自然写真を撮るポイント

野生の生物の写真から花のマクロ写真まで、自然をテーマにした写真には幅広いスタイルがあり、同時にさまざまな撮影手法があります。写し出されるものこそ違っても、そこには多くの共通点があります。

川に駆け込むヌーを捉えた力強い自然写真

自然写真入門

自然の撮影には幅広い表現方法があり、感動的なストーリーを生み出す可能性を秘めている一方、この分野特有の課題も存在します。シャッタースピードを試しながら動いている動物を捉えるにしても、被写界深度を変えて花の接写をするにしても、すばらしい大自然の写真を撮るには、クリエイティビティと根気が求められます。

熱帯の砂浜を捉えた見事な空撮風景写真

屋外写真を魅力的に撮る方法

屋外で写真を撮影するときに覚えておきたいことがいくつかあります。悪天候、絶え間なく移り変わる光、気まぐれな野生生物……さまざまな要因で自然を撮影した写真に同じものはありません。動物や野生生物の写真で広く知られる写真家 Carli Davidsonさんは次のように語っています。「スタジオ写真家にとって、自然のなかで撮影することは悪夢のようなものでしょう。撮影環境をまったくコントロールできないからです」。スタジオ撮影ばかりしている人にとっては、屋外で撮影することは、物理的にも創造力の面でも、新しいチャレンジと言えるでしょう。


事前計画のコツ

ハイキングシューズを履いて出かける前に、撮影の事前調査をして、しっかり計画を立てましょう。このときはまず時間ごとの太陽光の量を調べるようにします。自然の写真を撮るのに最適なのは朝と夕方の太陽光です。この時間の光はやわらかく、昼間のようにくっきりとした影が出ないからです。アラームは午前8時ではなく午前5時に設定しましょう。

計画を立てて、必要な機材の準備を行ないます。自然の力に翻弄され、準備不足で撮影がうまくいかなかったという事態は避けたいものです。

「外気温が65度であろうと-12度であろうと、一日中そこにいることになるのですから」(Davidsonさん)。適切な衣服、機材、道具を揃えるのは大切なことです。機材を保護するために、防水対策は必ず行なってください。晴天の場合は帽子を利用してカメラに日陰を作り、ディスプレイを見て露出を確認していきます。

「特別な機材はほとんど必要ありません。自然撮影で最も大切なのは、自然のなかに身を置くことなのです」と写真家 Jeff Carlsonさんは話します。動きやすさを考えると荷物はできるだけ少ないほうがいいでしょう。しかし、予備のバッテリー、メモリカード、焦点距離の範囲が広いズームレンズはかならず持っていきましょう。Carlsonさんは、18~55ミリレンズのデジタル一眼レフカメラから始めることをすすめています。これだけの範囲があれば、離れた場所からでもごく身近なものまで、十分にディテールを捉えることができるからです。

巨大な砂丘の上を歩くひとを捉えた、雄大な自然写真
雪に覆われた静かな山麓を捉えた、平穏な自然写真

屋外撮影時の露出設定

屋外撮影で特に課題となるのが露出です。自然のなかで撮影をしていると、頭上に雲が流れたことで光の量が減り、写真が露出アンダーになったということが起こり得るのです。撮影中は定期的に露出を確認して、どの写真も屋内で確認するまでは削除しないでおきます。Davidsonさんは、屋外撮影のときは気が散りやすく、また興奮しやすいと話します。一日中撮影したあと、写真がすべて露出オーバーや露出アンダーだったときほどがっかりすることはありません。

 

環境に対する理解

屋外撮影でもうひとつ大切な要素は、環境に配慮し、撮影する周囲の状況をよく理解することです。これは自宅の庭でも、リュックサックを背負って遠くまで出かけたときにも言えることです。許可が必要な場合には必ず申請し、歩道上にとどまり、撮影を開始する前の状態を保ちましょう。過度な利用で環境を損なってはいけません。たとえばアルプスの花畑をハイキングするとき、決められた歩道を通らなければならないのは、花がほんの10センチ成長するのにも、何十年という長い月日がかかるからです。

湖に佇むムースを捉えた、絶妙な自然写真

動物と野生生物の撮影入門

動いている野生生物や動物を捉えるとなると、さらなる準備が必要です。動物の動きはかなり速く、こちらが少しでも遅れるとシャッターチャンスを逃してしまいます。こうした状況には、シャッタースピードを速くすることで対応します。シャッタースピードが十分に速ければ、思いがけないカメラのブレを防いで、被写体をすばやくとらえることができます。

動物を見つけて跡をたどるのは難しいことです。まだこちらが発見しないうちに、動物はもうこちらを見ています。偶然いい写真が撮れることもあれば、ときにはめずらしい動物にすぐに出くわすこともあります。もうヘラジカには出会えないと決めてかかった瞬間、数メートル先の木陰から一頭飛び出してくるなんてこともあるかもしれません。とにかく根気が必要なのです。

鳥はどこにでもいるすばらしい被写体ですが、Carlsonさんは次のように述べています。「ハチドリ用の餌台を撮る場合でもない限り、近くまで鳥が来てくれることはほとんどありません。標準レンズでは写真のなかの鳥は小さくなってしまいますが、カメラやレンズの性能が高ければ、ズームインしてもよい写真が撮れるでしょう」。

自分の機材の限界を知ることはとても大切です。どのレンズを選んでどう撮影するかは、写真を芸術的に仕上げるためにも考える必要があるからです。

持ち運ぶ機材は多くなりますが、ズームレンズを使うことができると、野生生物の写真はもっとよくなるでしょう。

羽ばたくブルーバードを捉えた、驚嘆の自然写真

動物はいつでも喜んで被写体になってくれるわけではありません。よくしつけられたペットだとしても同様です。そのため、後で修正することを念頭に置いて、計画的に撮影に臨みましょう。そのまま使える、おもしろい写真が撮れることもありますが、あとから編集をすることで、平凡な写真をすばらしい画像に変えることができます。

 

植物と花の撮影の基本を学ぶ

植物は被写体として完璧です。教師であり風景写真家でもある Ben Longさんは次のように語っています。「やっかいなのは被写界深度です。花に近づくと被写界深度が浅くなりピントを合わせたいディテールの全体を捉えることができません」。三脚を使えば、絞りを絞って被写界深度を深くしやすくなります。植物の撮影は比較的コントロールしやすいと言えますが、対処しなければならない点もあります。たとえば、露出時間が長いときは、風でぶれないようにする必要がります。風があるときは被写体の花に覆いをしてみましょう。

Davidsonさんは、絞り優先(露出優先)モードを使って、被写体深度をコントロールしやすくすることをすすめています。植物は好感度が高い被写体ですが、ごくありふれた被写体でもあります。そのまま写しただけでは魅力的な作品に仕上がらないかもしれません。しかし、そこで怖気づくよりも、Davidsonさんの言うように「だからこそ新しいことを試して遊ぶこと」が大事なのです。創造性を発揮して、写真をおもしろくするユニークな方法を見つけましょう。

 

風景写真で異なる視点を見つける

風景の撮影には独特のノウハウが求められますが最高の写真を撮るために必要なことについて、風景写真家のSamuel Nuteさんは次のように語っています。「根気よく条件が揃うまで待ち、人気の風景でもひと味違うスタイルを試してみることです」。風景写真で最も課題となるのは、自分の考えとスタイルを見つけることなのです。

霧の幽谷を上空から捉えた、穏やかな自然写真
地平線に浮かぶ白雲に伸びる緑の丘を捉えた、美しい自然写真
雪山に昇る朝日を捉えた、眩しいばかりの自然写真

スタイルを身につけるうえで覚えておくべきことがあるとすれば、それは光です。夜明けと黄昏どきはゴールデンアワーとも呼ばれ、すばらしい風景に最適な光が注がれます。これは美しい空の写真が撮れる時間でもあります。

「太陽が沈んでからのほうがきれいな夕焼けになることもあります。雲の状態によって、空全体に色があふれるのです。それなのに日没前を狙って撮影に出かける人が多すぎるように思います」(Carlsonさん)

経験は最高の教師です。風景写真をもっと上手に撮りたいなら、とにかく外に出かけて撮影を始めましょう。

ふさわしい機材を持っていくことも肝心です。風景写真を撮るには広角レンズがあると理想的です。広角レンズは望遠レンズよりも景色全体にピントを合わせやすくなっています。どのような種類の風景写真を撮るにしても、それに合った機材がよい結果を生みます。どのレンズを持っていくかを事前によく考えましょう。

自然はコントロールできないという事実を受け止め、内なる冒険心を呼び覚ましましょう。事前によく計画を立てて、露出の確認を忘れなければ、きっとすばらしい自然写真が撮れることでしょう。

その他のおすすめ

風景写真

美しい風景写真の撮り方
景色を芸術的に撮影するための風景写真の技術を学びます。

天文写真、夜空とそれ以上のものを写す技術

天文写真で星を撮るコツ

夜空の目を見張るような画像を撮影する方法の一部始終をご紹介します。

ステージで演技するバレエダンサー、シャッタースピード写真撮影 | Adobe

絞りとシャッタースピードを理解する

ブレのないきれいな写真や動きの多い被写体を撮影できるよう、シャッタースピードを調整する方法を説明します。

マクロ撮影で捉えたうろつく火蟻

マクロ撮影で小さなものを大きく捉える

小さな被写体を実物より大きく撮ってみましょう。新しい世界の扉を開くマクロ撮影のヒントを紹介します。

今すぐLightroomをお試しください。

Lightroom

Lightroomプラン(1TB)
新しいLightroomが、1TBストレージ付で
月額980 (税別)
購入する › 

フォトプラン(20GB)
Lightroom、Lightroom Classic、PhotoshopiPad版す。
月額980 (税別)

|

フォトプラン(20GB)
Lightroom、Lightroom Classic、PhotoshopiPad版す。
月額980 (税別)

学生・教職員向け
Creative Cloudすべてアプリ使最大65%OFF
月額1,980 (税別)

|

学生・教職員向け
Creative Cloudすべてアプリ使える最大65%OFF
月額1,980 (税別)

コンプリートプラン
Photoshop& iPad版すべて
月額5,680 (税別)

|

コンプリートプラン
Photoshop& iPad版含むアプリ
月額5,680 (税別)