Premiere Elements製品比較

Premiere
Elements 14

Premiere
Elements 15

Premiere
Elements 2018

Premiere
Elements 2019

すぐに使い始める

ホーム画面
  • 起動するだけで作品を自動生成(Adobe Sensei AI)
  • 機能紹介、アイデア、ヘルプ、チュートリアル
  • 最新機能を確認して興味のあるものをすぐ試す
新機能
さらなる高速パフォーマンス
新機能
VFR、HEIF(macOS)、HEVC(macOS 10.13以上)のサポート
新機能
インストールの高速化
新機能
タッチ対応クイック編集

写真とビデオをすっきり整理し、すばやく検索

撮影場所、イベント、アルバム、お気に入りなどの組み合わせにもとづく検索

以下にもとづくビデオの検索
  • 撮影場所*
  • イベント
タグ

すばやく簡単に編集

新しく再設計されたクイック編集モード
強化機能
ビデオ素材からとっておきの瞬間を静止画として自動抽出するスナップ写真の場面機能(Adobe Sensei)

ビデオのベストシーンを自動的に検出するスマートトリミング(Adobe Sensei)

複数のビデオと写真を組み合わせたビデオコラージュ
かすみの除去
音楽の自動リミックス
パン、ズーム、自動トリミングでの自動顔検出
手ぶれの自動補正
テーマに沿ったムービーを自動的に作成

ステップバイステップのガイド付き編集

窓ガラス効果
新機能
ルミナンスフェードトランジション
新機能
モーションタイトル入りのフリーズフレーム
バウンスバック(再生・逆再生)エフェクト
アニメーションを付けてソーシャルサイトに投稿*
アクションカメラの映像を補正
調整レイヤー
選択したカラーのみ強調スローモーションファストモーション

スタイリッシュなエフェクト

モーショントラッキング
アニメ風のタッチグラフィックトランジションアニメーションタイトル、モーションメニュー、本格的なクレジットロール

高度な編集オプション

4Kの編集と表示*
高DPIとRetinaディスプレイのサポート
50以上の楽曲と250以上のサウンドエフェクト
オーディオのバランスを自動設定、オーディオを簡単に修復、カラーを調整、ビデオから被写体を抜き出して別のビデオに合成

最適なプレビュー方法を選ぶ

起動するだけでスライドショーやコラージを自動生成(Adobe Sensei)
新機能
ワンクリックで作成できるダイナミックスライドショー
4Kを含むマルチフォーマットの書き出し**
最適な書き出し設定を自動で表示
アニメーションGIF
VimeoYouTubeで共有*
DVD作成
Windows版のみ
* 本製品は、アドビまたはサードパーティのオンラインサービス(以下「オンラインサービス」という)に連携またはアクセスできる場合があります。オンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件およびアドビのプライバシーポリシー( www.adobe.com/go/terms_jpを参照)に同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。サポート対象の4Kカメラは、GoProHero 4 Black、Samsung S8、DJI OSMO X3、DJI Mavic Pro、DJI Phantom 4、iPhone 8+、iPhone Xです。