美しい風景写真の撮りかた

記憶にとどめたい景色を写真に収めるにはどう撮ればいいのでしょうか。ここでは風景写真の撮りかたのコツを紹介します。 

秋の山へ向かう道を撮った風景写真

よい風景写真を撮影するには、静物写真と同様に構図を決める作業が大切です。違いがあるとすれば、被写体を動かすのではなく、自分が動くということだけです。希望通りの仕上がりを得るために、写真の各要素を配置する方法はたくさんあります。成功のカギは「撮影場所について時間を取って考えること」、そして「歩き回って撮影できるように準備をすること」です。

 

構図を考える

壮大な景色の前に立っているところを想像してみましょう。写真を撮ってみたものの、カメラのディスプレイには映った画像は、目の前の堂々たる眺めをまったく捉えることができていません。何がいけないのでしょうか。そうしたときはまず、構図を確認しましょう。風景写真はフレーミングが重要なのです。

熱帯地方の緑豊かな丘の中腹の風景画像
古い道の端にある灯台の風景写真

ドラマチックな風景のなかでよく仕事をしているというウェディングフォトグラファー Naba Zabihさんは、風景写真についてこのように説明します。「風景写真の構図は、図形の組み合わせゲームのようなものです。バランスを創作するのです。たとえば山が三角形なら、横にある円形の被写体とバランスをとることができるでしょう。風景がどれほど美しくても、それを数学的に見て分解できないなら意味がないのです」

 

ベテランの風景写真家であるJeff Carlsonさんは、次のようなアドバイスをしています。「風景そのものはほとんど変化しないので、ある意味ではかんたんなのです。木が山から逃げ出したりはしませんからね。ですから、フレーミングや構図に積極的に取り組むことができます。大きなかたち、強いラインに注意して、フォーカスしたい部分を選ぶとよいでしょう」。風景写真家の志望者に対して、Zabihさんはこうもアドバイスしています。「たとえ風景であっても、その中には焦点を当てるべき被写体があるものです。山を撮影する場合、そこに目が行くからといって、まだらな芝生に焦点を合わせないようにしましょう」

遠くの山脈を撮影した、暗い影のある風景

西Samuel NuteKilen Murphy

 

前景を取り込む方法はいろいろあります。Carlsonさんは次のように提案しています「前夜の雨で水たまりが残っているかもしれません。グッと身をかがめて水たまりに近づくと、山々がきれいに反射している様子を撮影できます。カメラを下げて地面に近づけたり、高く持ち上げたりすると、同じ景色でもさまざまな角度から風景を捉えることができます」

 

写真の奥行きと焦点の両方を強調するために、視線を誘導できるライン状のものは何でも利用しましょう。Nuteさんは、塀や並木、川などを使用して、写真の見せたいポイントに視線を引きつけるようにすすめています。周りを歩き回って、こうしたラインを見つけましょう。そして、いまよりも見晴らしのいい場所や、より低いアングルからの撮影によって、目の前に広がる景色をさらによく捉えることができるかを試してみましょう。このとき、3分の1の法則を活用すれば、フレームにバランス感を出すことができます。

水平線に向かって伸びる桟橋の美しい風景写真

変化する光を捉えに行く

風景写真を撮影しているとき、唯一動くものといえば光です。天気と太陽の角度が変化するなかで、撮影日の時間帯と撮りたいものをよく考えておきましょう。計画を立てるのに役立つ便利なアプリはいろいろありますが、一旦外に出たら、その場の環境が与えてくれるもので撮影できるようにする必要があります。

 

「いちばん大切なアドバイスであり、時としてもっとも難しいのは『風景写真を撮影するのにちょうどいい光があるとき、その場所に居合わせること』です。こう言うと当たり前のように聞こえますが、それはつまり朝の4時に起きて目的地まで車で行き、暗いなかで撮影準備をして、日の出を待つということです。日の出と夕焼けのときは、もっともドラマチックで印象深い光を撮影できるからです」(Carlsonさん)

 

Carlsonさんは次のように提案しています。「風景を撮影するときは、単に『ここに山がある』以上のものを求めているはずです。いいショットを撮影するために、天気や日光がどのように作用するかを探ります。早朝と夕暮れは“ゴールデンアワー”と呼ばれています。光が上からまっすぐではなく、斜めに差し込むからです。高いところにある雲は、下から照らされて、紫やオレンジ、赤い筋など、さまざまな美しい色を見せてくれます。実に心に響く風景写真ができあがります。日中でも完璧にすばらしい写真を撮影することはできますが、雄大な景色を撮影するときは、より壮大に見せたいものです」

陽が差し込む森の谷が遠くの山々につながる風景画像
風景写真のテクニックを使用した、離れた丘の上にいる被写体の撮影
高地の砂漠に昇る太陽の素晴らしい風景写真

レンズと場所に関するヒント

ポートランドを拠点とする写真家のDerek Boydさんは、風景写真に最適なレンズについてこのようにアドバイスしています。「ほとんどの写真家は、アマチュアなら35ミリまたは50ミリレンズから始めることをすすめますが、風景写真を撮りたいなら35ミリがよいでしょう。30ミリ以下の広角レンズなら、より広い範囲を撮影できるようになります」。

 

こうしたレンズを使用すると、パンフォーカスで大きな風景を捉えることができますが、近距離の撮影では歪んでしまうこともあります。「広角レンズを人に近づけると、魚眼レンズで撮影したように頭がとても大きく、背景全体がとても小さく見えます」(Boydさん)。Carlsonさんは、こうした制限があっても壮大な風景を撮影するには広角レンズが欲しくなるものだと言います。「18ミリや12ミリ、あるいは8ミリのレンズから始めるなら、フレームの中にさらにたくさん収められるでしょう」


山脈を背負った海岸沿いの村の風景写真

風景写真を撮るときは、少し多めに機材を持っていきたいものです。Carlsonさんがすすめるように、三脚があればいろいろなシャッタースピードを試す、長時間露光してみる、絞りをさらに絞ってみるといった試行錯誤ができます。「何キロも離れた山々に焦点を合わせて、はっきりした鮮明な写真を撮りたいなら、カメラを固定するものが必要になります」。必要に応じて追加のレンズを準備し、露出時間を長くしたいなら三脚を、悪天候に備えて自分とカメラを保護する装備(カメラバッグ等)も用意しましょう。

 

最後に、目的地と撮影を始める場所を検討します。Nuteさんは、人里離れた場所を見つけて撮影するよう提案しています。そうした場所を見つけるにはどうすればよいでしょうか。Nuteさんは、ハイキングするとき、いつでもカメラを持っていくそうです。「世界中には、みんなが訪れる、客観的に見てすばらしい景勝地というものが確かにあります。そうした人気のある場所でも、独自の視点を見つけてみましょう。そこに自分なりのひねりを加えることができるかもしれません。自分だけのスタイルを見つけましょう。私もほかの人がまだ発見していない、ユニークな撮りかたを試してみたいものです」(Nuteさん)

 

世界は広大です。カメラを持ち、常に周りに注意して行動すれば、魅力的な場所ですばらしい風景写真を撮る機会にめぐり合うことができるでしょう。

その他のおすすめ

ステージで演技するバレエダンサー、シャッタースピード写真撮影 | Adobe

絞りとシャッタースピードを理解する

ブレのないきれいな写真や動きの多い被写体を撮影できるよう、シャッタースピードを調整する方法を説明します。

水辺の犬、焦点距離のヒント | Adobe

焦点距離について学ぶ

個々の写真に最適な焦点距離の選び方を紹介します。

夜の日本の街、夜景のヒント | アドビ

夜景写真を上手に撮る方法
ここで紹介する夜間撮影のコツを実践すれば、撮影場所が暗くても写真の品質が下がることはありません。

喫茶店でコーヒーが抽出されている。浅い被写界深度のヒント | Adobe

被写界深度とは
被写界深度を浅くすると、どのように写真に奥行きが加わるかを説明します。

今すぐLightroomをお試しください。

Lightroom

Lightroomプラン(1TB)
新しいLightroomが、1TBストレージ付で
月額980 (税別)
購入する › 

フォトプラン(20GB)
Lightroom、Lightroom Classic、PhotoshopiPad版す。
月額980 (税別)

|

フォトプラン(20GB)
Lightroom、Lightroom Classic、PhotoshopiPad版す。
月額980 (税別)

学生・教職員向け
Creative Cloudすべてアプリ使最大65%OFF
月額1,980 (税別)

|

学生・教職員向け
Creative Cloudすべてアプリ使える最大65%OFF
月額1,980 (税別)

コンプリートプラン
Photoshop& iPad版すべて
月額5,680 (税別)

|

コンプリートプラン
Photoshop& iPad版含むアプリ
月額5,680 (税別)