自然写真を撮るポイント

野生の生物の写真から花のマクロ写真まで、自然をテーマにした写真には幅広いスタイルがあり、同時にさまざまな撮影手法があります。写し出されるものこそ違っても、そこには多くの共通点があります。

川に駆け込むヌーを捉えた力強い自然写真

自然写真入門

自然の撮影には幅広い表現方法があり、感動的なストーリーを生み出す可能性を秘めている一方、この分野特有の課題も存在します。シャッタースピードを試しながら動いている動物を捉えるにしても、被写界深度を変えて花の接写をするにしても、すばらしい大自然の写真を撮るには、クリエイティビティと根気が求められます。

熱帯の砂浜を捉えた見事な空撮風景写真

屋外写真を魅力的に撮る方法

Carli Davidson


事前計画のコツ

調調85

 

6512DavidsonJeff Carlson

 

Carlson1855

巨大な砂丘の上を歩くひとを捉えた、雄大な自然写真
雪に覆われた静かな山麓を捉えた、平穏な自然写真

屋外撮影時の露出設定

屋外撮影で特に課題となるのが露出です。自然のなかで撮影をしていると、頭上に雲が流れたことで光の量が減り、写真が露出アンダーになったということが起こり得るのです。撮影中は定期的に露出を確認して、どの写真も屋内で確認するまでは削除しないでおきます。Davidsonさんは、屋外撮影のときは気が散りやすく、また興奮しやすいと話します。一日中撮影したあと、写真がすべて露出オーバーや露出アンダーだったときほどがっかりすることはありません。

 

環境に対する理解

屋外撮影でもうひとつ大切な要素は、環境に配慮し、撮影する周囲の状況をよく理解することです。これは自宅の庭でも、リュックサックを背負って遠くまで出かけたときにも言えることです。許可が必要な場合には必ず申請し、歩道上にとどまり、撮影を開始する前の状態を保ちましょう。過度な利用で環境を損なってはいけません。たとえばアルプスの花畑をハイキングするとき、決められた歩道を通らなければならないのは、花がほんの10センチ成長するのにも、何十年という長い月日がかかるからです。

湖に佇むムースを捉えた、絶妙な自然写真

動物と野生生物の撮影入門

 

鳥はどこにでもいるすばらしい被写体ですが、Carlsonさんは次のように述べています。「ハチドリ用の餌台を撮る場合でもない限り、近くまで鳥が来てくれることはほとんどありません。標準レンズでは写真のなかの鳥は小さくなってしまいますが、カメラやレンズの性能が高ければ、ズームインしてもよい写真が撮れるでしょう」。自分の機材の限界を知ることはとても大切です。どのレンズを選んでどう撮影するかは、写真を芸術的に仕上げるためにも考える必要があるからです。持ち運ぶ機材は多くなりますが、ズームレンズを使うことができると、野生生物の写真はもっとよくなるでしょう。

羽ばたくブルーバードを捉えた、驚嘆の自然写真

動物はいつでも喜んで被写体になってくれるわけではありません。よくしつけられたペットだとしても同様です。そのため、後で修正することを念頭に置いて、計画的に撮影に臨みましょう。そのまま使える、おもしろい写真が撮れることもありますが、あとから編集をすることで、平凡な写真をすばらしい画像に変えることができます。

 

 

植物と花の撮影の基本を学ぶ

Ben Long使

 

Davidsonさんは、絞り優先(露出優先)モードを使って、被写体深度をコントロールしやすくすることをすすめています。植物は好感度が高い被写体ですが、ごくありふれた被写体でもあります。そのまま写しただけでは魅力的な作品に仕上がらないかもしれません。しかし、そこで怖気づくよりも、Davidsonさんの言うように「だからこそ新しいことを試して遊ぶこと」が大事なのです。創造性を発揮して、写真をおもしろくするユニークな方法を見つけましょう。

 

 

風景写真で異なる視点を見つける

Samuel Nute

霧の幽谷を上空から捉えた、穏やかな自然写真
地平線に浮かぶ白雲に伸びる緑の丘を捉えた、美しい自然写真
雪山に昇る朝日を捉えた、眩しいばかりの自然写真

スタイルを身につけるうえで覚えておくべきことがあるとすれば、それは光です。夜明けと黄昏どきはゴールデンアワーとも呼ばれ、すばらしい風景に最適な光が注がれます。これは美しい空の写真が撮れる時間でもあります。

「太陽が沈んでからのほうがきれいな夕焼けになることもあります。雲の状態によって、空全体に色があふれるのです。それなのに日没前を狙って撮影に出かける人が多すぎるように思います」(Carlsonさん)

経験は最高の教師です。風景写真をもっと上手に撮りたいなら、とにかく外に出かけて撮影を始めましょう。ふさわしい機材を持っていくことも肝心です。風景写真を撮るには広角レンズがあると理想的です。広角レンズは望遠レンズよりも景色全体にピントを合わせやすくなっています。どのような種類の風景写真を撮るにしても、それに合った機材がよい結果を生みます。どのレンズを持っていくかを事前によく考えましょう。

 

自然はコントロールできないという事実を受け止め、内なる冒険心を呼び覚ましましょう。事前によく計画を立てて、露出の確認を忘れなければ、きっとすばらしい自然写真が撮れることでしょう。

その他のおすすめ

landscape-photography

美しい風景写真の撮り方
景色を芸術的に撮るための風景写真のコツを学びます。

天文写真、夜空とそれ以上のものを写す技術

天文写真で星を撮るコツ

夜空の目を見張るような画像を撮影する方法の一部始終をご紹介します。

ステージで演技するバレエダンサー、シャッタースピード写真撮影 | Adobe

絞りとシャッタースピードを理解する

ブレのないきれいな写真や動きの多い被写体を撮影できるよう、シャッタースピードを調整する方法を説明します。

マクロ写真で捕らえたアカカミ蟻

小さなものに目を向け大きなインパクトを生むマクロ写真

小さな被写体を実物より大きく撮ってみましょう。新しい世界の扉を開くマクロ撮影のヒントを紹介します。

今すぐLightroomをお試しください。

Lightroom

Lightroomプラン(1TB)
新しいLightroomが、1TBストレージ付で
月額980 (税別)
購入する › 

フォトプラン(20GB)
Lightroom、Lightroom Classic、PhotoshopiPad版す。
月額980 (税別)

|

フォトプラン(20GB)
Lightroom、Lightroom Classic、PhotoshopiPad版す。
月額980 (税別)

学生・教職員向け

1,980 /月(税別)

Creative Cloudすべてアプリ使最大65%OFF  詳細を見る


コンプリートプラン

5,680 /月(税別)

Photoshopデスクトップ&iPad版を含むすべてのクリエイティブアプリをご利用いただけます。  詳細を見る