OCRで時間を節約

OCRテクノロジーを使ってマニュアルデータの入力を簡単にします。スキャンした文書から編集可能なPDFへ自動的に変換します。

OCRソフトを使って携帯電話で文書をスキャンする人

OCR ソフトに変換

 

現在はデジタルの世界になっていますが、変換作業はまだ完全にデジタル化されていません。小規模会社の経営者、フリーランサー、在宅事業者など、多くの人が依然として紙文書を使っています。紙文書をデジタルのワークフローで使うためにスキャンするのは、時間がかかります。しかし、OCR テクノロジーを使えば、変換を効率的に処理でき、使いやすいデジタルファイルができあがります。

 

OCR とはoptical character recognition(光学式文字認識)の頭文字で、これは紙に印刷した文書をデジタル画像のファイルに変換する技術です。スキャンした文書を機械読取り可能なPDFファイルに自動的に変換するデジタルのコピーマシンで、変換されたデジタルファイルは編集、共有が可能です。

 

スキャンした文書をPDFに変換

タブレット、携帯電話、ノートパソコンのグラフィックに表示されるAdobe Acrobat DCのOCR機能

光学式文字認識ソフトの機能

 

山積みされた紙文書を入力するのは、まるで悪夢のようです。しかし、Adobe Acrobat のようなOCRソフトを使えば、夢のような自動変換を実現できます。

 

スキャンした文書をアップロードするだけで、すぐに元のファイルと全く同じフォーマットで変換し、文字を転記します。フォントを元の文字に合わせて生成するので、元の文書とフォントが一致するかどうか、心配する必要はありません。元の文書が手書きであっても大丈夫です。

 

JPG や TIFFなどこれまで編集したことのないファイルでも、OCRテクノロジーなら、どのファイルも全て変換し調整します。OCR機能のあるAcrobat は、文書をアーカイブにすることができます。コピーはクラウドで確実に保存されます。テキスト検索機能や、ユーザーアクセスコントロールといったスマート機能があり、機械読み込みのできるフォームであればすぐに必要な情報を素早く簡単に検索することができます。

 

OCR を使えば時間が節約できるほか、経費や労力も節約でき、しかも環境に優しい方法で作業を進めることができます。大きくて高額のスキャナー、乱雑なファイルキャビネットはもう過去のものです。自宅が仕事場として使用することが多くなってきていますが、OCR のようなツールがあれば仕事場を広く使うことができます。

 

 

さらにOCR でできること

 

OCRアプリには、ワークフローの改善だけでなく、日々の生活で使用できる、便利な機能が幅広く備わっています。

 

視聴覚障害のある人が使用できる機能として、OCRソフトはスキャンした文書から文字を識別し、指示に従って自動的に音声で読み上げます。

 

OCR はまた、失読症などの症状を持つ人の学習を補助します。OCR は世界中の教育の現場で使われています。リモート学習のクラスで、学習が困難な学生さんをもつ教員には、OCR の明瞭で効果的なコミュニケーションが役に立ちます。

 

OCR には言語の壁はありません。カスタム設定をしておけば、画像ファイルの文字を探知して、ポルトガル語やタガログ語など別の言語に翻訳します。作業の範囲を広げ、どこでも他の人たちとコラボレーションをしましょう。リアルタイムで海外からのフィードバックが届きます。

OCR技術で文書を携帯電話にスキャンしPDF化するグラフィック

Adobe Scanで連絡先リストをまとめる

 

Adobe Scanで大切な連絡先情報を保存します。Rolodex などの名刺をバーチャルの技術でデジタル化します。いくつかの簡単な手順を踏めば1ヶ所にまとめることができます。

 

名刺をアップロードした後、文字検索機能を使って簡単に名前、電話番号、Eメールアドレスを検索できます。クラウドストーレージでは、全ての文書が暗号化、バックアップされます。文書が見つからなくても、心配する必要はありません。

 

 

Acrobat DCのOCR ソリューションでビジネスの問題を解決する

 

文書で1度Adobe Scanを使用すると、Acrobat がOCR機能を使って画像を分析します。以前にスキャンした古い文書も、機械読み込み可能な文字に変換することができます。

 

ファイルを変換した後は、次に実行したいことをオプションから選ぶことができます。1つのPDFファイルに複数のファイルを結合したり、Microsoft Excel のスプレッドシートをPDFに変換したりするなど、1つのファイルを別の形式に変換することも可能です。Microsoft Word など他のソフトと統合することで、新しいPDF文書を別のワークフローにスムーズに書き出し、共有することができます。変換作業が終了しましたら、他の従業員に文書での電子署名を要請し、彼らにデジタルでその文書を送るなど作業の進行状況を確認します。

その他のおすすめ...

タブレットのデバイスを持ってカウンターに寄りかかっている人

小規模企業の経営者がアプリを活用する

いかにAdobe Acrobat が小規模企業の成功に貢献できるのかを知る

机の前に座ってノートパソコンで文書をチェックしている人

ホーム文書管理ソフトウェアで確実に管理する

ホーム文書管理システムを使って、ホームオフィスをすっきりと整理整頓しましょう。 

机でノートパソコンを使っている人

ワークフローの自動化で仕事をスムーズに進める

ワークフローを自動化し、時間を節約して生産性を素早く、簡単に高めましょう。

タブレット、携帯電話、ノートパソコンで、PDF 文書を編集しているグラフィック

PDF の概要について

PDF文書はビジネスの世界を変革し続けます。自分の仕事はどのように変革できるでしょうか。

エンド・ツー・エンドのデジタルプロセスを進める方法

Adobe Document Cloud なら、いつでもどこでも作業を進めることができます。