移動できます。

 

画像を管理する

Lightroom の重要な機能の1つに画像管理があります。多くの写真家は、大量の写真を扱うことができ、たくさんの作業を早くできるLightroom を最初から使っています。ライブラリのようなカタログでは、写真を効率的に整理、管理、検索することができます。出来の良い写真を特定するため写真の評価をし、アルバムやコレクションに収められている写真やプロジェクトを管理します。Lightroom には、探している写真を見つけるためのキーワードと検索オプションもあります。

 

編集機能

ファイルをインポートした後、それを現像モジュールに移動させて、写真を拡大し編集をします。ここで、設定を調整し、写真をあらゆる側面から改良していきます。光と色を調整し、遠近を修正し、画像をより鮮明にしてさらにクリエイティブな効果を加えれば、画像がいっそう引き立ちます。Lightroomのプリセットには時間を節約する機能があります。これは一括編集と呼ばれる同じ設定を1枚または多数の画像に適用し、作業を簡素化します。自分自身のプリセットを作るか、 Discovery Interactive Edits機能から豊富な種類のプリセットをダウンロードします。Photoshop を使うことなく、歯を白くし、赤目を無くし、肌の荒れを取り除くためのヒーリングブラシを使うことができます。

 

Lightroom では非破壊編集機能が使用されます。写真の元の状態を失うことなく変更を加えることのできる機能です。rawファイルで作業している場合は、編集作業中、元のデータを失わずに、rawファイルの特性である柔軟性を活用できます。同じことが、JPEGファイルをLightroom で編集するときにも言えます。 

Adobe Photoshop で編集中の写真

Photoshop を使うのはいつか

Lightroomは写真の整理と処理に重点を置いたツールですが、Photoshop は画像の操作、作成、調整に重点を置いています。Photoshop は、画像をピクセルのレベルで最適な画像にしたいときに使用します。写真を修正する人、美術愛好家、デジタルアーティストは、最初にLightroom を使うかもしれませんが、最終的にはPhotoshop を使ってほとんどの調整作業を行います。考え方として、Lightroomは写真に忠実に処理するツール、Photoshopは頭の中に描いている画像を創り出してくれるツールと言ってもいいかもしれません。

 

レタッチ

Photoshop にはLightroom と比べると、写真の外観とコンテンツを大きく変えることを目的とした編集ツールがあります。Content-Aware Technology により邪魔になる対象物を取り除くことができます。また、複数の写真を結合してシュールレアリズム画像、フォトリアルな画像を作成することができます。グラフィックデザインを作成する場合、画像、文字、ベクターグラフィックなどを組み合わせることができます。イラストの場合は、写真から想像して全く新しいものを作成することができます。Photoshop フィルターレイヤー、マスキング、変更コントロールは、画像編集のための基本的な機能を発揮します。

 

レイヤー

Lightroom の非破壊的ワークフロー同様に、Photoshop でもLayers and Smart Objects を使って非破壊的に作業をすることができます。元の画像の情報はそのまま維持されたままで、調整や修正のできるレイヤーとレイヤーのマスキングを使って画像を作成します。

 

色のレイヤー、ホワイトバランスを調整するレイヤー、曇り空のレイヤー、青空のレイヤーなど、たくさんのレイヤーを元の画像に重ねることができます。Lightroomの場合は統一の調整スライダーを使いましたが、レイヤーは学習曲線で表されます。これは処理後の作業に効果的な働きをします。

 

両方まとめて使用して効果を倍増する

Lightroom とPhotoshop の違いを知っていれば、一定のプロジェクトに最適な方を選ぶことができます。しかし、多くの場合、どちらか一方を選ぶことはありません。これら2つのプログラムは、両方をまとめてスムーズに使えるよう開発されています。Lightroomで写真を処理し、次にコマンド E またはコントロール Eを押して、Photoshopに移行させ、微調整を行います。

 

Photoshop Lightroom は両方とも高性能の写真編集ソフトウェアですが、これら以外にもまだあります。Photoshop には、多くのファイルタイプを管理するAdobe Bridgeや、Lightroom と同じく世界クラスの画像処理エンジンであるAdobe Camera Rawがあります。また、Adobe Photoshop Express Adobe Photoshop Lightroom を使えば、携帯機器で編集を行うことができます。Adobe Creative Cloud Photographyプランにある写真アプリをご覧ください。

 

Lightroom かまたは Photoshop かという選択は、プロジェクトの目的と個人的な好みによるでしょう。しかし、両方とも使用されることが多いようです。両方のプログラムの違いがわかりましたら、任意の写真を作成できるようワークフローを設定します。自分にとってどの方法が一番良いのかを知るには、楽しみながら編集処理の経験を積むと良いでしょう。

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

Adobe Photoshop の多彩な機能

Photoshop 使

その他のおすすめ…

プロファイルから始める写真編集

プロファイルから始める写真編集

編集第一歩として、またスタイリッシュ効果与えるために、写真プロファイル適用することす。

飛行機のプロペラの画像2枚

ローリングシャッター現象なしで撮影

ローリングシャッターは予期せぬ歪みを生み出します。この歪みを防ぐ、または修正する方法を学びましょう。

刀を持ったアニメの女性キャラクターのアクション撮影

アニメのスピードラインで、映像に漫画的なアクションを加える

ダイナミックに広がるモーションラインで、アニメーションに日本アニメ的アクションを加えます。

寿司を食べている男性のアニメーション

ロトスコープで現実をアニメ化

100年も前からあるこのテクニックの現代バージョンを学び、自分だけのアニメーションを作ってみましょう。

Creative Cloud

創造力を活用する

写真、動画、デザイン、UX、3DおよびARまで。Creative Cloudには、あらゆる想像力に応えるツールが揃っています。