自撮り写真で

クリエイティブになろう

この自撮りのアイデアと写真撮影のコツを活用して今の自分、未来の自分を見つけましょう。 

自撮り写真を撮りながらガムを膨らますモデル

昔からあるセルフポートレート

セルフポートレートを撮ることによって、撮影のスキルを磨き、新しいアイデアを見つけていきます。「セルフポートレートは創造力を高めるための良い方法なので試してみると良いでしょう」と写真家のブレーク・シルビアさんは言います。私たち人間は自分達の姿、形に興味を抱いてきました。たとえば、古代エジプト人は自分達が働く姿を絵にしたり彫刻にしたりしました。アジアとヨーロッパの画家は、1300年代も前から自画像を描いていますし、セルフポートレート写真に至っては、カメラと同じくらい長い歴史があります。

 

自分をモデルにする

創造性豊かなセルフポートレートを作成して自分の撮影スタイルを開発し、さまざまなセルフポートレートを保存しておきます。セルフポートレートでは誰の助けもいらないので、好きなだけ時間をかけて自分なりの考え方を確立し、それを実践していきます。

 

カメラの前で自らをリラックスさせる方法がわかれば、より良いセルフポートレートを作成できます。セルフポートレート はとても個人的な写真です。そのため、自分自身をリラックスさせ、ベストアングルを決めるために自分自身に話しかけます。それが他の人の撮影時にポーズを指示するのに役立ちます」と写真家のセーラ・マーセラさんは言います。

 

セルフポートレート写真のアイデアを見つける

自分がモデルになることが唯一の選択肢である場合、思い通りに撮影することができます。セルフポートレートから身につけた創造性豊かな撮影のスキルを他の撮影にも応用しましょう。インスピレーションはどこからでも湧いてきます。自由にそれを追ってみます。「完璧でなくてもいいんです。誰にも感動を与える必要はありません。自分自身のためにやっているんですから」とマーセラさんは言います。 

化粧をしている人の芸術的な自撮り写真
水の入った複数のグラスの後ろ側からポーズを撮る人

衣服とメークアップ

着ている服を変え、メークアップをするだけで、全く違う自分に変えることができます。アーティストの シンディ・シャーマンの作品を見ると、このことがわかります。彼女はセルフポートレート写真を撮るとき、しっかりとメークアップをして身なりを整え、普段とは全く異なる人物になって変えています。物語の登場人物や歴史上の人物になってみましょう。衣服を色々揃える必要はありません。クローゼットにある服を使って何ができるか創造力を働かせます。マーセラさんは、エリザベス女王の肖像画を再現するために、虹色のベルボトムパンツを背中に巻きつけ、その脚の部分を袖にしました。

 

小道具

衣服と同様に、適切な小道具があれば魅力的な写真が撮れます。男性では顔の表情は同じでも花を持っている場合と、ホッチキスを持っている場合とではまるで別人のように見えます。とは言っても、どちらも興味深い写真になります。「部屋の中にある何か物を見つけ、それと一緒に撮影するなど、色々趣向を変えて撮影するのです。その物を写真のテーマにします」とシルビアさんは言います。

 

フィルター

グラスに水を入れ、その後ろにカメラをセットすると光が屈折し、映っている自分の姿が歪められます。セロファン紙やワセリンを使って、画像の端をぼかしたり、カラージェルで全体に色をつけたりすることも試してみます。一定の角度から窓を通して撮影すると、2重露出効果を出すことができます。カメラが自分の実際の姿と、窓に映った自分の姿を写せるようにカメラを配置します。虹の効果を出すには、プリズムを光源と自分の顔の間に置きます。

犬とじゃれながら自撮りをする男性
芸術的な白黒自撮り写真

ペット

ペットの撮影は難しいかもしれません。しかし、写真にペットがたくさん写っていても文句を言う人は誰もいないでしょう。犬、猫、鳥を飼っている場合、ペットが動き出してしまわないうちに、創造力を働かせて撮影を行います。ペットが魚の場合は時間をかけても大丈夫です。

 

ライト

計画的に当てた照明でセルフポートレートにミステリアスな雰囲気とフィーリングを表現してみます。ライト、ランプまたはロウソクを紐でつないでみます。どんな光源であっても、画像に何か特別な感じを与えてくれます。ブラインドやカーテンを使って、光と影の作用による効果を色々試してみます。ゴールデンアワーの時間帯で置外の自然の光を捉え、また太陽の暖かい色を取り入れます。

 

自撮りに日常生活のアイテムである鏡を使うと、アートしての雰囲気を出せることができます。鏡の前で、どのような新しい美を見つけ、どのようなストーリーを語ることができますか?鏡自体を使って創造力を働かせることもできます。割れた鏡か小さな鏡に、画像の一部のみが映るようにするなど、色々考えてみます。または、水たまりや池などにできる自然の鏡を使ってみるのも良いでしょう。

 

被写界深度

被写界深度が浅いと、自分の顔や物が焦点となり、周りの物はボヤけて写ります。この効果を出すにはレンズのf値を小さくする必要があります。この数値は、レンズの絞り、つまり開きの幅を表します。f値が小さいと絞りが大きくなり、被写界深度は浅くなります。後ろから光来ていたら、被写界深度を浅くしてソフトなボケた背景にすることができます。被写界深度で色々試してみると、構図や技術的なツールを理解できるようになります。

 

機材をうまく利用する

最近のデジタル1眼レフには、ほとんどの場合 Wi-Fiが付いているので、携帯電話やタブレットでシャッターを押すことができます。「私はシャッターを2秒遅らせて、その間に態勢を整えます。それを50回繰り返し、1回おきに顔の表情や体の位置を少し変えます」とマーセラさんは語ります。タイマー付きのカメラなら何でも結構ですし、携帯電話のカメラでも素敵な自撮りを写すことができます。(有名なロバート・マップルソープは、長年ポラロイドのインスタントカメラを使っていました。

 

三脚はカメラを目線に合わせて設置することができ、また自分とレンズの間の距離を取ることができるので便利な機材です。マニュアルで焦点を合わせる場合、別の三脚があれば、撮影をセットアップしている間、その三脚で他の物に焦点を合わせることができます。また、ハシゴや本棚などで間に合わせても良いでしょう。屋外であれば、適切な木の窪みや突き出た岩を探します。 

 

人目を引くセルフポートレートのためのコツ

セルフポートレートを成功させるには、忍耐を持って臨み、自分を受容することから始めます。他の写真家の作品や他のモデルと、自分とを比較することに時間を費やすのではなく、自分の写真を撮ることに十分時間をかけることに専念します。手助けがないと、カメラ設定、位置、表情を適切に整えるのに時間がかかります。

 

創造力が行き詰まったり、アイデアが出なくなったりしても気にしないようにします。行き詰まると、そこから抜け出そうと考える力がつきます。「創造力が全くない、と感じてもいいのです。しかし、諦めては駄目です。創造力が湧いてくるように努めましょう。しかし、あまり根詰めないでください」とマーセラさんは言います。

 

セルフポートレートの撮影中は、1人きりになりことが多いでしょう。自分がアートディレクター、写真家、モデル、メークアップアーティスト、コスチュームデザイナーの役割をしますが手助けは頼んでも良いです。

アイスクリームを食べる女性の自画像の横に重ねられた Adobe Photoshop Lightroom プリセットメニュー

写真編集のコツ

Adobe Photoshop Lightroomでセルフポートレートに仕上げのタッチを加えます。まず、Lightroom プリセットを使うか、または個別にハイライト、影のディテール、色相、彩度を調整してみます。写真を白黒にする、または色を強調してみたらどうなるのか検討してみます。スポット除去ツールを使えば、肌の荒れた部分や、余分な物を除去することができます。

 

自分の写真を大きく変えてみたい場合は、Adobe Photoshopで編集します。顔の表情はこの写真が良いが、体の位置は別の写真が良い、という場合はフェイススワップを使ってみます。ぼかし効果など、クリエイティブなタッチを加えても良いでしょう。また自分の写真を基に他の写真1枚または数枚を組み合わせて、合成写真を作ってみるのも良いでしょう。この手順を踏んだチュートリアルに基づいて、セルフポートレートコラージュなど遊び心を入れた写真も撮ってみましょう。

 

セルフポートレートに対して忍耐、探究心、熱意があれば、シンプルなアートとしてのセルフポートレートを楽しく創造性に満ちた撮影を体験することができます。

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ…

日本の都市の夜景 - 夜景撮影のコツ | Adobe

夜景写真を上手に撮る方法

美味しそうなアボガドとクリームチーズのオープンサンドの料理写真

料理写真の撮り方

料理の写真のコツをその道のプロから学びます。

landscape-photography

美しい風景写真の撮り方
景色を芸術的に撮るためのコツを学びます。

薄明りの中で咲く黄色い水仙の静物画像

静物写真の撮影テクニック

静物写真の撮り方を学んで、構図のテクニックを向上しましょう。

Photoshop Lightroomを入手

写真の閲覧から補正や加工、管理まで。スマホでもPCでも同期できる写真サービス。

7日間の無料体験の後は月額1,078 (税別)