スマホで写真を撮るコツを学ぶ

いつも使っているスマートフォンで、日常の瞬間を捉え、スタジオ撮影並みの写真を撮ってみましょう。プロの写真家のアドバイスで、スマホ写真のスキルアップをします。

スマホで砂漠の写真を撮る人

スマートにスマホ写真を撮る

最高のカメラとは、自分が常日頃使っているカメラです。ほとんどの場合、それはスマートフォン付属のカメラではないでしょうか。スマートフォンは手軽で使いやすく、デジタル一眼レフ と同等の品質の写真が撮れます。プロ、一般を問わずスマホ写真を楽しむ人が多いのもうなずけます。

 

しかし、スマートフォンが写真を撮るのに、簡単で手軽な方法であっても、素敵な写真が自動的に撮れるというわけではありません。どのようなカメラを使っていても、良い写真を撮るのに必要なのは機材ではなく、写真家本人の腕です。プロのアドバイスとコツで、スマートフォンのカメラを最大限に活用する方法を学びます。

 

スマートフォンとデジタル一眼レフの違い

スマートフォンのメーカーが、そのカメラの質を日々向上させている中、デジタル一眼レフ(ミラーレスデジタルカメラを含む)とスマートフォンの質の差は縮まる一方です。しかし、洗練されたスマートフォンでも、デジタル一眼レフの機能と性能にはかないません。デジタル一眼レフでは、より高い解像度、取り替え可能なレンズ、効果を高めるためにマニュアルで調整できる設定など、スマートフォンにはない機能があります。しかも 浅い被写界深度モーションブラー、ボケ効果などデジタル一眼レフにはスマートフォンより、進歩している部分があります。

 

ただし、スマートフォンのカメラは高機能でない、というわけではありません。コントロール性には欠けるかもしれませんが、その分、便利さとシンプルさがあります。しかもスマートフォンは、毎日写真を撮るのには最適なツールです。そして、それが写真家として上達するコツでもあります。

海岸でデジタル一眼レフカメラを見る写真家
スマホで水面の写真を撮る写真家

スマホ写真の利点

機材全部をポケットに

レンズや大きなカメラの本体、バッテリー、フラッシュなど色々な機材をバッグに詰めて、担いで歩くのは大変な作業です。このようにたくさんの機材を持ち歩くことで、それが撮影の助けになるどころか、逆に妨げになることさえあります。特に風景写真や旅行写真 といったジャンルの写真の場合は、身軽にするのが一番です。

 

「多分デジタル一眼レフより、 iPhone で写真を撮ることの方が多いと思います。何しろいつも持っていますから。他の物を購入したり、お金をかけたりしなくても、写真撮影ができます」と写真家のダン・トムさんは言います。スマートフォンは、コンパクトでそれほど高価でもなく、良い写真を撮るためのすべてが収まっています。

 

スマートフォンで目立たなくする

小さなスマートフォンの場合は、大きなカメラと異なり、人の注意を引きたくない時、目立たない存在でいられます。「例えばストリート写真を撮る場合、またはシーンの中に溶け込みたい場合、スマートフォンであれば簡単に自分を目立たなくできます」とトムさんは言います。

街を走る道路の夕暮れの眺め
写真2枚:ゴールデンゲートブリッジにかかる雲の写真と海岸に向かって打ち寄せる波の写真

撮影:ダン・トム

写真撮影に最適なスマートフォンを選ぶ

新しいスマートフォンを購入する場合、カメラのクオリティは重要な選択要素です。以下、選択する際の参考となる点をいくつか挙げてみます。

 

絞り

絞りは、光を取り入れるための、レンズの丸い開口部のことを言います。大きな絞り例えばf/1.8はより多くの光を取り込みます。これは、暗い場所での撮影の時に、カメラの性能がよく働くことを意味し、浅い被写界深度の画像を捉えることができます。大きな絞り(または低いfストップ)のスマートフォンを選ぶと、さまざまな用途に使うことができます。

 

カメラレンズを選ぶ

光学ズームはデジタルズームより良い撮影結果が得られますが、スマートフォンには望遠レンズを搭載する場所がないので、メーカーの多くは、複数の異なる焦点距離のレンズをスマートフォンに搭載しています。例えば、1つのスマートフォンに広角レンズと望遠レンズを搭載していることもあります。複数のレンズを搭載しているスマートフォンを選びましょう。写真のクオリティを落とすズームを使わずに、クローズアップや大きなシーンを写すことができます。

 

手ブレ補正

手ブレ補正は、カメラの揺れを防ぐのに役立ちます。特に光の少ない状況で、良い画像にするためにシャッタースピードを遅くし、より多くの光を集めたい時に便利です。スマートフォンのカメラにこの手ブレ補正の機能が付いているか確認し、あればその機能を有効に使いましょう。

 

メガピクセル

メガピクセルのみが、画質を表すわけではありませんが、スマートフォンのカメラを選ぶ時に、これは考慮すべき重要な要素です。高解像度のデジタル1眼レフの場合、46または60メガピクセル以上での撮影が可能です。それと比較して、スマートフォンの場合は20メガピクセル以下です。なるべく高いメガピクセルの機種を選ぶと、画像のディテールが明確になり、クロップの作業にも役立ちます。

 

スマートフォンで上質な写真を撮るコツ

基本を守る

スマートフォンでは、あまりコントロールできず不便だと思われるかもしれませんが、逆にそのような限界をうまく利用することもできます。「するべきことは、基本に忠実であることだけです。そうすることによって、構図についてよく考えるようになります。私はいつも、デジタル一眼レフであれば、35mm のプライムレンズを使うようにと勧めています。スマートフォンでも同じです」と写真家のアンドリュー・カーンズさんは言います。

 

限界があれば、逆に処理はより簡単になり、素晴らしい写真を撮るための基本に忠実になります。すなわち、構図、光、影、コントラスト、サイズ、感情、そしてストーリー性です。こうしたシンプルさをうまく利用します。

海岸線の画像に重ねられたカメラのグリッド

今あるツールを使う

カメラのグリッドラインをオンにして、構図作りに役立てます。このような視覚的なマーカーは、三分割法を使うときに便利です。HDR (high dynamic range [高ダイナミックレンジ])モードは、日の入りなど大変暗い部分と大変明るい部分があるシーンの撮影に使います。スマートフォンによっては、タイムラプスや浅い被写界深度のポートレート写真も撮影できます。すでにある機能をうまく使って、どのような写真が撮影できるのか挑戦してみましょう。そうすると、自分のカメラをより多く知ることができ、より早く創造力を高めることができます。

 

RAW 形式で撮影する

最も良い質で写真を撮るには、非圧縮ファイルの形式で撮影します。この形式ですと、編集時にハイライトと影をよく復元できます。すべてのスマートフォンがRAW 形式をサポートしているわけではありませんが、Adobe Photoshop Lightroom のモバイルアプリを使えば、非圧縮で撮影し、スマートフォンまたはコンピュータで編集することができます。このチュートリアルを参考にその方法を学びます。

 

毎日、写真を撮る

「それが最も簡単で最良の練習方法です。撮れば撮るほど、上手になります」とトムさんは言います。スマートフォンは自分の手にあることが多いので、日常生活の中に写真撮影を取り込む良い方法です。自撮り写真でも、仕事に行く道すがら写真を撮っても、スマホ写真に間違った方法はありません。素晴らしい写真は日常生活から生まれます。ただ指をシャッターボタンに乗せて、その瞬間を捉えればいいだけです。

 

「実際、シェアしてもらえる写真より、シェアしてもらえない写真の方が多いです。でも、私はいつも練習して、新しいことを学んでいます。それがいつかは自分自身または、私の仕事に反映されていきます」とカーンズさんは言います。

Adobe Photoshop Lightroomモバイルアプリのさまざまな編集機能を表示する複数のスマホ

Adobeで外出先でも編集

スマートフォンのカメラを使う場合、デジタル一眼レフで必要なアップロード、ダウンロード、インポート、エクスポートといった作業をする必要がありません。実際、Lightroom のモバイル写真編集アプリを使えば、必要なすべての作業を1ヵ所で行うことができます。色や光の基本的な調整から、カーブ、修復ブラシ、遠近法を修正するジオメトリといった上級ツールまで、数回タップするだけで思い通りの外観の写真にすることができます。完成した写真をシェアする時は、アプリから直接SNSにエクスポートすることができます。

 

インスピレーションはどこも思いつきます。スマートフォンを持って散歩しながら周りの美しい光景を撮りましょう。自分が惹かれる物や、好みの写真のどこが気に入っているのかという点をよく考えます。練習を積み重ねれば、その作品を見た人は、「これをスマホで撮ったなんて信じられない」と言うことでしょう。

協力

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Photoshop Lightroom のプリセットを使って写真をかんたんに編集し、クラウドの写真ストレージ管理機能を使えば、どこにいても自分のプロジェクトにアクセスすることができます。

その他のおすすめ...

カメラのさまざまな ISO 設定

ISOの概要
露出の三大柱のひとつである ISO が写真で果たす役割を学びます。

テーブルの上にグレープ、カットしたオレンジ、グラスに入った水

写真の構図を基本

 

雪山の頂上にある雪をかぶった山小屋

写真をもっと良くするためにホワイトバランスの設定を調整

 

背後に星の軌跡が写った海の長時間露光写真

長時間露光の撮影方法

長時間露光写真で、遥かな星を光の尾を引いて流れる星に変える方法を学びます。

 

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)