顧客体験は常に最優先

Open Data Initiativeへの取り組み

顧客体験は常に最優先

アドビとマイクロソフト、SAPは共同で、Open Data Initiativeを設立しました。 この提携により、単一のデータモデルを使用して、あらゆるチャネルとデバイスからのデータをつなぎ合わせ、リアルタイムの顧客プロファイルを構築できます。今こそ、顧客体験管理(CXM)とはどうあるべきかを考え直す時です。

リアルタイムの顧客プロファイルを強化

ワールドクラスの顧客体験を提供するためには、顧客の行動、トランザクション、運用の各データをつなぎ合わせ、デバイスとチャネルをまたいで顧客が何をおこなっているかを把握する必要があります。そのためには、顧客体験管理を刷新し、CRMやERP、コマース、セールス、製品使用状況などのあらゆるデータをつなぎ合わせ、リアルタイムのアクションを可能にする包括的な顧客プロファイルを構築できる製品が必要になります。

Open Data Initiativeにより、組織全体でデータを利用できるようになり、また、Adobe Experience Platformでリアルタイムの顧客プロファイルを活用できるようになります。Experience PlatformとExperience Cloudを通じて、AI駆動型のインサイトとアクションに対応する単一のデータモデルを使用して、生データを構造化されたデータに変換します。

発表内容を見る

リアルタイムの顧客プロファイルを強化。

一般的なデータから、卓越した結果を生む

一般的なデータから、卓越した結果を生む

アドビとマイクロソフト、SAPは協力してOpen Data Initiativeに取り組み、システムごとに分断されているデータおよび断片化している顧客理解という、組織が直面している課題を解決します。UnileverはOpen Data Initiativeに賛同し、その価値の実現に取り組んでいます。すぐに使える継続的かつ連続性のあるデータおよびAdobe Experience Platformのリアルタイムの顧客プロファイルを利用して、ビジネスのイノベーションを加速し、CPG業界を大きく前進させています。


顧客体験のために構築されたデータ基盤

 

アドビは顧客体験管理のリーダーであり、Adobe Experience Platformは、次世代の顧客体験管理のための基盤となります。Adobe Experience Platformは、あらゆるデータをつなぎ合わせて補完する、オープンかつ拡張可能な基盤です。リアルタイムの顧客プロファイルを作成し、セグメント化をおこない、あらゆるチャネルをまたいで大規模に、パーソナライズされた革新的な顧客体験の提供を可能にします。

Adobe Experience Platformについてさらに詳しく

Open Data Initiativeの設立パートナー

3社の提携により、新たな扉が開きました。データと顧客体験を再定義するパートナーを求めています。

アドビ

アドビは、ワールドクラスの顧客体験を実現するためにゼロから構築されたAdobe Experience PlatformおよびAdobe Experience Cloudを使用して、顧客体験管理を再構築しています。

詳細を見る >

SAP

SAPは、顧客データとマシンラーニング(機械学習)、マイクロサービステクノロジーを組み合わせ、セールス、サービス、マーケティング、コマースなどをまたいだリアルタイムの顧客体験を強化します。

詳細を見る(英語) >

Microsoft

マイクロソフトは、Dynamics 365のデータをさらに活用し、Power BIで新たなインサイトを発見して、Azure Initiative準拠サービスを利用した新たなアプリケーションの構築を支援します。

詳細を見る(英語) >

関連情報

Adobe Experience Platformが

お客様のビジネスに

どのように役立つのかを

ご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。