Adobe PhotoshopでSVGファイルをPNGに変換

Photoshop をコンバーターとして使い、数回クリックするだけでSVG PNG に変換する方法を学びましょう。

カラフルな背景上のSVGファイルアイコンとPNGファイルアイコンのグラフィック

SVGファイルとは?

SVGは scalable vector graphics(サイズ変更可能なベクターグラフィック)の頭文字です。これはサイズ変更が可能なオープンフォーマットのファイルで、XML(Extensible Markup Language:拡張可能なマークアップ言語)でグラフィックを定義します。サイズ変更可能ということはつまり、SVGグラフィックは、サイズを大きくしても小さくしても画質を損なわないという意味で、そのためWebで画像をシェアする時によく使われます。

 

SVGはベクターグラフィックの形式であるため、Photoshop は画像がインポートされた時に自動的にファイルをラスター画像に変換します。Adobe Illustratorを使えば、ベクター画像の形式のままで作業を続けられます。

 

PNGファイルとは?

PNGとは、portable network graphics(ポータブルネットワークグラフィック)の頭文字です。PNGは、可逆性データ圧縮ができるラスターグラフィック形式です。そのため、圧縮データから元のデータを完全に復元することができます。PNG はラインドローイング、テキストファイル、簡単なグラフィックに最適です。 

 

PNG はラスターグラフィック のファイルタイプで、サイズが小さく、システムメモリーの使用量も少ないので、SVG より速く読み込むことができ作業が簡単になります。短所は、サイズを大きくするか、小さくした時に画質が損なわれることです。元のファイルより大きなサイズでPNGファイルを使用すると、ピクセルが現れてきます。

Adobe Photoshop を使って SVG画像をPNG 画像に変換

SVG からPNG に変換すると、非可逆性圧縮ができ、画像の解像度を保持でき、ファイルサイズを小さくできます。Photoshop を使って、大きなファイル形式を小さなファイル形式に素早く変換し、使いやすいグラフィックのタイプにしましょう。

 

SVGからPNGに変換するには以下の手順を踏みます:

手順

PhotoshopでSVGのファイルを開きます。すると、SVGファイルが自動的にラスター化されます

手順

ファイルをクリックします

手順

「エクスポート」を選択します

手順

「エクスポートの形式」をクリックします

手順

ドロップダウンメニューからPNG形式を選択します

手順

画像サイズとキャンバスサイズを必要に応じて調整します

SVGをJPG、XML、GIFといった形式に変換したい場合も同様の手順を踏みます。

より高品質な画像とより高機能の編集

ファイル形式の変換は、Photoshop を使ってできる編集と調整のほんの一部の機能に過ぎません。ファイルサイズの変更、視覚的な要素の追加、フィルターの使用、画像サイズの変更、SNSに使うための最適化など、さまざまな方法を試してみましょう。 Photoshopを使えば、ほとんどのファイル形式でどのような作業もできます。

Adobe Photoshop の多彩な機能

Photoshop 使

その他のおすすめ...

JPG から TIFF へ変換

JPG から TIFF へ画像を変換


Adobe Photoshop で画像ファイルを JPG から TIFF に素早く変換する方法を学びます。

TIFF から JPG へファイル変換

TIFF 形式を JPG ファイルへ変換
画像ファイルを TIFF から JPG へ変換する方法と変換する時について理解を深めます。

TIFF から PNG へファイル変換

TIFF ファイルを PNG 形式へ変換する方法

Adobe Photoshop TIFF から PNG に画像を変換する方法を学びます。

PSD から PNG へファイル変換

PSD ファイルから PNG へ変換

Adobe Photoshop PSD から PNG に画像を変換する方法を学びます。

お気に入りのCreative Cloudプランをお選びください