ビジネスプロフィール写真の撮り方

ビジネス用のプロフィール写真には、その人の能力、自信、人柄が表れます。良く撮れている顔写真は企業の信頼を生みます。人々を魅了するプロフィール写真の撮り方を学びましょう。

ビジネスプロフィール写真用にポーズをとるスーツを着たモデル

職業用顔写真とは?

顔写真はポートレート写真の一種です。他のポートレートと同様に、顔写真もその被写体について語っているものです。職業用顔写真は、その人の仕事からもたらされる自信、能力、個性がさらに強調して表現されます。

「最近は、良い顔写真が握手の代わりになっているような気がします。オンラインでも、その人の信頼を創造し個性を伝えるための表現になります」(写真家/アーロン・ルーシー)

業界を問わず、ほとんどの人に、顔写真は必要です。企業のウェブサイトには大抵、「会社概要」のページがあり、そこで従業員が紹介されています。LinkedInで仕事を探している人や、新たなコネクションを築こうとしている人々にとってもプロフィール写真が必要になります。俳優であれば、顔写真で新しい役が回ってくるかもしれません。

ビジネスプロフィール写真用に階段の前で笑ってポーズをとるモデル

歴史ある企業の社長から駆け出しの新入社員まで、誰もが自身の能力と個性を示す必要があります。顔写真は良い印象を与える手段であり、仕事のプロとして自らを最高の状態に見せるためには投資が必要になります

 

個人的顔写真と企業用顔写真の違い

良い顔写真と質の高い企業用顔写真には多くの類似点がありますが大きな違いは、企業用顔写真には技術的にも美的にも同じ会社で働いている人々ということでどこか統一された要素がある点です。

「一貫性が重要で、色のバランス、背景、構図などすべてになければいけません」(アーロン・ルーシー)

特に重要なのは、企業用顔写真はウェブサイトやその他の公的なコミュニケーションの場で使われるため、企業ブランドの見た目やスタイルを正確に反映させることです

横向きでポーズをとるモデル
横向きで笑顔でポーズをとるモデル

企業用顔写真の撮影を始める前に、社員全員が同じ方向を向いているか、似たようなポーズをとっているかを確認します。

「全員が体を正面に向けていてもいいですし、肩を右か左に向けていてもかまいません。ポーズはクライアントと相談して決めてください」(写真家/チャーリー・エイブラハムズ)

顔写真の撮影

 

ほとんどの企業には、一貫性と経費の節約のために従業員の顔写真の撮影を同時に行いたいという意向があります。これはプロの写真家が、効率的かつテンポ良く撮影できることにつながります

撮影日には、柔軟な対応ができるように準備をしておきましょう。企業用顔写真は、数日間で何十人も撮影しなければならないので、それに合ったスケジュールや撮影プランを立てます。タイミングは人それぞれで、すぐにポーズを取れる人もいれば、多少時間がかかる人もいるからです。

「私の場合、最高の結果をもたらす撮影時間はせいぜい30分です」(チャーリー・エイブラハムズ)

それが何事にも柔軟に対応できる十分な時間といえます

撮影は勤務時間中であるため、会議や突発の案件、予期せぬ業務が入ることを念頭に入れておかなければいけません。

「ほとんどの場合、スケジュール通りにはいきません」(チャーリー・エイブラハムズ)

それでも、順調に撮影を行うためにはスケジュールを立てておく必要があります

顔写真撮影における技術的な部分は、写真家の手法によって大きく異なります。共通して言えることは、狭い環境が適しているということです。

「使用するレンズはだいたい80~120 ミリで、これが撮影者と被写体との距離になります。被写体とコミュニケーションが取れアイコンタクトができるくらい近づいたほうが良いですが、あまり近づきすぎると威圧感を与えてしまいます」(アーロン・ルーシー)

被写体正面にハイライトを当て、後方から弱い光を当てる照明をおすすめです。

「通常は、キーライトと呼ばれる三角形のライトをメインの照明に使い、これを人物の頭に当てます。その反対側にキッカーライトという照明を置けば、輪郭をより明確にすることができます」(チャーリー・エイブラハムズ)

暗い照明のムードのある写真は個人用のポートレートには向いているかもしれませんが、企業用顔写真に求められる照明は、将来の雇用主やクライアントに引き合わせられるような明るいものでなければなりません。

顔写真やポートレートの写真家にとって大切な必要なシンプルな道具のひとつに、被写体がその上に立つ木箱があります。

「被写体の人が来るまでは、その人の身長はわかりません。155センチの人もいれば、190センチの人もいます。その都度、照明を動かしたくはありませんから」(チャーリー・エイブラハムズ)

右向きでポーズをとるモデル
笑顔でポーズをとるモデル

被写体との接し方

顔写真を撮る写真家は、被写体をカメラの前でリラックスさせなければいけません。撮影場所が屋外であってもスタジオであっても、被写体が到着するまでに背景、ストロボ、その他全ての機材を準備しておく必要があります。そうすれば撮影では被写体に集中できます。

 

「被写体が撮影部屋に入ってきた時点で、もう技術面での心配はしません。被写体とのコミュニケーションに専念します。私は見た目だけではなく、その人の個性も写し出したいのです」(アーロン・ルーシー)

 

プロの顔写真の写真家は、被写体のことをすぐに見極めてリラックスさせ、その人の最も良い部分を引き出すスキルを持っています。これは、企業のオフィスで行なうような忙しい撮影の場合、特に不可欠なスキルです。

 

「被写体と接する上で重要なのは、撮影中、常にコミュニケーションを取るんです。その人の本当の表情を引き出すためには、ただ座ってもらい『微笑んで』というだけではいけません。それでは、心からの表情は写せません」(チャーリー・エイブラハムズ)

 

撮影中は、写真以外のことを尋ねるようにします。被写体が表情や外見を気にしているうちは、本当の姿は見えてきません。

 

「撮影中は、被写体に自分が何をしているのかを忘れさせ、何か別のこと考えてもらうようにしています。私は撮影前の数分間、彼らと話すようにしています。好きな観光地はどこかなど、どんなことでもかまいません。普段の自分に戻れるような話題を投げかけるのです」(アーロン・ルーシー)

企業用顔写真のためにポーズを取っている人

撮影後のフォローアップ

撮影後は、何百、何千枚という写真の整理をしなければいけません。クライアントに大量のRAW画像 データを送った場合、対応不能になってしまいますので、良く撮れている代表的な写真を選びます。

「私は編集して良く撮れている写真を15~20枚選びます。あまり多くの写真を送ると、クライアントが混乱してしまうからです」(アーロン・ルーシー)

 

レタッチに関しては、軽めに行うべきです

「仕上がった写真がレタッチのしすぎに見えたら、それは問題です」(アーロン・ルーシー)

 

顔写真撮影のためにプロの写真家を雇った企業は、成長やブランド更新の際に、再度同じ写真家を求めるかもしれません。質の高い仕事をして、その企業と良い関係を保っていれば、再度、顔写真撮影を依頼されるチャンスが生まれます。

 

「全ての顧客との関係を把握できる管理ツールを持ち、Eメールを送ったり、優れたプレゼンテーションのテンプレートを使ってフォローアップしたりするようにしましょう」(チャーリー・エイブラハムズ)

企業用顔写真の撮影では、写真を納期までに提出し、クライアントとコンタクトを取り続けることに加え、自分自身がプロに徹するべきです。

 

質の高い写真を撮るプロの写真家としての特性が備わっていれば、CEOのポートレートであれ、従業員の顔写真であれ、良い作品を作り上げることができるでしょう。

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Adobe Lightroom のプリセットで写真を簡単に編集し、クラウドの写真ストーレージ管理を使えば、どこにいても自分の作品にアクセスできます。

その他のおすすめ...

商業写真撮影のためにモデルを準備する制作アシスタント

商業写真を始める

商業写真について学び、クライアントとの仕事や撮影に取り組むためのコツを学びます。

自撮り写真を撮りながらガムを膨らますモデル

セルフポートレート撮影で創造力を高める

自撮りのテクニックと写真撮影のコツを学んで、今の自分、未来の自分を探りましょう。

屋外パーティーイベントの空撮写真

イベント写真で特別な日を記録する

プロのイベントカメラマンから、一瞬のベストショットを撮影するためのコツを学びます。

窓の外を見ている子供をおんぶした父親

自然体の写真を撮る基本テクニック

プロからアドバイスとコツを得て、自然体の写真を撮る方法を学びましょう。 

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 ... /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)