素敵な家族写真の撮り方

素敵な家族写真を撮るには練習が必要です。前もって計画し、雰囲気を決め、写真をデジタル編集すれば、家族全員の素敵な写真を撮ることができます。

4人家族がカメラの前でポーズをとる写真

素敵な家族写真の撮り方

1人の被写体から素晴らしいポートレート写真を撮影するのは簡単なことではありません。それがグループだったら、特に子供がいる場合は、よく経験を積んだ写真家でさえも苦労をします。しかし、家族写真は家族間の特別な時間を捉え、家族全員の絆を強くする良い方法です。

 

「素敵な家族写真を撮るには、家族全員の素顔を、それぞれ特徴を掴んで撮影することが重要です」とバーンさんは言います。家族写真はクリスマスカードや額に入れて居間に飾って楽しめます。自然に振舞っている人々の表情を捉えた写真はとても素敵です。

 

楽しい家族写真を撮影するための計画

良い写真撮影は良い計画から始まります。家族にどんな写真を撮りたいか訊ね、ロケーションとライティングを前もって考えます。そしてカラーも選んでおけば、写真撮影は成功したのも同然です。

 

家族写真のアイデアを出し合う

ポートレートや顔写真を写す時のように、家族の希望を訊ねます。家族はしっかりと設定された写真を求めていますか、それとも自然なショットですか?子供は何人で、何歳ですか?家族は外で撮影したいですか、それとも子供が落ち着けるように自宅で撮りたいですか?

新生児を見つめる家族の写真

こうした質問に対する家族の答えは、写真撮影の計画を立ててアートの視点から判断する時に影響を与えます。さらに、こうした情報を前もって入手しておけば、家族全員がどのように写真を撮られるのか理解でき、満足する写真を撮ることができます。

 

ロケーションを選ぶ

屋外で家族写真を撮影したい場合は、どこか近くで、眺めの良い場所を選びます。国立公園、公立公園、ゴルフコースなど最適な屋外写真を撮る場所は、周りにたくさんあります。場所を選ぶとき季節も考慮に入れます。秋の場合は、鮮やかな色の紅葉がある場所を選び、綺麗な秋の家族写真を撮ります。春に写真を撮る場合は、自然の花がたくさん咲いている場所を探します。しかし、写されている人の希望を考えて、場所を選ぶようにします。

 

「場所を探すときは、必ず子供の年齢を考慮します。私はニューメキシコに住んでいます。ということはサボテンがあるんです。写真の依頼人に小さな子供がいる場合、砂漠で撮影することは勧めません。子供に怪我させたくないですから」と写真家のジャクリーン・ベガさんは語ります。撮影を始める前に、誰もが場所に満足し、喜んでもらえるようにします。

 

他の家で撮影する場合は、その家の中の様子を撮影前に知っておきます。撮影する位置や自分が一番使いそうなアングルを計画し、その他に家の中のどんな物を写真に入れるか家の人と相談します。 

3人家族がソファーに座りポーズをとる写真
3人家族が外でカメラにポーズをとる写真

光を考える

撮影場所は、ライティングの選択に大変重要です。屋外の場合、1日のうちのいつ撮影するかが重要です。最高の写真が撮れるよう、日中の明るい太陽の下での撮影は避け、ゴールデンアワーに撮影することに注意します。室内の場合は照明器具と、光を反射させる反射板を持っていきます。被写体が暗くなっていないように十分なメインライトを確保し、求める効果を得るための機材を確実に揃えます。

 

カラーパレットを選択する

被写体全員が同じ服を着るのは楽しいアイデアかもしれませんが、大きな家族の場合は難しいでしょう。「みんな同じ色の服を着なければいけない、と思っている人もいます。それでは全員がブレンドされてしまうように、私は感じます。その代わり、服の色について話し合い、服のアイデアを出したらいいと思います」とベガさんは言います。全員が明るい色の服を着て、色がぶつかり合うのも、また、みんなが同じ青を着て混ざり合ってしまうのもよくありません。カラーパレットを選ぶのに助けが必要な場合は、Behance のリソースアイデアを見つけ、撮影の依頼人にどんな色を好むのか尋ねます。

4人家族が外でカメラの前でポーズをとる写真

素敵な家族写真を撮るためのアドバイス

撮影のための雰囲気を整える

家族写真の場合、ワンパクな子供や恥ずかしがり屋の子供などがいます。「自分がリラックスすることが大切です。子供はこちらの状態に、反応してきます。私はよく、撮影前に両親や子供と話をして、みんながリラックスできるようにします」とバーンさんは言います。自分がリラックスして落ち着いた状態でアプローチすれば、みんなが落ち着きます。

 

時には子供に任せます

素晴らしい家族写真を撮る上で一番難しいのは、全員の自然な笑みを得ることです。家族の人達には楽しんでもらいたいですね。それが写真に現れます。「私はよく、子供にしたいようにさせます。そうすると、求めている自然体の写真が撮れるからです。子供がハッピーでないと、いい写真は撮れません。家族写真を撮る時に私が一番好きなのは、子供が自分らしくしている時なんです」とバーンさんは言います。

4人の子供がビーチでポーズをとる写真

ポーズをとった写真から始める

どの撮影も違いますが、ほとんどの家族はポーズをとって撮影した写真と、自然体の写真の両方を欲しいと思っています。「私は最初にポーズをとった写真を撮ります。子供がすぐ疲れてしまうからです」とベガさんは説明します。ポーズをとった写真の場合、何枚かは全員がカメラを向いている写真になります。何枚か家族写真を想像しておくと、被写体の人々に指示を出すのが簡単になるし、確実にみんなをリラックスして自然な表情にすることができます。

 

子供を取り込んだアイデアも、いくつか考えておきます

子供はすぐに退屈して、他のことに気を取られてしまいます。子供と遊べるゲームやおもちゃを用意しておきます。親に子供を高く抱き上げてもらう、または小さな子供が遊べるようにシャボン玉などを用意しておきます。退屈な写真撮影を、何か特別なイベントにようにすると良いでしょう。

2人の子供が玩具をみつめている写真

カメラのメモリーカードを余分に持っていく

素敵な家族写真を撮るにはデジタルツールは欠かせません。家族全員が走り回って楽しんでいる時は、自然な写真がたくさん撮れます。そのためにも、予備のカメラのメモリーカードを持っていく必要があります。メモリーのスペースが無くならないよう注意します。また編集し始めるまで、どれが良い写真かわからないので十分なメモリーが必要です。

 

望む画像を得られるように写真を編集する

カメラで的確に写真に撮影することは、ほとんど不可能に近い話です。特に、モデルが何人もいるような場合はそうです。しかし、Adobe Photoshop Lightroomのようなツールがあれば、平凡な写真を何かとても素敵な物に変えることができます。一定の色にハイライトを加える、背景をぼかす、露出を数回クリックするなど調整をしていきます。処理後の心配をすることなく、撮影に集中できます。

 

良い家族写真を撮るのは練習が必要ですが、適切なツールを準備して準備を整え、家族の皆さんをリラックスさせてあげれば、きっと素晴らしい家族の瞬間を捉えることができるでしょうこのようなツールを手元おいて、家族写真の世界を広げていきましょう。

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ…

黒を背景に撮影したそばかすのある女性のポートレート写真

きれいなポートレート写真と撮る

プロからコツを学び、アドバイスに従ってポートレート写真を上手に撮りましょう。

寿司を食べている男性のアニメーション

ロトスコープで現実をアニメ化

100年も前からあるこのテクニックの現代バージョンを学び、自分だけのアニメーションを作ってみましょう。

窓の外を見ている子供をおんぶした父親

自然体の写真を撮る基礎テクニックを学ぶ

プロからアドバイスとコツを得て、ありのままの姿を撮るための基礎を学びましょう。 

テーブルの上のぶどう、カットしたオレンジ、グラスに入った水

写真の構図を基本

 

Photoshop Lightroomを入手

写真の閲覧から補正や加工、管理まで。スマホでもPCでも同期できる写真サービス。

7日間の無料体験の後は月額1,078 (税別)