任意のプラットフォームやモバイルデバイスからグローバルな聴衆に向けてリッチで魅力的なコンテンツを配信

Adobe Technical Communication Suite(2015リリース)は、コンテンツ開発者には欠かすことのできない、優秀なツールキットです。双方向XML/DITAコンテンツのオーサリング、トレーニングモジュールやビデオプレゼンテーションの作成、専門家やレビュアーとのシームレスな連携を簡単に実現し、多彩なモバイルデバイス、フォーマット、プラットフォームへ自由に動的なコンテンツ体験を配信できます。

 
 
FrameMaker

双方向のテクニカルコンテンツのオーサリング、モバイルデバイスへのパブリッシングを容易に実現

 
Adobe FrameMaker(2015リリース)は、双方向のテクニカルドキュメンテーションに適した総合ソリューションです。複数のモバイルデバイス、フォーマット、プラットフォームにネイティブでパブリッシュでき、クラス最高のXML/DITAサポートでオーサリングできます。専門家とシームレスに連携し、主要CMSとの統合を利用してコンテンツを管理できます。
 
 
 

多彩なプラットフォームやモバイルデバイスにパーソナル化したコンテンツを配信可能

 
Adobe RoboHelp(2015年リリース)では、機能性の高いヘルプやポリシーコンテンツを多様なモバイル機器、フォーマット、プラットフォームへ配信できます。コンテンツをモバイルアプリとして、あるいはHTML5、EPUB3、KF8、MOBIにパブリッシュできます。動的コンテンツフィルターにより、ユーザーは関連コンテンツをよりすばやく検索できます。リボンUIで作業の生産性が向上します。
 
RoboHelp
 
 
Captivate

あらゆる種類のeラーニングをエンドツーエンドで作成できます。あらゆるデバイスに。

新しいAdobe Captivate 9があれば、あらゆる種類の、人目を引き、学習効果の高いeラーニングを作成できます。単一のツールでストーリーボードから応答性が高いeラーニングまでシームレスに作成できます。25,000点以上のアセットが取り揃えられた独自のアセットストアを覗いて、コンテンツを豊かにしましょう。デスクトップとモバイルデバイスの両方で、シームレスに動作する優れたコースを作成できます。

 

 
 

場所を問わない、PDFによるトータルソリューション

 
場所を問わずにPDFを作成、レビュー、編集して、すばやく、スマートにコラボレーション
 
Acrobat Pro DC
 
 
Presenter

かつてないほど手軽なビデオ作成

 
Adobe Presenter 10 なら、受動的コンテンツをHDビデオに変換して、話題のビデオ共有サイトに投稿するのも簡単です。何の変哲もないPowerPointのスライドにリッチなアセットやクイズを加え、HTML5を駆使してデスクトップやタブレットに配信できます。
 
 

 

業界のプロたちがTechnical Communication Suiteの最新リリースを楽しみにしている理由をご覧ください。

「Adobe Technical Communication Suiteには、Adobe FrameMakerやAdobe RoboHelpのコンテンツを検索できる動的コンテンツフィルタリングなどの新機能が導入されていますが、このような機能はドイツの産業において特に要望の高かったものです。これらの機能は、第四次産業革命「インダストリ4.0」の推進に大きく貢献します」
—Dieter Gust氏(ITL社、監査委員会メンバー、研究開発委員長)
「Microsoft WordをAdobe FrameMakerに読み込める機能は、私たちにとって革新的なものです。以前のコンテンツを読み込んで、Adobe FrameMakerのさまざまな機能を活用する操作を、スタイルのマッピングと変わらないほど簡単に実行できるようになりました。さらに、Adobe Technical Communication Suiteの一部として使用すると、Adobe FrameMaker、Adobe RoboHelp、Microsoft Wordの3製品を自由に行き来できるようになりました」
—Colum McAndrew氏(RoboColum(n) Consulting社)
「Adobe Technical Communication Suiteの2015リリースには、新機能の導入、ユーザビリティの強化、そして革新的な開発がすべて詰め込まれています。更新には、RTL(右から左)言語のクラス最高レベルのサポート、DITA 1.3のサポート、簡素化されたXMLオーサリングなどが含まれています。また、iOSとAndroidですぐに使えるネイティブアプリパブリッシングも含まれています。これは、1-2-3のように簡単に使うことができます。さらに、ユーザーインターフェイスも大幅に機能拡張されました。このように、アップグレードの理由を挙げたらキリがありません」
—Stefan Gentz氏(TRACOM社、CEO)
 
すべてのレビューを読む ›


 

Technical Communication Suiteを活用して競争優位を実現したお客様事例をご覧ください。

 

Robohelpを活用して競争優位を実現させたお客様の事例

 

Robohelpを活用して競争優位を実現させたお客様の事例

 

大手会計ソフトウェアメーカーは、Adobe Technical Communication Suiteを使用して、テクニカルドキュメントおよびオンラインヘルプの開発期間を大幅に短縮しました。

テクノロジー業界のリーディング企業では、Adobe Technical Communication Suiteツールキットを使用して、質の高い学習教材を効率的に作成しています。

航空産業界のスペシャリストは、Adobe Technical Communication Suiteを使用して複数のスクリーンやデバイス向けの規制マニュアルやテクニカルドキュメントを発行しています。
 
すべてのユーザー事例を見る >
 

 

機能性抜群のツール、卓越したサポート

 

「アドビテクニカルコミュニケーションカスタマーサポートに問い合わせましたが、迅速で簡単でした。 すばやい回答してくれるのはすばらしいですね」
—Russell Rollins氏(DHL Express社、トレーニングおよびドキュメントスペシャリスト)
「テクニカルコミュニケーションカスタマーサポートチームは知識が豊富でアプリケーションの使用方法を熟知しています。 私のサポート連絡先は粘り強くソリューションを見つけてくれ、私がインストールやアンインストールを実行している間、辛抱強く待っていてくれました」
—Carol Winslow氏(有名サウンドエンジニアリング会社、シニアテクニカルライター)
「テクニカルコミュニケーションサポート担当者のサービスはすばらしいです。 私の担当者は礼儀正しくて辛抱強く、問題が完全に解決するまで長時間付き合ってくれます。 たくさんの問題を抱えていましたが、助けていただいて感謝しています」
—Olha Hirka氏(The Men's Wearhouse社、シニアテクニカルライター)
 
アドビテクニカルコミュニケーションカスタマーサポートに問い合わせる ›