卓越した小売体験で成功を収める

小売事業者にとって重要なことは、ただ購入してもらうだけではなく、顧客を理解していることを伝えて感情的なつながりを構築することです。成功を収めている小売事業者は、あらゆるチャネルで卓越した顧客体験を提供し、常に顧客とのつながりを構築しています。そのために注力しているのは、データの効果的な利用、優れたコンテンツの制作、AI(人工知能)の活用です。

Adobe Summitで顧客体験を見直す

11トラックにわたる400を超えるセッションを通じて、顧客体験に関するベストプラクティスと専門家によるアドバイスをご紹介します。

AIへの取り組みの成熟度


AI(人工知能)に関しては、他のテクノロジーに類を見ないほど、過大な期待が抱かれています。しかし、小売業界では、その期待に夢を膨らませるまでには至っていません。最近のForresterの調査によると、一部の小売事業者ではAIへの取り組みが進んでいますが、ほとんどの企業ではまだ初期段階にあることが明らかになりました。実際に、調査対象企業の64%がAIについて、「検討するには複雑すぎる」と回答しています。

大規模なパーソナライゼーションを実現


消費者が期待するパーソナライゼーションと、大半の小売業者が提供している顧客体験との間にはギャップがあります。コンテンツ制作の自動化からコンテクストに即したリアルタイムの最適化に至るまで、業界をリードする小売事業者が大規模なパーソナライゼーションを実現して、どのように顧客の期待に応えているのかをご確認ください。
大規模なパーソナライズに関するアドビの視点

コンピューターのモニター

小売業界における、見逃すことのできない顧客体験とROIの関係

Forresterの調査によると、顧客体験を重視している小売事業者とそうでない事業者を比較すると、ブランドの支持者が増加する割合の差は、1.6倍にも達しています。同様に、ブランドエクイティに関する指標でリーダーになる可能性の差は、1.8倍を示しています。これらは、顧客体験における先進企業が競争で優位に立っていることを示す、数ある例の中のふたつに過ぎません。

Foot Locker

 

「顧客のデジタルに対する成熟度が高まり、オンラインと店舗を区別することなく同様の顧客体験を求めていることに気が付いた時、当社のデジタル変革が始まりました」

Pawan Verma氏Foot Locker、エグゼクティブバイスプレジデント、インフォメーション&カスタマーコネクティビティ担当責任者

数年前、Foot Lockerは取引額からカスタマージャーニーに重点を移しました。それ以来、同社のデジタル変革は、テクノロジーとデータの統合、アジャイルなプロセスの導入、社内文化の変革、採用する人材のタイプの変更など、あらゆる面に及んでいます。

顧客体験の最適化が小売ビジネスに力を与える


顧客は過度な売り込みを望んでいません。自らのことを認識し、オンラインでも店舗でも、あらゆる接点で適切に対応され、自らの意思が尊重されることを期待しています。あらゆるやり取りが容易であることを望んでいるのは、言うまでもないことです。それを実現するためには、適切なテクノロジーとデータ、リアルタイムのショッピング行動からのインサイト、そしてそのインサイトにもとづいてショッピングエクスペリエンスをパーソナライズする機能が必要です。

アドビが小売事業者のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

アドビがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。