水墨画風アートの描きかた

水墨画は、繊細さと大胆さの両方を表現できる古典的なアートスタイルです。この技法をデジタルツールでどのように描いていくか、その方法を探ります。

霧に包まれた木々の水墨画

水墨画をはじめとするインクアートの特徴

鉛筆は消しゴムで消すことができます。水彩画なら描き直すことができます。しかし、墨は紙に描かれると永久に残ります。乾いてしまうとなおさらです。しかし、デジタルツールなら、たとえ墨であっても元に戻すことが可能です。デジタルペンとデジタルインクの時代が到来したことで、アーティストはクリエーションの限界をさらに広げることができるようになりました。

 

画材とツールの選択

デジタル水墨画の世界に入る前に、水墨画の道具を理解することが重要です。「墨を使って筆で描くことは、ボールペンを使用することとは大きく異なります。しかしどちらもインクで描くことには変わりません。墨は非常に幅広く使える画材なので、試さない手はありません」(アーティスト/Jon MacNairさん)。デジタルツールなら、ソフトさえあれば、インクペン、マーカー、ブラシなど、さまざまな道具と画風を自由に選択できるのです。

 

使Kyle T. Webster使調使Adobe Fresco

 

水墨画やインクアートのテクニックを探求する

「ペンの扱いかたが上達する最速の方法は、ミスにとらわれないこと、そしてすべての線を完璧にしようと思わないことです」(アーティスト/Violet Reedさん)。水墨画は練習こそが最良の近道です。特にデジタル描画ツールの使いかたを習得する段階では、最初に描いたものにこだわりすぎないないようにしましょう。デジタルなら、あとでいつでも調整できます。水墨画の古典的な作風である、強くて暗いアウトラインを練習しましょう。影の表現も水墨画の表現では大切なポイントです。

抽象的な水墨による滲みと筆払い

クロスハッチングに挑戦

Adobe Photoshop 、Adobe Illustrator

 

点描で腕試し

使使

点描画法を利用したワイングラスとワインボトルの水墨画

思い切って飛び散らせてみる

紙に墨やインクで描くと、自然と飛び散ったりするものです。

墨を跳ね飛ばした作品

水彩技法を試してみる

使さまざまなデジタルブラシを使用して 、

インクウォッシュ技法を待ちいた青のグラデーション

実際のインクアートを見る

Behance

 

  • 有機的な形と明確なコントラストを実現した水彩技法作品

 

「間違えてもいいことがわかり、苦手意識が消えると、インクで描くのが急に、とても楽しくなります。そして間違いと思ったものが最終的にとてもよく見えるということにも気づくことでしょう」(イラストレーター・インクアーティスト/Jung Hu Leeさん)

その他のおすすめ

踊っている人物の簡単なデッサン

絵の描き方入門

プロのイラストレーターのアドバイスに従って絵を練習し、スキルを磨きましょう。

鉛筆で描かれたニューヨークの街並み。

鉛筆画をはじめよう

多くのアーティストはまず鉛筆デッサンを学びます。この基本の技法を活かして作品を美しく仕上げましょう。

絵本『Tarzan Of The Apes』の表紙デザイン。

絵本イラストの作家になるには

競争の激しい児童文学のイラストレーターになるためのアドバイスを紹介します。

ロゴの作成とデザインのベクターイラスト

ロゴ作成の基本ポイント

ブランドイメージをカタチにする作業を技術とデザインの両面から掘り下げます。

Adobe Frescoを入手

どこにいても絵を描ける喜びを再発見